キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

ライフハック

ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ 大学の授業や活動でプレゼンやスピーチをする機会は誰しもあるはず。どうせならいい評価をもらいたい、そんな人のために!心理学に裏付けされた6つのポイントを押さえるだけで魅力的なプレゼン•スピーチが誰でも簡単に出来ます

1 先に重要なことを断言してしまう


「ポイントは3つしかないんです」など。
聴衆が、これから聞く内容に対してより関心を持てる上、内容を整理しながら聞くことを促します。

2 具体的な数値を言う


「このサービスを利用している人は実際に○○○人います」など。
これはかなり説得力が増します。わかりにくい場合は、よくある例として東京ドーム何個分です、等のような想像のつきやすい例も入れるとより効果的!

3 スピーチに自問自答を組み込む


「何がすごいか?そうです~がすごいんです!」など。
セールスマンのように演じてみることも効果的。自問自答は聴衆側が聞いていて飽きない。楽しんで聞くことができます。

4 実体験を入れる


「実は私自身も~なんです!
など
目に浮かぶようなエピソードの話し方をすると聴衆も聞きやすい。またエピソードを話すときは、人同士の会話も組み込んでみると面白く話せる。(例;「Aさんが〜 と言ったので、私は〜 と返事をしたんです」など)

5 その場で黒板やホワイトボードに図やイラストを描く


一体何を書いているんだろう?なにが起こるのだろう?と聴衆の興味関心を誘う。
(例;突然黒板に数字を書き、「この数字が何を表すか知っていますか?」等と聴衆に問いかけてみる。)

6 聴衆に挙手してもらう


「~を知っていた人、挙手してもらっていいですか?」
「どちらが~だと思いますか?

この時重要なのが反応してくれた聴衆へのフォローを忘れないこと。
聴衆に対して、「はい、ありがとうございます」等の報酬を与えることが必要。
また、聴衆のテンションを上げるためには、挙手した人数が少なくても
「あ。意外と多いですね」等とポジティブな反応をする。間違っても「少ないですね」とは言わないことが大切!

心構えとして



緊張するのは当たり前。言いたいことは6割5分言えたらよし。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

企業の課題を「人」から解決する! 人材業界を徹底研究・徹底解説!
就職活動

企業の課題を「人」から解決する! 人材業界を徹底研究・徹底解説!

「稲盛和夫」という生き方
オススメ

「稲盛和夫」という生き方

大学生が“アルバイト以外”でお金を稼ぐ4つの方法
ライフハック

大学生が“アルバイト以外”でお金を稼ぐ4つの方法

【この発想はなかった!】斜め上を行く話題になったCM15選
オススメ

【この発想はなかった!】斜め上を行く話題になったCM15選

15卒の就活生が4月までに読むべき、面接対策のおすすめ記事7選
就職活動

15卒の就活生が4月までに読むべき、面接対策のおすすめ記事7選

【内定塾講師の特別コラム】筆記試験対策①
就職活動

【内定塾講師の特別コラム】筆記試験対策①