キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

書籍、本

本当のリーダーシップってなんだろう?就活・インターンで使える「内向的な人のリーダーシップ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本当のリーダーシップってなんだろう?就活・インターンで使える「内向的な人のリーダーシップ」 今や就活でも必ずと言っていいほど問われるコミュニケーション能力・リーダーシップ。

ところが人や企業によって、コミュニケーション力やリーダーシップの定義は曖昧。
学生にとっても非常にわかりにくい問題だと思います。

そこで今回は考え方のヒントを紹介します。
「自分はリーダータイプではないな…」と感じている大学生こそ触れてほしいリーダーシップの本と動画のオススメです。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方


「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

岩田 松雄

¥ 1,470


筆者はこの本で感動して泣きました。一読をオススメできます。
元スターバックスCEOである岩田松雄さんの著書であり、
奉仕型リーダーシップ(サーバントリーダーシップ)のあり方を示してくれる本です。

皆さんは、リーダーというと、どんなイメージを持たれるでしょうか?
多くの人は、スティーブジョブスのような、強烈なカリスマ性で部下を引っ張るリーダーを思い浮かべるのではないでしょうか。
ですが、この本を読めば、リーダーシップの種類は1つではないと感じるはずです。

いろいろなリーダーシップ


リーダーシップに関する理論は多くあり、様々な分類がされていますが、
大きく分けて2つの分類で話されることが多くあります。

・牽引型リーダーシップ…リーダーが先頭に立ち周りをぐいぐい引っ張るリーダーシップ
・奉仕型リーダーシップ…リーダーがまず周りに奉仕することで周りを導くリーダーシップ

岩田さんのリーダーシップは奉仕型リーダーシップ(サーバントリーダーシップ)にあたります。

「リーダーになろうとするのではなく、まわりに押されてリーダーになる。私はこれが、理想のリーダーの姿だと思っています。」


著者の岩田さんは、高校時代、野球部に所属するもののなかなか結果を出せず、2軍の試合にも出られずに悔しい思いをしたそうです。
しかし、腐らずに準備や練習を一生懸命やっていたことで、後輩から推薦され、キャプテンになったというエピソードがのっています。
「日々の言動が信頼関係を作る」というように、努力を続けていれば必ず見てくれている人はいるのですね。


内向的な人が秘めている隠れたリーダーシップ


さて、次にオススメしたいのが、この動画です。



スピーカーは、スーザン・ケインさんというアメリカで弁護士をしている女性です。

近年、社交的で活動的な、いわゆる「コミュニケーション能力の高い人」が評価される世の中ですが、内向的であることは本当によくないことなのでしょうか。
彼女は、内向的な人も強いパワーを持ち、これまで世界に多くの才能をもたらしてきたと述べています。


この動画を見て、自分はどちらかというと内向的だ、と感じる人も、
内向的な自分を誇りに思い、自分に自信を持てたら最高ですね。

最後に…


いかかでしたでしょうか?
強烈なカリスマ性も、誰とでも打ち解けられるような外向性も持っていなくても、
リーダーだって、社長だって、弁護士だってなれるのです。
皆さんも、インターンシップや大学生活で、自分なりのリーダーシップの形を探してみてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

寝る前のちょい勉で1年間10,000分の差をつける!
資格、免許

寝る前のちょい勉で1年間10,000分の差をつける!

大学で単位を取る裏ワザ!大学教授が、レポート・論文の良し悪しを決めている3つのポイント
ライフハック

大学で単位を取る裏ワザ!大学教授が、レポート・論文の良し悪しを決...

就活前に知っておきたい!現在の日本の状況や企業の採用状況に関するデータまとめ
就職活動

就活前に知っておきたい!現在の日本の状況や企業の採用状況に関する...

大学生7月1日の内々定率は50.6%、選考解禁前に半数が内定取得
就職活動

大学生7月1日の内々定率は50.6%、選考解禁前に半数が内定取得

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におススメの1冊
書籍、本

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におス...

大学で入るサークルの“失敗しない”選び方
学生団体、サークル

大学で入るサークルの“失敗しない”選び方