キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

デザイナー

Webデザイナーとして就職するために学生のうちにやっておくべき5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webデザイナーとして就職するために学生のうちにやっておくべき5つのこと 憧れのWebデザイナー。Webデザイナーと聞いて『なんだかハードル高いな…』と思っていませんか?
確かに、その人独自のセンスや感性はWebデザイナーとして働く上で重要になってきます。

しかし、逆にそれだけでは立派なWebデザイナーになれる訳ではありません。

そこで今回は、初心者の方でも将来Webデザイナーとして就職するために学生のうちからやっておくべき5つのことについてご紹介します。

1.お気に入りのデザインを深掘る


1395122803-1o2BN7DYrp
みなさんは”このデザインが好き!”というデザインはありますか?
好きなデザインのテイスト、配色、雰囲気…何でも構いません。とにかくまずは"デザインに興味を持つ"ところからスタートしましょう。
といっても、多かれ少なかれ自分の好きなデザインはあるはず。
大切なのはその後です。

その”好きなデザイン”についてどこが好きなのか考えてみましょう。

このようにデザインへ興味・関心をもつことでデザイナーへの第一歩を踏むことになるのです。


2.観察する


1395122810-eakEvc8gKP
これは持論ですが、Webデザイナーにはグラフィックデザイン(紙媒体のデザイン)のスキルが必要だと思います。
『えっ、まさかポスター作るの…?』と思った方、大丈夫です。

今回は、意識するだけでデザイナーとして大きな差が出るポイント2つをご紹介します。

文字組
デザイナーになるならまず身につけておくべきスキルですね。紙媒体だけでなく、Web制作を行う上でもこのスキルは必要です。
このポスター綺麗だな、読みやすいなと思ったらすかさず文字組を確認しましょう。

配色
デザインをする上で大きく印象を左右するのが、"色"です。配色センスは常日頃から意識していれば自然とついてきます。
まずは自分の好きなデザインの配色をチェックし、紙媒体のものはストックしておくと後々それが資料になるので、気になるものはすぐ手元に保存するようにしましょう。

ちなみに私は、カフェなどに置いてあるフリーペーパーやチラシなどを持ち帰ってストックしています。これ、かなり重宝します。

3.インプット


制作ソフト
WebデザイナーになるのならIllustratorとPhotoshopを使いこなせなければいけません。ということで、とにかくいじり倒しましょう。

ただ、目的もなくソフトをいじり倒すのは非常に辛いので、何かしら目的を持って行ってください。

ちなみに、Adobeのソフトは学生のうちに購入することを強くお勧めします。
1つのソフトにつきライセンスが2つあるため、1つはデスクトップに、もう1つはノートにインストールして24時間Adobeのソフトを使える環境を手に入れましょう。

Webの知識
Webについて書籍で勉強する方もいますが、htmlやcssなどの基礎的なことであればWebの情報で十分です。
Web制作について勉強するなら、やはりドットインストールがオススメです。私もかなりお世話になりました。
ドットインストール
無料の3分動画でマスターできる、初心者向けプログラミング学習サイトです。
目的・レベル別にたくさんのレッスンがありますが、まずは入門からスタートしましょう。ここで大切なのは、ただ見るだけではなく実際に自分でも行ってみるということです。

4.アウトプット


1395122815-hs5a6tGeO3
ソフトにも慣れ、Webの知識がついてくると制作意欲がどんどん湧いてきます。ということで、まずは自分の作りたいものを作ってみましょう。
最初は非効率的なやり方になってしまうかもしれませんが、とにかく手と頭を動かしてやってみることが大切です。作ったものは就職活動の時にポートフォリオの作品として使うこともできます。

また、アプリ開発などを行っている学生チームにデザイナーとして参加させてもらうのもいいでしょう。単にスキルアップの目的で参加するのではなく、学生のデザイナーやエンジニアなど人脈を広げることでまた新しい出会いがあるかもしれません。

5.インターンシップ


1395122822-LvXqs97UOd
学生だけでものづくりを行うのも良いことですが、さらに差をつけるならインターンシップをおすすめします。
インターンシップではプロの方と同じ空間・環境で仕事ができるため、仕事の進め方、アイデアの発想方法、デザイン制作のコツなど現場だからこそ学べることがたくさんあります。

企業によってはサービスのデザインを任されることもあるため、より実践的なデザイン業務を行うことができます。

弊社が運営しているキャリアバイトではデザイナーの案件も多数掲載しています。
未経験歓迎のデザイナー案件はこちら

最後に


いかがだったでしょうか?
学生のうちからやっておくべき5つのことについてご紹介しましたが、大切なのは継続して行うことです。
最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、少しずつでもデザイナーとしてのスキルはついているので、諦めず頑張ってください!

◇関連コラム
Webデザイナー志望の学生必見!!アイデア出しで行き詰まらないための5つの方法
デザイナーになりたい大学生へおくる、デザイン関連の資格まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

アメリカにおけるインターンシップの特徴は? 日本との違いは?
インターンについて

アメリカにおけるインターンシップの特徴は? 日本との違いは?

【始める前に考えたい】インターンのメリット・デメリット
準備・心構え

【始める前に考えたい】インターンのメリット・デメリット

インターン・就職活動に必須の持ち物って?
持ち物、アイテム

インターン・就職活動に必須の持ち物って?

業務に携わることで、仕事に対するイメージが変わった|拓殖大学 米永 翼
体験談

業務に携わることで、仕事に対するイメージが変わった|拓殖大学 米...

【募集職種別ランキング】2015年10月に最も人気だったインターン!
まとめ

【募集職種別ランキング】2015年10月に最も人気だったインターン!

第一印象に自信がない人も大丈夫!インターン面接で好印象を持たれるには?
コツ、テクニック

第一印象に自信がない人も大丈夫!インターン面接で好印象を持たれる...