キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

ライフハック

ゼミやインターンで使える!聞き手を動かす必勝プレゼンをつくる 5つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゼミやインターンで使える!聞き手を動かす必勝プレゼンをつくる  5つのステップ ゼミや学生団体、インターンなどでプレゼンをする機会が、大学生でも近年、増えてきています。

しかし、その中で反応がよくなかったり、相手をうまく動かせなかったこと、ありますよね?

今回は、聞き手を動かす必勝プレゼンをつくる 5つのステップをお伝えします。

最も伝えたいメッセージは、「たった一つ」



まずは、そのプレゼンの目的を今一度考えましょう。
プレゼンはそもそも、「相手を動かすコミュニケーション」。
そのプレゼンの後に、「聞き手にどう動いてほしいのか」明確にしましょう。

その上で、何を伝えたいのか。
伝えたいことを簡潔にまとめていき、メッセージを「一つに」絞りましょう。

あえて一つに絞ることによって、聞き手はメッセージを理解しやすくなり、より行動へとつながりやすくなります。

「誰」を動かしたいか



次に考えるべきなのは、このプレゼンで動かしたい人の特徴です。
考えるべきポイントは、①姿勢面 と ②内容面の2点。

聴衆の姿勢面については、
・(属性面)学生・社会人など、どんな属性の人たちなのか。
・(期待値)どんな期待を持って、聞いているか。

内容面においては、
・(興味度)どんなところに興味を抱いているか。
・(理解度)どこまで理解しているか。

など、聞き手の人物像をできるだけ洗い出し、具体的にします。
その上で、「誰」を動かしたいのか具体的にイメージしてください。
これが具体的(友人など)であればあるほど、その人を動かしやすくなります。

その上で、実際の聞き手の属性とすり合わせ、このプレゼンで動かしたい人と、どういった内容のプレゼンをするのかを考えます。

プレゼンの流れを考える



この2つの準備が終わったら、次は流れを考えましょう。
大まかに、プレゼンは以下の流れで作られます。

・導入:自己紹介などの"掴み"や、プレゼンの目的を伝える部分。
・本論:「一つ」のメッセージと、それを補完する具体的情報を伝える重要部。
・まとめ:全体のまとめと、最も伝えたいことを聞き手に印象付ける部分。

導入部にあるプレゼンの目的については、これをまず伝えることで聞き手がプレゼンを理解しやすくなります。
「聞き手にどう動いてほしいのか」をイメージしながら、その目的が聞き手にもわかりやすく伝わるように考えましょう。

本論に関しては、初めに最も伝えたいメッセージ一つと、それを補完するメッセージとなる具体的情報を展開します。

その上で、本論をいかにわかりやすく、自然な流れで伝えるかを、聞き手がどこまで理解しているか・期待しているかも踏まえて作っていきます。


スライドデザインで、理解と期待を膨らませる



プレゼン全体の流れを理解したところで、プレゼン資料の準備に移ります。
Power PointやPreziなどのプレゼンテーションソフトで資料を作成し、コトバだけでなく視覚的にも訴える方法が一般的にとられますね。

こういった資料で重要なのは、理解度と期待感を上げることです。
この理解度と期待感を上げるのには、スライドデザインが重要でしょう。

デザインについては、聞き手の感情・イメージを左右します。
これらをコントロールすることで、よりメッセージをより強く印象付けることができます。

具体的には、統一感のあるスライドデザインや、(解像度が高く)伝えたいメッセージとマッチする写真を使用するように心がけましょう。
また、理解度を上げるためにも、一つのスライド内に必要な情報を限りなく少なくするようにしましょう。

ただ、あくまで資料は自分の口頭内容をわかりやすく、効果的に補完するためのツールということを忘れないでくださいね。

Prezi

http://prezi.com/

最後はやっぱり、「練習」



これだけやって、あとは当日…って学生が相当数いるかと思います。
実際、私もここまで準備して満足していました。

しかし当日になってみると、目の前にいる聞き手の人々を目にして緊張し、資料ばかり見て聞き手の様子を見る余裕すらできず、反応もイマイチだった経験があります。

最後はやはり、「練習」です。
多くの方法があるかと思いますが、私がオススメしたいのは下記の方法です。

・人前、あるいはカメラの前で自分で一通りやってみる。
・他人からのフィードバック、または自分で見て改善点を上げた上で、他の人のプレゼンをいくつか見る。
・改善して、上記を繰り返す。

これを何度も続けることで、プレゼンは精錬され、より効果のあるプレゼンに成長していくと考えています。

まとめ



情報量が多くなったので、5つのステップをおさらいしましょう。

プレゼン内容の最適化
最も伝えたいメッセージを、「一つ」に絞る
動かしたい人を意識し、具体化する
上記2つを踏まえて、全体の流れを考える
視覚的な効果付け
スライドデザインで、聞き手の理解と期待をコントロールする
「人を動かす」プレゼンを、話すために
練習、フィードバック、実例、練習…!

内容の最適化をしっかり固めて、最後にひたすら練習していくことで、プレゼン自身の精錬と当日の自信・余裕にもつながります。

ゼミの研究発表やインターンの新規事業立案など、ここ一番の大勝負こそしっかり準備して、自信を持って臨んでくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

2週間で100万DL!話題の「LINEMALL」って大学生に使える?
ライフハック

2週間で100万DL!話題の「LINEMALL」って大学生に使える?

もう大学の単位を落とさない!基本的なレポート・論文の4つの書き方とコツ
ライフハック

もう大学の単位を落とさない!基本的なレポート・論文の4つの書き方と...

ロジカルシンキングに使える7つのフレームワーク。論理思考力を鍛えたい大学生は暗記必須!
ライフハック

ロジカルシンキングに使える7つのフレームワーク。論理思考力を鍛えた...

就活前も就職後も使える!大学生の「ためになる」オススメ本ランキング
書籍、本

就活前も就職後も使える!大学生の「ためになる」オススメ本ランキング

春休みに格安で旅行できる!国内発着のLCC・格安航空会社をまとめてみた
ライフハック

春休みに格安で旅行できる!国内発着のLCC・格安航空会社をまとめてみた

偉人たちから学ぶ、進む道に迷ったときにおすすめの名言集
ライフハック

偉人たちから学ぶ、進む道に迷ったときにおすすめの名言集