キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

就職活動

就活で失敗する人の4つの共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活で失敗する人の4つの共通点 「厳しい就職活動」―――そんな言葉がメディアをはじめ、世の中に溢れています。
とはいえ、貴重な学生時代の多くを「就活」に費やすのなら、失敗するのはもったいないと思います。
今回は就活に失敗しないための4つのポイントを紹介します。

志望動機が固まっていない



当たり前のことですが、これができていない人が多い、という声があるのも事実です。
特に自分の視点が入った上での志望動機がないというケースが多く見受けられます。

企業側が発信する情報をそのまま志望動機として面接で言われても、企業側からすると「この人は本当にこの会社で働きたいと考えているのか」が分かりません。
ここで大切なのは、企業側が発信した情報に自分なりの視点や考えを加えることです。

また、中には志望動機を固めるのが上手い人もいます。
本当はそこまでその仕事に興味がなくても、理論武装が上手なために合格するケースです。

いずれにせよ、志望動機があいまいなまま入社し、やはり自分には合っていなかったと感じてせっかく入社した会社を数年で辞めてしまうケースも多々あります。これも結果的に就活で失敗したと言えるでしょう。


自分から情報収集をしない



企業の新卒用サイトを見たり説明会には行くけれど、向こうから与えられた情報だけで終わりにしてしまうなんて、もったいないことです!
例えば、上場企業であればIR情報は公表されています。社長や役員のインタビューもwebで簡単に見つかる可能性も高いです。

ニュースも時系列的に調べてその会社の経営戦略を確認したり、OB・OG訪問で社内の雰囲気などリアルな会社の実態を調べるのも有効です。
またビジネスマン向けの本を読んで、実際に社会で役立つ思考方法や仕事の進め方などを知るのもおすすめです。
また、そういった能動的な行動が自己分析にも繋がります。


自己主張ばかりする



面接で自己PRに終始してしまうことはよくある失敗です。
初対面の社会人との面接は緊張するのが普通ですし、ある程度はしょうがないとも言えるでしょう。

しかし、同じ学生同士でも自己主張ばかりする人もいます。
せっかく一緒に就活をしているのだから、情報交換をしたり、お互いに刺激し合える関係を築きましょう。

また、そのような姿勢でいたほうが、面接の際も余裕を持て、相手を気遣えたり、背伸びをしないで自分の素直な部分を出せるという効果もあります。
たまたま隣に座った人に自分が知らなかった優良な会社を教えてもらって、その会社に入社したというケースも結構あります!
コミュニケーションとは本来、相手を尊重してお互いに良い影響を与えるものです。
自己主張ばかりを聞かされたら、相手(面接官)は疲れてしまいます。


ストレスを発散できない



就活で失敗する人は、実はこの傾向が強いと言われています。
内定ホルダーになるのが偉いわけではありません。ましてや内定を取ることがゴールではありません。
社会人になってからが本当のスタートです。

面接などで落ちてしまっても、自分に合わない会社もあるのが普通です。そこは割り切って次に切り替えましょう!
失敗を引きずったままでは、本来上手くいくことも失敗してしまいます。

ストレスコントロールは社会でもとても必要な技術です。エリートビジネスマンは総じてストレスコントロールする方法を持っています。
運動する、歌う、友達と話す、いっぱい寝るなど、そんな単純な方法でもかなり効果的です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

英語を使った仕事がしたい大学生こそインターンシップで経験を積もう!
語学、留学

英語を使った仕事がしたい大学生こそインターンシップで経験を積もう!

年間300冊も夢じゃない!!あなたもできる賢い読書術
書籍、本

年間300冊も夢じゃない!!あなたもできる賢い読書術

大学で単位を取る裏ワザ!大学教授が、レポート・論文の良し悪しを決めている3つのポイント
ライフハック

大学で単位を取る裏ワザ!大学教授が、レポート・論文の良し悪しを決...

【高校生インターンの特別コラム第8弾】REBIRTH PROJECT 副代表 龜石太夏匡さんにインタビュー!【前編】
オススメ

【高校生インターンの特別コラム第8弾】REBIRTH PROJECT 副代表 龜石...

【女子大生必見!】女子力アップしたい女の子はチェックしておきたい女子向けキラキラWEBサイト7選!
アプリ、サービス

【女子大生必見!】女子力アップしたい女の子はチェックしておきたい...

絶対に購読しておくべきおすすめメールマガジン4選!
アプリ、サービス

絶対に購読しておくべきおすすめメールマガジン4選!