キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

コツ、テクニック

第一印象に自信がない人も大丈夫!インターン面接で好印象を持たれるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第一印象に自信がない人も大丈夫!インターン面接で好印象を持たれるには? 周りからこんなことを言われた経験はありませんか?
「第一印象ではちょっと怖い人だなって思ったけど、知り合っていったらすごく気さくでいい人だった」

本来は明るく、人と付き合うのが大好きなのに、第一印象に自信がないという人は結構多いと思います。

友人同士であれば、その後の付き合いの中であなたの本来の姿を知ってもらうことは十分に可能です。

一方、採用面接ではどうでしょうか。

初対面、しかも30分程度の面接においてあなたが自分をアピールするには、第一印象をよりよくすることが必須です。

第一印象は変えられる!


私たちは初対面で相手に対して漠然とした印象を抱き、「いい人そう」「暗そう」など人物のイメージを持ちます。
このように、第一印象が全体のイメージを作り上げることを「初頭効果」といいます。

以下のリストを見てください。どちらの人に好印象を持ちますか?

Aさんは「知的な、活発な、頑固な、聡明な、批判的な、嫉妬深い」人です。
Bさんは「批判的な、頑固な、活発な、聡明な、嫉妬深い、知的な」人です。

同じ言葉を使っても、順番だけで随分と印象が変わるのがわかると思います。
印象は変えられるのです。

「真っ先に、ポジティブな言葉で」が鉄則


これほど効力のある初頭効果を、好印象を作るために活用しましょう。

自己紹介、自己PRでは初頭効果を意識して、自分の得意なことをポジティブなイメージを持つ言葉で先に伝えましょう。

例えば、以下の二人はどちらが好印象でしょうか。

Aさん「新しいことに挑戦していくことが好きで、大学ではダンス部に入りました。」
Bさん「これまでやったことがありませんでしたが、新しいことに挑戦したいと思い、大学ではダンス部に入りました。」

内容はほぼ同じですが、まず先に長所をアピールする言葉が来ているAさんの方が、チャレンジ精神がある印象を受けます。
一番先に入ってくる言葉が、全体の印象を作っていますね。

漠然と「いい感じ」の印象で大丈夫!


面接にて、自分自身のよさを100%伝えることは難しいかもしれません。

試行錯誤してアピールしたい性格と実績・経験を考えても、それが自分の意図したとおりに伝わるかは、あなたの全体のイメージ次第です。
だからこそ伝え方を工夫して、なんとなくでもよい印象を持ってもらえたら、その後のあなたの言葉はさらに具体的なよい印象を作るでしょう。

例えば、「サークル活動でリーダーシップを発揮した」というエピソードの場合、

「いい感じ」の印象の人・・・人から信頼されている、物事に熱心に取り組む
「嫌な感じ」の印象の人・・・仕切り屋、物事に淡々と取り組む

漠然とした人物のイメージによって、同じ言葉でもそこから生まれるイメージが変わってきます。

今日からできること


私たちはつい謙遜をしてしまうものです(それも好印象の一つではありますが)。
ですから、常にポジティブなことを先に伝えるようにしてみましょう。

自分を表現するのにどんな言葉が思いつきますか?

その言葉のストックがあれば、面接でのあなたの印象をよりよいものへ変えていくはずです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

大学院生必見!院生だからインターンをしよう
インターンについて

大学院生必見!院生だからインターンをしよう

【土日OK】学業と両立しやすい! ライター職のインターンシップ4選
ライター/編集

【土日OK】学業と両立しやすい! ライター職のインターンシップ4選

【就活生向け】大手とベンチャーで迷っている!?そんなときに頼りになる就活相談サイトBest5!
まとめ

【就活生向け】大手とベンチャーで迷っている!?そんなときに頼りに...

商社に就職したい学生がインターンをするべき理由。
企業、業界、職種分析

商社に就職したい学生がインターンをするべき理由。

インターンはいつから始めればいいの? インターンを始めるのに最適な時期
インターンについて

インターンはいつから始めればいいの? インターンを始めるのに最適...

Web制作会社でインターンをしたい学生へ。クライアントとトラブルにならないために事前に確認しておくべき項目
その他

Web制作会社でインターンをしたい学生へ。クライアントとトラブルにな...