キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

エンジニア

目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知識【WEBサイトを支える技術編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知識【WEBサイトを支える技術編】 文系大学生でもわかるIT・WEBの基本知識シリーズ第三弾!
IT・WEB業界に就職する学生が多い一方で、学生が意外と知らないIT・WEBの基本知識を、文系大学生でもわかりやすいようにお伝えします。

今回は、WEBサイトを支える技術について、学んでいきます。

WEBサイトを支える技術


1387520301-2B1mpuAsQ3
WEBサイトはどのように作られているのか、HTML、CSS、JavaScriptという三つの有名な"コンピュータ言語"から、勉強していきましょう。

コンピュータ言語とは


コンピュータ技術において用いられることばのこと。HTMLやJavascript、C言語など、一見してすべてプログラミング言語と思われがちですが、厳密にいうと異なります
1387523398-r9VkWMhfxQ

上記以外にも、多くのコンピュータ言語がありますが、HTML, CSS, JavaScriptを分けると、「ソフトウェアの動作を書くことば」と「情報を表現することば」の二種類に分かれます。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

情報を表現することば


・HTML(=Hyper Text Markup Language)



基本的には、WEB上に文字・文書(画像も含む)を表示させるためのことば。バージョンが更新されており、最新版はHTML5。

・CSS(=Cascading Style Sheets)



文章のフォント・色など、見栄えを表現するためのことば。現在、CSSはバージョンがレベル4まで公開されているものの、CSS3が使われている。

なお、こうした「文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに書くことば」をマークアップ言語といいます。

ソフトウェアの動作を書くことば


・JavaScript



サイト内の画像や時計など、動的な(変化のある)動作や、その制御を行えることば。
こちらの記事(外部リンク)でJavaScriptを使ったサイトがまとめられています。

まとめ


つまり、WEBサイトは、HTMLで文書や画像などのコンテンツを表現し、それらの色・サイズなどの装飾をCSSで決め、JavaScriptで変化のある動作・制御を表現されることで作られています。。

なお、プログラミング言語はもちろん、WEBサイトにもさまざまな形で作られており、これ以外にもWEBサイトを支える技術・作り方は存在します。

そうした多様な言語は、解説部分に埋め込んだ動画の元サイト「ドットインストール」を中心に簡単に勉強できます!
冬休みや年末年始を使って、是非勉強してみてください。

ドットインストール

[関連コラム]
プログラムを勉強したい人、興味のある人必見!無料で学べるプログラミング学習サイト!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

インターンシップとは?インターンの定義や基本事項など、これだけはおさえよう!
インターンについて

インターンシップとは?インターンの定義や基本事項など、これだけは...

【就活生必見!】隠れたおすすめの優良企業ベスト20
まとめ

【就活生必見!】隠れたおすすめの優良企業ベスト20

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNGワード
営業

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNG...

就活・インターンシップのお礼状の書き方【例文あり】
お礼状、メール

就活・インターンシップのお礼状の書き方【例文あり】

広告業界のインターン、一体どんなことをするの?
その他

広告業界のインターン、一体どんなことをするの?

デザイナーになりたい大学生へおくる、デザイン関連の資格まとめ
デザイナー

デザイナーになりたい大学生へおくる、デザイン関連の資格まとめ