キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

就職活動

「理想」を求める就活生~新卒社員の3年以内の離職率35.9%の実態~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「理想」を求める就活生~新卒社員の3年以内の離職率35.9%の実態~ 厚労省データによると新卒社員の35.9%が3年以内に離職すると言われています。
雇用が流動化したことがその主な原因として挙げられていますが、実は「就活マニュアル」の横行によって就活生自身に変化が起きたことも大きいと言われています。
そこで今回は就活生に起きた「変化」について特集します。

自己分析で「理想」を持つようになった就活生



新卒社員の離職率が高い背景には、新卒社員と企業の間で発生するミスマッチがあると言われています。

「自分の希望通りの部署に配属されなかった」
「想像していた仕事と違っていた」
というようなミスマッチ。これが非常に多いため離職率が高まってしまうのです。

ではなぜミスマッチが増えているのでしょうか?

その原因の1つとして、学生が就活を通じて自己分析する中で、自分の「やりたいこと」を見つけ、将来に対して「理想」を抱くようになったからと言われています。
現実に即しない「理想」を持ったが故、社会に出てから現実とのギャップにショックを受けやすくなっているのです。

近年のいわゆる「就活マニュアル」によって自己分析をすることが一般的になり、このようなことが起きがちと言われています。




「現実」を見ておく重要性



とはいえ自己分析をすること自体は全く悪いことではありません。
しかし、社会の「現実」を見ないまま自己分析をすると、非現実的な「理想」だけを抱いてしまいがちです。

一度、現実的ではない「理想」を抱いてしまうと、現実に直面した時にそれが裏切られたような大きなショックを受けやすくなります。しかも、それが卒業し、実際に職場に出てからならば一層ショックは大きくなるはずです。

自己分析をする際には「現実」を踏まえる必要があるのです。



就活をするにあたって、キャリアバイト等で紹介されているインターン経験などをし、実社会を見ておくと、非現実的な「理想」を過剰に持つことは避けられるでしょう。

入社してから「思っていたのと違った!」とならないよう、自分の足元を見、着実な自己分析をしましょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

聞くに聞けない、気になる大学生の平均貯金額はいくら?
ライフハック

聞くに聞けない、気になる大学生の平均貯金額はいくら?

人事が解説!面接を突破するために必要な具体的に話す3つのポイント。
就職活動

人事が解説!面接を突破するために必要な具体的に話す3つのポイント。

【高校生インターンの特別コラム第三弾!】 「世の中楽勝じゃない!」常見陽平さんにインタビュー!!!
就職活動

【高校生インターンの特別コラム第三弾!】 「世の中楽勝じゃない!...

あなたは大丈夫!?フェイスブックで痛いと思われないために気を付けたいこと。
ライフハック

あなたは大丈夫!?フェイスブックで痛いと思われないために気を付け...

褒め上手になって人間関係をスムーズに!上手く褒める方法。
ライフハック

褒め上手になって人間関係をスムーズに!上手く褒める方法。

絶対に購読しておくべきおすすめメールマガジン4選!
アプリ、サービス

絶対に購読しておくべきおすすめメールマガジン4選!