キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

エンジニア

目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知識【基本編①】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知識【基本編①】 今や、どの業界においてもIT・WEBに関する知識・スキルが必要とされている時代。
ドットインストールなどをはじめ、プログラミングなどにも興味を持っている大学生も多いことかと思います。

しかし、その一方で、勉強を始めてみると横文字だらけでよくわからない用語の数々…。
特に文系の大学生はそうした難しいことばに心が折れてしまって挫折、ということもよく聞きます。

今回は、そんな文系の大学生にもわかりやすいようにIT・WEBの基礎的な知識を学んでいきます。

IT/WEBとはなにか


1386923238-8mcgcUETjn
IT業界やWEB業界など、耳にしたことはある一方、「なんとなくはわかるけど違いはよくわからない…」という人が大半だと思います。
実用的な知識ではありませんが、この後の説明をわかりやすくするために、言葉を定義していきましょう。

ITとはなにか


ITとは、「情報を得て、保存し、伝えていく技術」という意味のInformation Technologyを短縮したことば。
基本的に、情報を処理する「コンピューター」と、情報の橋渡し(通信)を担う「インターネット」を使った技術を表していましたが、現在では、その二つの領域で仕事をしている業界(企業のカテゴリーのこと)も含めた意味も表しています。

WEBとはなにか


一方で、WEBとは、「インターネットなどを通じて、誰もが情報を見ることができるように公開する仕組み」のこと。
意外と知られていませんが、HPアドレスなどの頭にある、www(World Wide Web)を省略した言葉です。
こちらもWEB業界と呼ばれることがありますが、これはインターネット関連の仕事をしている企業たちという意味になります。

つまり、ITは、「情報処理や通信などすべての技術 」であるのに対して、WEBは、「インターネット上の情報を見れるように公開する仕組み」という微妙なニュアンスの違いを持っています。

インターネットを支えるソフトウェアとハードウェア



ITとWEBを定義したところで、次はIT/WEBを支える「もの」について学んでいきましょう。
よく耳にしていると思いますが、「ソフトウェア」と「ハードウェア」がITを支えるものになっています。

ソフトウェア


ソフトウェアとは、「何らかの情報を処理する手続きをコンピュータに命令し、動かすもの」です。

レポートなどで使うWordや、プレゼンを作るのに使うPower Point(Macは、Keynote)などをはじめ、Android、iOSと言われるものもソフトになります。
プログラミングで作られるのは、こうしたソフトを動かす「コンピュータへの命令」の部分です。

ハードウェア


ハードウェアとは、*CPU**ハードディスク、キーボードなど「個々の部品」や、パソコン、スマートフォン、PS3、Wiiなどの、「それらが組み合わさった製品」になります。
ゲームで例えると、「3DSはハードで、マリオはソフト」といった具合です。

なお、ハードウェアだけでは動かないのでよく「箱」として捉えられ、それを動かすのがソフトウェアになります。

*CPU:
1387268830-QY4az7HvGs
コンピュータ内のプログラム(命令)を受け取って、情報を加工していくもの。コンピューターの情報処理の中心。なお、CPUは、Central Processing Unitの略語。

**ハードディスク:
1387269066-c8ruPaP3lv
情報を記録し読み書きを行う、補助記憶装置の一種。HDDとも呼ばれ、GB/TBなどで情報を保存できる容量が表示されている。

二種類のソフトウェアと動くまでの手順


ソフトウェアは大まかに二つの種類があり、実際に作動するまでには手順があります。

1386928844-G4M8ThW9tE

上の図は、にんげん(ユーザー)が、ソフトウェアを通じて、ハードウェアに命令し、情報の表示させるまでの流れを簡単に表したものです。


この過程を説明する前に、二種類のソフトウェアについて説明しなければなりません。

一つは、アプリケーションというもので、これはパソコンでいうところのPower PointやWord、Excelなどが挙がります。これは、「ユーザー(にんげん)がコンピューター上で作業したい機能を持っているソフト」になります。
「文字を打ちたい」「写真を撮りたい」「画像を加工したい」など、にんげんのしたいことに対して、直接動いてくれるソフトになります。

もう一つは、OSというもので、「ハードウェアとアプリケーションをつなぐソフト」。
Operation Systemsを略した言葉で、スマホでいうAndroid、iOSや、パソコンでいうWindows8などが当たります。これが異なることによって、同じアプリケーションでも操作性や情報の表示のスタイル(形式)などが異なります。


さて、では具体的にどのように動いていくのか、Wordを使っているにんげんを使って再現してみます。

①にんげんが、「あ」とWord(アプリケーション)に打ち込む。
②Wordを通して「あ」と表示できるよう、WordからOSに命令。
③OSが命令を受けて、パソコンなどの中にある無数のハードウェアに命令。
④ハードウェアが機能して、OSに「あ」を表示するように返信。
⑤返信を受けてOSが機能して、Wordに「あ」と表示するように返信。
⑥それを受けたWordが「あ」と表示する。

パソコンやスマホの文字の発現や、動作一つをとっても、このようにしてアプリ⇔OS⇔ハードウェアで動いているのです。

最後に



いかがでしたか?
次回は、12/20(金)に「WEBの基礎知識について」更新していきます。
WEBサイトの基本的な知識について、勉強していきます。

わからない部分などございましたら、下記Twitterの@careerbaito向けにリプライを!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

横浜・川崎など、神奈川県のベンチャーのインターンシップまとめ
まとめ

横浜・川崎など、神奈川県のベンチャーのインターンシップまとめ

目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知識【基本編②】
エンジニア

目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知...

【1・2年生必読】1・2年生から長期インターンをして、大学生活をより充実させよう!
インターンについて

【1・2年生必読】1・2年生から長期インターンをして、大学生活をより...

面接で、英語力PRはどこまで通用するのか?
受け答え

面接で、英語力PRはどこまで通用するのか?

インターンで上司に”デキる人”と思われる仕事の進め方とは?
心構え、行動

インターンで上司に”デキる人”と思われる仕事の進め方とは?

自分のこと知ってる!?就活生にオススメの『本当の自分』を見つける3つの方法!
自己分析

自分のこと知ってる!?就活生にオススメの『本当の自分』を見つける3...