キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

デザイナー

『こんなはずじゃなかった!!』デザイナーを目指す学生に向けた、4つの事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『こんなはずじゃなかった!!』デザイナーを目指す学生に向けた、4つの事実 みなさんはデザイナーという職業にどういったイメージを持っているでしょうか?

女性の割合が多く、華やかで、おしゃれに着飾ってて、プライベートも充実していて、華形の職業…なんてイメージを持っている方もいるでしょうか。
確かに、そういう方も中にはいるかもしれません。
しかし、世の中のデザイナーすべてがそうとは限りません。特に若手の間は真逆で、泥臭い職業の一つかもしれません。

そこで今回は、デザイナーを目指そうとしている方や今まさにデザインを学び始めた方に向けて、『こんなはずじゃなかった!!』とならないよう、リアルなデザイナー像とそれに対して学生のうちから行えることをご紹介します。

1.いつでもアイデアが出てくるわけじゃない


1380020383-1iSHLeq54c
デザイナーとして生きていくために必ず必要になるもの、それが"アイデア"です。
デザイナーであれば、誰しも”革新的なデザイン”など今までにないものを作りたいはずです。しかし、毎回良いアイデアが出てくるとは限りません。
また、その時は良いと思ったアイデアも1日経つと『あれ…こんなの作ったっけ…?』と思うこともしばしば。
しかし、アイデアについては普段から意識しておくことで引き出しはいくらでも増えます。
アイデア出しの詳細についてはWebデザイナー志望の学生必見!!アイデア出しで行き詰まらないための5つの方法というコラムをご覧下さい。


2.おしゃれよりも、楽かどうかが基準


1380019791-NjETN5aDiu
『私、デザイナーなんです。』というと、なぜか勝手に”この人おしゃれなのかな〜”と思ってしまいませんか?
もちろん、デザイナーをやっている方は"美しさ"など常に意識しているポイントではあります。
しかし、その意識を自分自身にかけているかというと…そうではありません。
特に締め切り間近になると肌は荒れるわ隈もできるわで大変です。締め切りは待ってくれませんからね。
そうならないためにも、常日頃から自分の作業スピードは把握しておく必要があります。そこから、自分でスケジュールを組んだり優先順位をつけて自分の時間を確保できるようにしましょう。


3.こだわりは時に厄介


1380020213-pZBVTOJyMs
一応デザインはできたけど、なんだか納得いかない…もっと良いデザインができるはずだ…など、デザインに対するこだわりが強いデザイナーはたくさんいます。
もちろんそれは素晴らしいことですし、そういったこだわりからクリエイティブなものが生まれるわけですが、若手の間は経験が少ないこともあり、そのこだわりのリミットをどう設定するかがわかりません。
今行っている制作に"いくら時間をかけるべきなのか"、"かけるだけの価値があるのか"という時間に対する意識を持つことも大切です。


4.クライアントからの連絡に怯えている


1380019791-To3Gpo5l0C
デザイン制作がある程度進んだところで、クライアントから突然の連絡。
『今進めてもらっているデザイン、やっぱり色変えてもらえますか?』という変更依頼がきたとします。
ただ色を変えるだけ、と思われるかもしれませんがこれがなかなか大変なのです。
デザイン制作をする際、デザイナーはコンセプトから考え、様々な理由からベストなデザイン案を導き出します。
"色を変える"という変更依頼は、時にコンセプトから練り直さなければならない場合もあります。

クライアントからの変更依頼に対し、デザイナーは変更する必要性を確認し、場合によっては複数案デザインを提案することにもあります。
しかしこういった事態はよく起こることなので、毎度毎度落ち込んでいる暇はありません。
こういうことも起こり得ることを知っておくだけでも違うと思うので、これは覚えておきましょう。

最後に


いかがだったでしょうか。極端な言い方もありますが、デザイナーなら一度は経験することばかりだと思います。

また今回はあえてマイナスなことばかりを紹介しましたが、逆にデザイナーだったからこそ得られる喜びや感動・達成感ももちろんあります。
また自分の制作したもので人を喜ばせたり、感動させたり、驚きを与えることもできます。
失敗の数が多いほど、デザイナーとしてのスキルは身についているので、若手の間はとにかく前向きに取り組むことが大切です。

また、学生のうちから現場の空気に慣れるという意味でもインターンシップをおすすめします。学校では学べない現場独特の空気や、現役デザイナーからデザイン制作の進め方やアイデアの発想法などいろいろと学べることも多いでしょう。
弊社が運営しているキャリアバイトではデザイナーの案件も多数掲載しています。
デザイナーの案件はこちらから

本当のデザイナー像を知ってがっかりした方もいるかもしれませんが、今から意識してより実践に強いデザイナーを目指しましょう!!

◇関連コラム
Webデザイナーとして就職するために学生のうちにやっておくべき5つのこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

ビジネス人生を左右する!?上司と上手く付き合うコミュニケーション能力
心構え、行動

ビジネス人生を左右する!?上司と上手く付き合うコミュニケーション能力

大学生のプログラミング初心者にオススメの学習サイト6選
エンジニア

大学生のプログラミング初心者にオススメの学習サイト6選

【就活生必見!】隠れたおすすめの優良企業ベスト20
まとめ

【就活生必見!】隠れたおすすめの優良企業ベスト20

大学生から磨きたい!インターンで身に付く、成功している社会人が持つ5つの能力
インターンについて

大学生から磨きたい!インターンで身に付く、成功している社会人が持...

アメリカにおけるインターンシップの特徴は? 日本との違いは?
インターンについて

アメリカにおけるインターンシップの特徴は? 日本との違いは?

スタートアップ志望の就活生必見! 新卒採用している急成長スタートアップ5社!
まとめ

スタートアップ志望の就活生必見! 新卒採用している急成長スタート...