キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

体験談

インターンシップの目的とは? 大学生に聞いてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンシップの目的とは? 大学生に聞いてまとめてみた 一口にインターンシップと言っても、様々なかたちがあります。そのため、目的も人によって変わるでしょう。

そこで実際にインターンシップを経験した大学生6名に、「インターンシップの目的はなんですか?」と質問をして、回答を集めました。すると、ある傾向が見つけられました。

1. 議員インターンシップの目的

大学3年生 Yくんの場合

僕の場合、就活のネタ作りというわけではなく、不安定な日本の政治の現状をこの目で見てみたいという目的で参加しました。また、議員インターンシップには、意識やモチベーションの高い人が、たくさん参加しているという話も聞いていたので、そのことも後押しとなりました。

専門的なスキルの習得というものではありませんし、何か実績を残せたわけでもないので、アピールできるものを作れたわけではないですが、良い友人関係も築け、とても有意義なものとなりました。

2. Web系ベンチャー企業で長期実践型インターンシップを行う目的

大学1年生 Kくんの場合

そもそも、大学1年生で参加できるインターンシップでは、長期実践型インターンシップしか選択肢がなかったことがあります。

元々、インターネットに興味がありました。でも、プログラミングやサイト制作などの知識はゼロでした。これからの時代に必要不可欠で、興味はあるのに何も知識のないので、知識を身につけながら成長するためにはどうしたらよいかを探していたんです。

ベンチャー企業で長期実践型インターンシップを募集している内容を見つけて、お金も出るところがほとんどだったので「バイトの代わりにこれにしよー」っと参加しました。まぁ、考えていたよりは自分で勉強したり、考えて動かないと行けないのでシビアなんですが、どんどん新しいことを覚えている感覚があるので楽しんでます。

3. 大手企業のインターンシップの目的

大学4年生 Wさんの場合

わたしは、就活の一環として大学3年生のときにインターンシップに参加しました。

もともと就職を希望していた企業があり、その企業がインターンシップを募集していたので、実際にどんな仕事をするのかを体験することを第一目的として行きました。もちろん、就活が有利になればいいなという希望もありました。

実際にインターンシップに行くことで、自分が思い描いていたものと現実の大きなギャップを感じ、就職に対してもっと深く考えるきっかけになりました。実際に仕事を体験したわけではないので、何かを経験した感じはありませんが、雰囲気が掴めたのでとても参考になりました。

4. ワークショップ型インターンシップの目的

大学3年生 Kくんの場合

大学3年生になり、周りが就活ムードになってきたので、自分もインターンシップを探していました。

実際に企業で、営業や事務などを体験するのといったものではなく、グループを作り、課題を与えられ、それを解決・発表するインターンシップに参加しました。よく考えられた内容のインターンシップで、面白そうだなと思い、完全に興味本位で参加しました。とても高度でしたが、周りの就活生とのつながりもできたので、いい経験になったのは間違いないです。

5. 人材系企業で長期実践型インターンシップをする目的

大学3年生 Sさんの場合

就活と同時並行で、長期実践型インターンシップをしているという先輩の話を聞いて始めました。

もともと就活をしていても働くことのイメージが掴めなかったのですが、社会人0年生として扱われるインターンシップなので、社会人ってどんな感じなのか、世の中の働くってどんなことなのか、すごく理解できるようになりました。

長期間働くことで継続的なフィードバックをもらっているので、自分の改善点がどんどん見つかって、壁にぶつかりながらもすごく成長している実感があります。

6. 1dayインターンシップの目的

大学2年生 Aくんの場合

夏休み中に1週間の短期プログラムに参加しました。目的は、1日5,000円の報酬という貴重な収入が得られることと、周りの友人がインターンシップに参加していることに対して、焦りを感じたことです。

面接なども経験し、自己PRの練習にもなりました。会社の説明会の延長のような感じで、少しは会社の雰囲気が掴めたような気がします。

まとめ

大雑把にインターンシップの種類と期間をまとめると下記の図になります。

1409205881-brLNAXQwD3

大学生に目的を聞くなかで感じたことは、

長期実践型インターンシップをしている大学生の目的は「成長やスキルを身につけるため」
短期体験型インターンシップをしている大学生の目的は「就活のため・雰囲気を知るため」


といった違いがあります。

さいごに

以上、色々な種類のインターンシップを経験する大学生の目的でした。

大事なことは、「インターンシップを通して何を得たいのか?」ということ。
スキル・経験・お金・人間関係……インターンシップは、様々なものを得るきっかけとなります。6人の学生にインタビューしても、その目的は千差万別でした。

目的を明確にして、ぜひインターンシップに挑戦してください!

こちらの記事も参考に!

インターンシップとは? インターンの意味や種類、アルバイトとの違いなどを解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

一歩進んだ営業経験がつめる! コンサルティング業界のインターンシップ5選
コンサルタント

一歩進んだ営業経験がつめる! コンサルティング業界のインターンシ...

やるからには楽しく仕事がしたい!楽しい・雰囲気が良いインターンシップ5選!
まとめ

やるからには楽しく仕事がしたい!楽しい・雰囲気が良いインターンシ...

冬休みインターン/ウィンターインターンのススメ! 【2014年冬版】
インターンについて

冬休みインターン/ウィンターインターンのススメ! 【2014年冬版】

【高校生インターンの特別コラム第7弾!】今話題の「Gunosy」を開発した福島良典さん、吉田宏司さんにインタビュー
エンジニア

【高校生インターンの特別コラム第7弾!】今話題の「Gunosy」を開発し...

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!
企業、業界、職種分析

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!

学生がWEBディレクターを目指す際に求められる資質とは
その他

学生がWEBディレクターを目指す際に求められる資質とは