キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

書籍、本

なんのために働くのか?"働く意味"のヒントをくれる、社会に出る前に読んでおきたい歴史小説3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なんのために働くのか?"働く意味"のヒントをくれる、社会に出る前に読んでおきたい歴史小説3選 自己分析って何をやればいいんだろう・・・
やりたいことなんて別にないし・・・

いざ就職活動を始めてみると、自分自身や自分の将来について、
何も考えていなかったことに気付かされる人が多いのではないでしょうか。

「両親が会社勤めだから就職活動をする。」
「教師だから教員採用試験を受ける。」

これも立派な進路選択の指針ではありますが、こと就職活動に関していえば、それだけでは厳しい面接を突破することはできません。
内定を得るためには、付け焼刃の知識ではなく、少なくとも自分自身についてはよく理解しておく必要があります。

今回は、自分自身を理解するためのヒントを与えてくれる、3つの歴史小説を紹介します。
興味深いことに、時代を生きた偉人の生涯を振り返ると、現代にも当てはまることの方が多いものです。過去の話だからといって甘く見ずに、自身を顧みるためのヒントを探しながら読み進める。それが歴史小説の魅力です。

また、時代を生き抜いた偉人の行動を細かく追っていくことで、様々な発見があります。
小説のモデルになるような偉大な人物が、どの場面で何を考えてどんな行動をとったのか。彼らの頭の中を覗くだけでも、歴史小説を読むことには十分に意義があります。

それでは、どうぞ。

①竜馬がゆく


竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

司馬 遼太郎

¥ 660

言わずと知れた司馬遼太郎の名著。

ソフトバンク社長・孫正義氏が青年期に出会い、彼の人生に重大な影響を与えた一冊としても知られています。

300年続いた江戸・徳川幕府の時代を終わらせ、維新回天の中心人物として走り続けた坂本竜馬。土佐の田舎で生まれ育った青年が、日本中を股にかけて奔走する姿が描かれています。

世に生を得るは、事を為すにあり


孫氏をはじめ我々が竜馬から最も学ぶべきことは、「志高く」ということでしょう(これは孫氏の著書のタイトルにもなっています)。

自分はこの世界で何を為すために、天からの生を受けたのか。

竜馬が維新回天という志を持っていたように、すべての人は何かを成し遂げるためにこの世界に生まれてきているはず。
一つの志に向かって身が引きちぎれる思いで走り続ける竜馬の姿には、深い感銘を受けます。

就職活動は多くの人にとって、自分という人間と真剣に向き合う初めての機会となるでしょう。
小手先の志望動機ではなく、自分のやるべきこと、成すべきことについて考えるためのヒントくれます。

②小説 上杉鷹山


小説 上杉鷹山 全一冊 (集英社文庫)

童門 冬二

¥ 1,000
<
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ
ライフハック

ワンランク上のプレゼン・スピーチ!6つのコツ

眠気覚ましの飲み物はコーヒーだけじゃない! 眠気撃退オススメ飲み物5選
ライフハック

眠気覚ましの飲み物はコーヒーだけじゃない! 眠気撃退オススメ飲み...

【高校生インターンの特別コラム第8弾】REBIRTH PROJECT 副代表 龜石太夏匡さんにインタビュー!【前編】
オススメ

【高校生インターンの特別コラム第8弾】REBIRTH PROJECT 副代表 龜石...

知っておきたい!歴史を切り開いてきた起業家の名言【若者への言葉編】
ライフハック

知っておきたい!歴史を切り開いてきた起業家の名言【若者への言葉編】

【モテない大学生必見!!】今日からできる5つの恋愛心理学的テクニック
恋愛

【モテない大学生必見!!】今日からできる5つの恋愛心理学的テクニック

女子大生におすすめ!女子会やデートに使えるおしゃれカフェ10選!【渋谷編】
オススメ

女子大生におすすめ!女子会やデートに使えるおしゃれカフェ10選!【...