キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

心構え、行動

こんな時どうする!?インターン中に失敗してしまった時のパターン別対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな時どうする!?インターン中に失敗してしまった時のパターン別対処方法 基本的に、インターンは失敗をして当然です。

新入社員だってたくさんの失敗を重ねて少しずつ一人前になってゆくもの。
ましてやインターンは社会経験がゼロの人も少なくありません。

インターンには「上司や先輩がフォローできる範囲以上の仕事を任せない」のが常識です。とはいえ、失敗は失敗。もしも迷惑をかけてしまった場合は率直に謝り、出来る限りのフォローが必要です。

企業・ブランドの信用を傷つけるかも?


フェイスブックやツイッターで誰でも気軽に情報発信できる時代。とても便利な反面、非常に危険なこともあります。

たとえば、最近インターン中の会社について、自分のフェイスブックやツイッター・ブログなどでネガティブな発言をしてしまったり、社内情報を漏えいさせてしまうといったトラブルが増えています。

どんな立派な会社でも、社内にいればグチや不満を耳にすることもあるでしょう。悪いウワサを聞くこともあるかもしれません。しかしそれは「身内の人間だから」という安心感や「互いに会社の文化を知っている」といった共通理解があってのこと。断片的な情報だけが外部に漏れれば、尾ひれがついてとんでもない話になってしまうことも少なくありません。

インターン中は、原則として会社に対するすべての情報を発信しないのがマナーです。会社について何かつぶやくことで、社名を伏せていても会社が特定できるような情報をバラまいてしまう危険性があるからです。

もし情報をうっかり流出してしまった場合は、早急に会社に事実を報告して謝罪しましょう。報告が遅れ、結果的に会社の対応が遅れれば遅れるほど被害は大きくなります。自分の立場など考えている場合ではありません。

この他にも、自分が原因で会社や商品・ブランドの信頼を傷付ける可能性がある失敗をしてしまった場合は、とにかく真っ先に報告です。

取引先やお客様を怒らせてしまった


営業職や接客業では、「勝手な思い込み」「間違い」「配慮不足」などで取引先やお客様を怒らせてしまい、それがクレームにつながることもあるかもしれません。

勝手がわからないのですからミスが生じるのはしかたありませんが、「自分で勝手な判断をせず、周囲の人に報告・相談する」という原則は守りましょう。

もしこの手のトラブルが発生したら、業務マニュアルなどに対応方法が記載されている場合はそれに従い、マニュアルがなければ真っ先に上司に報告することです。「なんとか自分で処理しよう」としてはいけません。

就業中は、インターンであれアルバイトであれ個人ではなく「会社の代表」としてお客様に接しています。
ひとまず「お客様を不快にさせてしまったこと」についてはお詫びするにしても、あなたにはそれ以上の責任を取る権限がないのだということを理解しておいてください。

会社に金銭的・時間的な損害を与えてしまった


重大な過失で得意先に取引を打ち切られてしまった。大切なプロジェクトを自分のミスで台無しにしてしまった。インターンシップではこういう大失敗の可能性もないわけではありません。

しかし、過失の原因がよほど非常識なものだったり、あるいは故意である場合を除いて、それほど深刻に心配することはないのです。
インターンでなくても、会社というところは常に誰かが失敗をしています。ベテランでも失敗するときはしますし、社長ですら経営判断を間違えることもあります。会社はそういうリスクを覚悟した上で経営されているものなのです。

だからといって、あなたが責任を感じなくてもよいというわけではありません。しかし会社というのはよく出来ていて、あなたにその業務を命じた上司の監督責任だってあるのです。「仕事の勝手がわからないインターンにそういう重大な仕事を任せた側にも責任がある」ということです。
叱られるべきところは叱られ、反省するべきところは反省した上で仕事に集中し、上司の指示に従いましょう。

逃げないこと。誠意を持って謝り続けること


正社員の場合、重大な失敗をして会社に莫大な損害を与えた場合は解雇や懲戒解雇といった厳しい処分の可能性があります。しかし、インターンの場合「責任を取って辞めます」といってもそれで責任を取ったことにはなりません。

もちろん上司から「もう会社に来るな」と言われればそれまでですが、自分から「辞めます」などと安易に切り出すのは(逃げるつもりだな)と悪意に受け止められても仕方ありません。

どんなミスやトラブルに際しても誠意を持って謝り続け、業務に必死に取り組むのがインターンのせめてもの責任の取り方です。辛いかもしれませんが、結局はそれがあなたのプラスになり、その姿勢を見た上司や周囲の人に誠意が伝わるかもしれません。
安易に逃げず、自分の失敗と向かい合うことが大切なのです。

企業・ブランドの信用を傷つけるかも?


フェイスブックやツイッターで誰でも気軽に情報発信できる時代。とても便利な反面、非常に危険なこともあります。

たとえば、最近インターン中の会社について、自分のフェイスブックやツイッター・ブログなどでネガティブな発言をしてしまったり、社内情報を漏えいさせてしまうといったトラブルが増えています。

どんな立派な会社でも、社内にいればグチや不満を耳にすることもあるでしょう。悪いウワサを聞くこともあるかもしれません。しかしそれは「身内の人間だから」という安心感や「互いに会社の文化を知っている」といった共通理解があってのこと。断片的な情報だけが外部に漏れれば、尾ひれがついてとんでもない話になってしまうことも少なくありません。

インターン中は、原則として会社に対するすべての情報を発信しないのがマナーです。会社について何かつぶやくことで、社名を伏せていても会社が特定できるような情報をバラまいてしまう危険性があるからです。

もし情報をうっかり流出してしまった場合は、早急に会社に事実を報告して謝罪しましょう。報告が遅れ、結果的に会社の対応が遅れれば遅れるほど被害は大きくなります。自分の立場など考えている場合ではありません。

この他にも、自分が原因で会社や商品・ブランドの信頼を傷付ける可能性がある失敗をしてしまった場合は、とにかく真っ先に報告です。

取引先やお客様を怒らせてしまった


営業職や接客業では、「勝手な思い込み」「間違い」「配慮不足」などで取引先やお客様を怒らせてしまい、それがクレームにつながることもあるかもしれません。

勝手がわからないのですからミスが生じるのはしかたありませんが、「自分で勝手な判断をせず、周囲の人に報告・相談する」という原則は守りましょう。

もしこの手のトラブルが発生したら、業務マニュアルなどに対応方法が記載されている場合はそれに従い、マニュアルがなければ真っ先に上司に報告することです。「なんとか自分で処理しよう」としてはいけません。

就業中は、インターンであれアルバイトであれ個人ではなく「会社の代表」としてお客様に接しています。
ひとまず「お客様を不快にさせてしまったこと」についてはお詫びするにしても、あなたにはそれ以上の責任を取る権限がないのだということを理解しておいてください。

会社に金銭的・時間的な損害を与えてしまった


重大な過失で得意先に取引を打ち切られてしまった。大切なプロジェクトを自分のミスで台無しにしてしまった。インターンシップではこういう大失敗の可能性もないわけではありません。

しかし、過失の原因がよほど非常識なものだったり、あるいは故意である場合を除いて、それほど深刻に心配することはないのです。
インターンでなくても、会社というところは常に誰かが失敗をしています。ベテランでも失敗するときはしますし、社長ですら経営判断を間違えることもあります。会社はそういうリスクを覚悟した上で経営されているものなのです。

だからといって、あなたが責任を感じなくてもよいというわけではありません。しかし会社というのはよく出来ていて、あなたにその業務を命じた上司の監督責任だってあるのです。「仕事の勝手がわからないインターンにそういう重大な仕事を任せた側にも責任がある」ということです。
叱られるべきところは叱られ、反省するべきところは反省した上で仕事に集中し、上司の指示に従いましょう。

逃げないこと。誠意を持って謝り続けること


正社員の場合、重大な失敗をして会社に莫大な損害を与えた場合は解雇や懲戒解雇といった厳しい処分の可能性があります。しかし、インターンの場合「責任を取って辞めます」といってもそれで責任を取ったことにはなりません。

もちろん上司から「もう会社に来るな」と言われればそれまでですが、自分から「辞めます」などと安易に切り出すのは(逃げるつもりだな)と悪意に受け止められても仕方ありません。

どんなミスやトラブルに際しても誠意を持って謝り続け、業務に必死に取り組むのがインターンのせめてもの責任の取り方です。辛いかもしれませんが、結局はそれがあなたのプラスになり、その姿勢を見た上司や周囲の人に誠意が伝わるかもしれません。
安易に逃げず、自分の失敗と向かい合うことが大切なのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

コンサルタントって何するの?基本を押さえよう!
コンサルタント

コンサルタントって何するの?基本を押さえよう!

インターンでも知っておきたいプロジェクトマネジメントの極意3点
企画/マーケティング

インターンでも知っておきたいプロジェクトマネジメントの極意3点

やっぱりインターンが一番良い!?エンジニアに必要な技術を習得するには
エンジニア

やっぱりインターンが一番良い!?エンジニアに必要な技術を習得するには

地方からでもOK!首都圏インターンに参加する方法とは
インターンについて

地方からでもOK!首都圏インターンに参加する方法とは

デザイナーになりたい大学生へおくる、デザイン関連の資格まとめ
デザイナー

デザイナーになりたい大学生へおくる、デザイン関連の資格まとめ

マーケティング業界を目指したい大学生が絶対に知っておくべき10個の専門用語
企画/マーケティング

マーケティング業界を目指したい大学生が絶対に知っておくべき10個の...

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都
人事/広報にぜひチャレンジして下さい!

株式会社Phybbit

NEW!

Phybbitは2011年に設立した、Web広告業界を悩ませるアドフラウドの対策ツール『SpiderAF』を提供している・・・

東京都
まずはお話しましょう!!

株式会社ゼロキャリア

NEW!

《《 株式会社ゼロキャリアとは? 》》 「学生の新しいロールモデルの創出」という理念のもと、 全国の学生から目標・・・

東京都

リスクモンスター株式会社

NEW!

企業間の取引は、売掛金や、受取手形など債権を回収できるかどうか…等 常に「リスク」をはらんでいます。 しかし、安定企業・・・

東京都
みなさんの応募お待ちしています!

株式会社ナレッジコンサルティング

NEW!

▼どんな会社?   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 私たちは営業コンサルティングや営業支援システム開発などの営業・・・

東京都
業務を進めていく中で分からないこと・不安なことなど、遠慮せずに何でも聞いて下さい。

株式会社エリートネットワーク

NEW!

(株)エリートネットワークは、厚生労働省に認定された、正社員専門の転職エージェントです。 ◆企業様からの求人のご依・・・