キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

ライフハック

ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ 大学の授業やサークル活動でプレゼンやスピーチをする機会は誰しもあるはず。
「どうせならいい評価をもらいたい」そんな人のために!
心理学に裏付けされた魅力的なプレゼン・スピーチをする方法を紹介します!

6つのポイントを押さえるだけでが誰でも簡単にできますよ。
インターンや就活でも応用可能です!

1 先に重要なことを断言してしまう

結論ファーストです!
「ポイントは3つしかないんです」など、聴衆がこれから聞く内容に対してより関心を持てるよう、最初に結論を述べましょう。
そうすることで、聞き手の理解も促すことができます。

また、会社に入ると、だらだらと長い前置きのある話は聞いてもらえません。
常日頃、結論から話す癖を付けると、社会人になっても困りません。

2 具体的な数値を言う

「このサービスを利用している人は実際に○○○人います」など。
これはかなり説得力が増します。

わかりにくい場合は、よくある例として「東京ドーム何個分です」等のような想像のつきやすい例も入れるとより効果的!

これらの根本にある考え方は「相手に納得してもらう」ということです。
双方の納得がなければ、ビジネスも生まれません。

3 スピーチに自問自答を組み込む

「何がすごいか?そうです~がすごいんです!」など。
セールスマンのように演じてみることも効果的です。

自問自答は聴衆側が聞いていて飽きない。楽しんで聞くことができます。
プレゼンテーションをショーのようにしてできると、「この子はすごい」と感心してくれます!

4 実体験を入れる

「実は私自身も~なんです!」など、頭に浮かぶようなエピソードの話し方をすると聴衆も聞きやすいです。
またエピソードを話すときは、人同士の会話も組み込んでみると面白く話せるでしょう。

(例)「Aさんが〜 と言ったので、私は〜 と返事をしたんです」など

これもショーを意識することで、より聞き手を楽しませられるプレゼンテーションになります。

5 その場で黒板やホワイトボードに図やイラストを描く

一体何を書いているんだろう?何が起こるのだろう?と聴衆の興味関心を誘うことができます。

(例)突然黒板に数字を書き、「この数字が何を表すか知っていますか?」等と聴衆に問いかけてみる。

プレゼンテーションの中盤になってくると、少しずつ聴衆の集中力は切れてきます。
そこで、このような演出をすることで、再び聴衆の注目を集めることができるのです。

6 聴衆に挙手してもらう

「~を知っていた人、挙手してもらっていいですか?」
「どちらが~だと思いますか?

このとき重要なのが、反応してくれた聴衆へのフォローを忘れないことです。
聴衆に対して、「はい、ありがとうございます」等の報酬を与えましょう。

また、聴衆のテンションを上げるためには、挙手した人数が少なくても「あ、意外と多いですね」等とポジティブな反応をすると良いです。
間違っても「少ないですね」とは言わないことが大切です!

最後に

いかがでしたでしょうか。
以上の6つを意識することで、今までのプレゼンテーションは見違えるように変わってくるのではないでしょうか。

ここで、心構えとしては「緊張するのは当たり前」と思っておきましょう。
「どうせ緊張するなら、その緊張を楽しもう」くらいの心意気の方が成功します!

人前では発表することに億劫にならず、たくさん挑戦してみてください!
その経験がインターンや就活で活き、あなたの選択肢を増やすかもしれません。

1 先に重要なことを断言してしまう

結論ファーストです!
「ポイントは3つしかないんです」など、聴衆がこれから聞く内容に対してより関心を持てるよう、最初に結論を述べましょう。
そうすることで、聞き手の理解も促すことができます。

また、会社に入ると、だらだらと長い前置きのある話は聞いてもらえません。
常日頃、結論から話す癖を付けると、社会人になっても困りません。

2 具体的な数値を言う

「このサービスを利用している人は実際に○○○人います」など。
これはかなり説得力が増します。

わかりにくい場合は、よくある例として「東京ドーム何個分です」等のような想像のつきやすい例も入れるとより効果的!

これらの根本にある考え方は「相手に納得してもらう」ということです。
双方の納得がなければ、ビジネスも生まれません。

3 スピーチに自問自答を組み込む

「何がすごいか?そうです~がすごいんです!」など。
セールスマンのように演じてみることも効果的です。

自問自答は聴衆側が聞いていて飽きない。楽しんで聞くことができます。
プレゼンテーションをショーのようにしてできると、「この子はすごい」と感心してくれます!

4 実体験を入れる

「実は私自身も~なんです!」など、頭に浮かぶようなエピソードの話し方をすると聴衆も聞きやすいです。
またエピソードを話すときは、人同士の会話も組み込んでみると面白く話せるでしょう。

(例)「Aさんが〜 と言ったので、私は〜 と返事をしたんです」など

これもショーを意識することで、より聞き手を楽しませられるプレゼンテーションになります。

5 その場で黒板やホワイトボードに図やイラストを描く

一体何を書いているんだろう?何が起こるのだろう?と聴衆の興味関心を誘うことができます。

(例)突然黒板に数字を書き、「この数字が何を表すか知っていますか?」等と聴衆に問いかけてみる。

プレゼンテーションの中盤になってくると、少しずつ聴衆の集中力は切れてきます。
そこで、このような演出をすることで、再び聴衆の注目を集めることができるのです。

6 聴衆に挙手してもらう

「~を知っていた人、挙手してもらっていいですか?」
「どちらが~だと思いますか?

このとき重要なのが、反応してくれた聴衆へのフォローを忘れないことです。
聴衆に対して、「はい、ありがとうございます」等の報酬を与えましょう。

また、聴衆のテンションを上げるためには、挙手した人数が少なくても「あ、意外と多いですね」等とポジティブな反応をすると良いです。
間違っても「少ないですね」とは言わないことが大切です!

最後に

いかがでしたでしょうか。
以上の6つを意識することで、今までのプレゼンテーションは見違えるように変わってくるのではないでしょうか。

ここで、心構えとしては「緊張するのは当たり前」と思っておきましょう。
「どうせ緊張するなら、その緊張を楽しもう」くらいの心意気の方が成功します!

人前では発表することに億劫にならず、たくさん挑戦してみてください!
その経験がインターンや就活で活き、あなたの選択肢を増やすかもしれません。
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

英語で短期留学、するならどこ? 8ヶ国を徹底比較!
語学、留学

英語で短期留学、するならどこ? 8ヶ国を徹底比較!

他人と差をつけたい学生へ!考え方が変わるオススメの本10選!
書籍、本

他人と差をつけたい学生へ!考え方が変わるオススメの本10選!

映画『マイ・インターン』から学ぶインターンで得られること
オススメ

映画『マイ・インターン』から学ぶインターンで得られること

人事が解説!面接を突破するために必要な具体的に話す3つのポイント。
就職活動

人事が解説!面接を突破するために必要な具体的に話す3つのポイント。

【就活に有利】大学生が取るべき資格Best10 ―理系編―
資格、免許

【就活に有利】大学生が取るべき資格Best10 ―理系編―

学生×学生団体×インターンの3つの両立をするにはvol.1-若狭 僚介インタビュー
学生団体、サークル

学生×学生団体×インターンの3つの両立をするにはvol.1-若狭 僚介イン...

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都
CMでお馴染みの“キレイモ”が皆さんをお待ちしております♪

株式会社ヴィエリス

NEW!

私たちは「KIREIMO」ブランドを中心に、女性が今よりもっとキレイになるために 「わたしを磨く時間」の提供を行ってお・・・

東京都
安心のNTTデータグループでのお仕事!皆さんからのご応募お待ちしております!

株式会社NTTデータスマートソーシング

NEW!

弊社が運営するコンタクトセンターでは、 電話・Eメール・FAX・SNSなどの「顧客接点」を幅広くサポート。 豊・・・

東京都
社員の仲の良さが売りです!!

株式会社FACTBASE

NEW!

~仮想通貨のビックデータを整理し尽くし、新たな価値を生み出す情報コンテンツを創る〜 仮想通貨の普及により金融の仕組みが・・・

東京都
よりよいサービスを展開するために、積極的に意見が言えるフラットな環境です!経営陣との距離の近さも皆さんを成長させる秘訣です!

株式会社GameWith

NEW!

《創業5期目で東証マザーズ上場》 株式会社GameWithは六本木ヒルズ森タワーに本社を置く、2013年に創業した・・・

大阪府
最高の晩餐。

HUGAKU株式会社

NEW!

■この求人のポイントは? ・学生99.9%の組織で、笑いあり涙あり、切磋琢磨しながら成長できる環境。 ・過去コンテス・・・