キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

エンジニア

エンジニアになりたい文系大学生こそインターンシップで即戦力を目指そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジニアになりたい文系大学生こそインターンシップで即戦力を目指そう エンジニアを求めるIT系やメーカー系の業種で「スキル不問・文系歓迎」という条件を掲げている企業は少なくありません。
むしろ最近はこちらの方が主流です。

「エンジニアになりたいけれど、文系の自分が本当にエンジニアになれるだろうか?」という不安がぬぐいきれない人は、まず希望する会社のインターンシップに参加し、その会社がどのような教育システムでエンジニアを育てているのか、本当に自分は成長できるのかを体験してみるのが一番です。

企業は「染まっていない」人材を喜ぶ


たとえばシステムエンジニアの場合、「学生時代からいろんな言語を学び、プログラミングなど日常的にこなしている情報系学生でないと仕事についていけないのではないか」などと文系学生は尻込みしてしまいそうです。

しかし実際には、現在のシステムエンジニアリングの手法は会社ごとに独自のスタイルが確立されており、中途半端な我流の知識を持つ人よりもゼロからその会社のやり方を素直に吸収してくれる人の方が早く伸びるようになっています。

もちろん地頭の良さは要求されますが、既存の知識やスキルはむしろ邪魔になることの方が多いのです。

どんどん新しいことを吸収してゆける能力


現代の技術の進歩は非常に早く、現役のエンジニアでも日々勉強していないとたちまち時代遅れになってしまいます。そういう意味では学生もベテランも同じスタートラインに立っているのと同じことなのです。

次々に登場する新しい技術を素早く吸収し、自分のスキルにしてゆくスピードが何よりも大切。経験や知識では先輩に負けても、若さで勝る分吸収力では学生にアドバンテージがあります。

勇気を持ってわからないことはどんどん質問し、スキルを伸ばしてゆきましょう。

技術系インターンシップはチームワークが大切


なぜ技術系の企業が文系の学生を欲しがるかというと、現在の技術は細分化・複雑化が進み、天才肌の孤高のエンジニアよりも多くのスタッフと意志の疎通をはかりながらプロジェクトが推進していけるコミュニケーション力に優れた人材が必要とされるようになったからです。

プロジェクトチームでは個々の力量や得意分野に違いがあって当然。大切なのは自分に与えられた役割分担を全体の中で把握できるセンスと、報告・連絡・相談がしっかりできる能力。

もしインターンシップで何かのプロジェクトチームに参加することが許されたなら、技術面だけでなくそうした仕事の進め方やチームワークについてもしっかりとスキルを学びましょう。これはどんな会社に就職しても役立つはずです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

自信がなく、なかなかインターンに受からない大学生に送る企業の選び方
インターンについて

自信がなく、なかなかインターンに受からない大学生に送る企業の選び方

インターンで上司に”デキる人”と思われる仕事の進め方とは?
心構え、行動

インターンで上司に”デキる人”と思われる仕事の進め方とは?

インターン面接の質問で「できる大学生」と思わせる!質問力を上げる3つのコツ
質問対処法

インターン面接の質問で「できる大学生」と思わせる!質問力を上げる...

夏休み直前!今さら聞けない実践型インターンシップの意味とは
インターンについて

夏休み直前!今さら聞けない実践型インターンシップの意味とは

インターンはいつから始めればいいの? インターンを始めるのに最適な時期
インターンについて

インターンはいつから始めればいいの? インターンを始めるのに最適...

関西のインターンシップもアツい! 大阪・心斎橋にあるベンチャーの長期インターンシップ5選
まとめ

関西のインターンシップもアツい! 大阪・心斎橋にあるベンチャーの...