キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

書籍、本

「学生時代に読んでおけば…」と後悔しないよう! 社会人になる前に読むべき本TOP7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「学生時代に読んでおけば…」と後悔しないよう! 社会人になる前に読むべき本TOP7 社会人は忙しい!
仕事や家庭に時間を割かざるを得ないため、プライベートや勉強の時間を確保するのが学生時代に比べて困難になりがちです。
特に、内容が重厚な本やちょっと仕事とは関係なさそうに見える本を読むのは、どうしてもおっくうになってしまいます。
しかし、大学生のうちに名作と言われる本を読んだほうがいいという意見はとても多く、今回はビジネス寄りの視点でおすすめの本を集めてみました。

『さっさと不況を終わらせろ』



さっさと不況を終わらせろ

ポール・クルーグマン

¥ 1,785


アメリカの経済学者 ポール・クルーグマンの書いた本です。
クルーグマン氏は、2008年にはノーベル経済学賞を受賞し、メディアにも多くのコラムや意見を寄稿する、著書も多数の人気経済学者です。

「さっさと不況を終わらせろ」は2012年に発売された最新作で、経済系の本として高い評価を得ています。
リーマンショック後の世界経済の不況と処方箋としての政策(財政政策、金融政策)をウォッチするのに必読の一冊です。

この本を読んで、流行の「アベノミクス」について一考を持てば、新聞・テレビの経済ニュースもいっそう楽しめることでしょう。


『監獄の誕生』


<
table>

監獄の誕生―監視と処罰

ミシェル・フーコー

¥ 5,565


フランスの思想家 ミッシェル・フーコーの代表作。
監獄を通して権力が生み出される構造を説明する本です。

wikipediaによれば、
「近代の刑罰において専門家の科学的知見が重要な役割を果たしており、犯罪者の精神鑑定を通じて人間を評価する。」「監獄における権力の技術には規律という形態が認められる。規律は恒常的に従順な身体を生み出す方法となる。」とあり、権力を前提としたマネジメントを体系的に論じています。

社会や組織の中で生きる人にとってのクラシック(古典的名作)作品です。
しかも、このような本を読んでいると、周囲から教養があると一目置かれるという俗物的な視点からもおすすめかもしれません(笑)。


『ウォール街のランダム・ウォーカー』



ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の...

バートン・マルキール

¥ 2,415


1973年に出版されたこの本、なんと今でも世界中の投資家から愛読され続ける超ロングセラーです。
この本の通りに投資をすればいい…というわけではないですが、多数のプレーヤーの共通項を知ることは有効と言えるでしょう。

先の読めない将来を抱える現代人にとって、資産運用は大きなテーマ。
「敗者のゲーム」とも言われる投資の世界でどうすれば生き残れるのか、特に個人投資家について言及されており、多くの人にとって参考になる内容です。

また、リスクテイクについて考えさせられるところが多く、「株などに興味がない」という人にも楽しめる内容です。


『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』



アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

就活生に知っていてもらいたい面接における論理的な話し方のポイント
就職活動

就活生に知っていてもらいたい面接における論理的な話し方のポイント

未経験からweb業界に入ろうとしている学生が最初にやるべき3つのこと
アプリ、サービス

未経験からweb業界に入ろうとしている学生が最初にやるべき3つのこと

大学の卒業式で行われた、胸を打つ感動的なスピーチ5選
経験、体験

大学の卒業式で行われた、胸を打つ感動的なスピーチ5選

業界研究ってどうやるの!?就活の分かれ道はここにあった
就職活動

業界研究ってどうやるの!?就活の分かれ道はここにあった

英語での短期語学留学、するならどこ? 8ヶ国を徹底比較してみた
語学、留学

英語での短期語学留学、するならどこ? 8ヶ国を徹底比較してみた

大学生が卒業生に贈るプレゼント4選
オススメ

大学生が卒業生に贈るプレゼント4選