キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

就職活動

【高校生インターンの特別コラム第三弾!】 「世の中楽勝じゃない!」常見陽平さんにインタビュー!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【高校生インターンの特別コラム第三弾!】 「世の中楽勝じゃない!」常見陽平さんにインタビュー!!! 『就活の神さま~自信のなかったボクを「納得内定」に導いた22の教え~』や『内定を決めたひと言』など数多くの就活やキャリアに関する本を執筆している常見陽平さん。
現在は大学非常勤講師や著述家、コメンテーター等の傍ら、一橋大学大学院社会学研究科修士1年にひっそりと在学している、日本で一番学生と距離が近い大学の先生です!

そんな常見さんの幼少時代から現在までの活動、また就活生や学生へ向けてのメッセージまでたくさん聞いてきました!
就活生は特に必見です!!!

学生時代について教えてください。



僕は中学生の時、制服通いだったんです。それが死ぬほど嫌で、高校は私服の高校に通いたいと思ってました。それで一つ私服で通える学校を見つけたんですけど、それが北海道で入るのが一番難しいって言われてる学校のひとつだったんです。
当時僕はその高校にはとても届かない成績だったんですが、どうしても私服の高校に通いたかったから死にもの狂いで勉強をしましたね。それが自分のモチベーションになって、成績も学年1位になった。そうしたらだんだん人気者になっていって生徒会長とかやらしてもらったんですけどね。

まあそれでなんとか高校に入れたんだけど、高校は自分より頭のいい人でいっぱいですぐに挫折しました。しかも、制服がない学校だと金持ちが可視化されるんですよ。誰が金持ちで誰が金持ちじゃないかっていうのがすぐわかるっていう。僕は世の中に金持ちはドラえもんに出ているスネ夫しかいないと思っていたくらいだから(笑)

それで、あっという間に成績も落ちてドロップアウトしたんですよ。高校時代、授業中は勉強じゃなくて寝るか本を読むかだった。英語と倫理、政治、経済の勉強は興味あるからしたんだけど、それ以外はずっと寝るっていう。
それでもどうしても大学には行きたかった。しかも親父が小5の時に亡くなっていて母子家庭だから国立の大学に行かなきゃいけないという気持ちもありましたね。
そういった理由と将来はジャーナリストになりたいって気持ちからあと、東京に出たいっていう思いから夢を叶えるのなら一橋大学社会学部じゃないかなって思ったんです。
それで3,4か月という短期間でひたすら知識を詰め込む勉強をしたら、現役で一橋に合格しました。

それで大学に入って1か月間は楽しかったんだけど、途中から「何か変だな」って思うようになっていましたね。
最初は、自分も本とかで名前を知っていた有名な先生の講義を受けてて、「この親父なんか難しいこと言ってるぞ!大学ってすげえ!」って思ってました。
だけど1か月くらいしたら「この人の話はよくわからないんだ」って気が付いて、
「なんかすごいつまらないことを難しそうに言ってるんじゃないか」って思うようになりました。


ただ1年の頃は講義をさぼる勇気もなくて、ぼちぼちアルバイトもやって・・・って感じでだらだらと日々が過ぎていって。
そんな日々を送ってたんだけど、1年が終わるときに「このままじゃいけない、自分を変えよう」と思って、春休みの2か月間、毎日映画を見続けました。
昼に起きて1本見て、アルバイト行って帰ってきたら2本見て、朝刊が届いたら読んでそれから寝るっていうサイクルです。

すごい不規則なんだけど、映画をずっと見続けたら人間の生き方の多様性に気が付いてめちゃくちゃ感動したわけですよ。「俺は何をしているんだろう?そろそろ暗いところから出ないと」って思って、大学2年の時からすごく前向きになっていきました。

それでも大学には週に3日しか通っていませんでしたけど・・・さぼってた訳ではなく、単位を詰めてその日に集中をしていました。それもキツイ科目ばっか取って・・・そうしたらキツイ科目の先生ってすごい指導熱心で面白かったんですよ。
それからだんだん周りにいる友達が前向きな友達が増えてきたのと、今までの友達も僕を見る目が変わってきたんですね。

勉強は一般教養科目で履修していた先生の講義が楽しくて。
もともと社会学を学びたくて一橋に入ったのに、その先生のゼミに入りたいがために商学部にいとも簡単に転学部を決意してしまいました。大学2年から3年にあがるときなんだけど人生って大親友との出会いとか恩師との出会いで変わるんだなって実感しましたね。

それで商学部に行くんだけど、今までの基礎が全くないまま行ったから苦労しました。さらに、その先生がすさまじい先生で、日本人で初めてビジネススクールの先生BEST10に入った先生でした。
すごい人なんだけど厳しいゼミ。笑顔ですごく厳しいことをいう先生でしたね・・・。毎週40ページ
高橋あけ乃

1995年生まれの17歳。現役高校生。
将来起業したいという想いから、夏休みの間インターン生として奮闘中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

卒業までに行っておきたい世界の名所4選
語学、留学

卒業までに行っておきたい世界の名所4選

2週間で100万DL!話題の「LINEMALL」って大学生に使える?
ライフハック

2週間で100万DL!話題の「LINEMALL」って大学生に使える?

大量エントリーはもう古い?これから流行る次世代型就活サイト7選!
就職活動

大量エントリーはもう古い?これから流行る次世代型就活サイト7選!

知っておきたい!歴史を切り開いてきた起業家の名言【若者への言葉編】
ライフハック

知っておきたい!歴史を切り開いてきた起業家の名言【若者への言葉編】

「あの人の名前なんだっけ...?」を解消できる!名前と顔を一致させるたった5つの方法
ライフハック

「あの人の名前なんだっけ...?」を解消できる!名前と顔を一致させる...

もう大学の単位を落とさない!基本的なレポート・論文の4つの書き方とコツ
ライフハック

もう大学の単位を落とさない!基本的なレポート・論文の4つの書き方と...