キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

就職活動

日経新聞で挫折したことのある就活生向け!日経新聞を効率よく読む為の5つのコツ・方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日経新聞で挫折したことのある就活生向け!日経新聞を効率よく読む為の5つのコツ・方法 「量が多くて、全部読めない!」「読んでも全然わからない・・」
就活が始まると、日経新聞は日々の情報源や就活対策として欠かせないものになります。

しかし、普段全く新聞を読まないのに、いきなり購読しはじめても、当然ながら最初は理解できない部分も多いことでしょう。

今回は、そんな「就活で初めて日経新聞を購読しはじめた」という学生に向けて、日経新聞を読む為のコツを紹介したいと思います。

すべての記事を熟読する必要はない


日経新聞を読み始めた学生にとって、まず最初にぶつかることが、「量が多すぎて読み切れない」ということです。
日経新聞は、朝刊の場合、約40ページにわたり、約25万字、新書にして2冊分の情報量があります。

はじめのうちは、「自分の興味のある記事を中心に拾い読みをする」というのがオススメです。

新聞というのは、必ずしも小説のように起承転結という形になっていません。
ほとんどの場合は、「結論」が真っ先に書かれています。

その結論が書かれている部分というのは、リード文といい、記事のはじめの数行にあたる部分になります。
リード文には、記事全体の内容を簡潔に要約してまとめられています。

つまり、タイトルとリード文を読めば、その記事で記者が書きたいことの概要が簡単につかめるのです。

タイトルとリード文を読んでいき、「だいたい理解できた」程度で、どんどん読み進めていってもよいでしょう。
そして、もう少し深く知りたいと思った記事だけ、じっくりと読んでいく…というのがオススメです。

朝のニュース番組を併用する


冒頭でも述べた通り、普段全く新聞を読まなかったり、時事が苦手な学生にとって、日経新聞は非常に難しく感じると思います。

しかし、そんな人でも、テレビのニュースならわかりやすいと感じるのではないでしょうか?

ニュース番組は、時間が限られている為、ポイントを絞って内容を伝えています。
また、話し言葉であるため親しみやすいのはもちろん、図や映像も併用しているため、目と耳の両方から情報が入ってきます。

ニュース番組で伝えられる情報というのは、新聞でいうところの、「見出し」と「リード文」になります。

リード文は前述した通り、記事の概要が簡潔にまとめられています。
それが、音声や映像とともに伝えられるため、理解しやすいのです。

そこで、最初のうちは、ニュ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

春休みの旅費を抑える!知らなきゃ大損の格安航空券比較サイト9選
オススメ

春休みの旅費を抑える!知らなきゃ大損の格安航空券比較サイト9選

あと1ヶ月!!クリスマスまでに恋人をつくるための今からすべき心の準備
恋愛

あと1ヶ月!!クリスマスまでに恋人をつくるための今からすべき心の準備

大学生8月の内定率は67.3%、就活解禁時期の後ろ倒しでどう変わった?
就職活動

大学生8月の内定率は67.3%、就活解禁時期の後ろ倒しでどう変わった?

あなたのレポート、本当に大丈夫?引用ルールを覚えて脱コピペ疑惑
ライフハック

あなたのレポート、本当に大丈夫?引用ルールを覚えて脱コピペ疑惑

大学生が“アルバイト以外”でお金を稼ぐ4つの方法
ライフハック

大学生が“アルバイト以外”でお金を稼ぐ4つの方法

住みたい街NO.1!吉祥寺のおすすめ雑貨屋まとめ
オススメ

住みたい街NO.1!吉祥寺のおすすめ雑貨屋まとめ