インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

COOの熱さに惹かれて入社。1からつくれるクルービットの魅力をプログラマーに聞いてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
COOの熱さに惹かれて入社。1からつくれるクルービットの魅力をプログラマーに聞いてみた!

プログラマー D.Sさん

幼少期からパソコンに触れる機会が多かったというDさん。新卒で入社した会社で8年努めた後、クルービットに入社。特にCOOに惹かれて入社したとのこと。実際にどんなところが面白いと感じているのか、現役プログラマーに伺います!


幼い頃からパソコンに触れていた


インタビュアー(以下:イ):Dさんがプログラマーになったきっかけを教えて下さい。


Dさん:はい。父の影響もあり小学生のころからパソコンを触っていました。父がハードウェア系の仕事をしているので。
慣れてきたらHTMLでゲームの攻略サイトをつくったりして遊んでいました。

高校では情報処理部に入って勉強し、大学でも同様に情報処理の勉強をしていました。
その時からプログラミングが生活の一部になっていたので、その後プログラマーになったのも自然な流れでした。

大学卒業後は業務系のシステム開発の会社に入社しました。
そこでの研修については毎年バラバラなのですが、私の時は試用期間中は参考書を読んだり課題を解いたりして、そこから実践を行う、というスタイルでした。
日々の業務については、基本的には仕様書に沿って開発を進めていくというものでした。
医療系のシステムに携わっており、この会社には8年間在籍していました。

COOの熱さに惹かれて入社。

イ:クルービットさんへの入社のきっかけを教えて下さい。

Dさん:転職活動をしている時、たまたまクルービットを見つけました。
面接はCOOがしてくれたのですが、とても情熱的に話す方で、「この人と一緒に仕事がしたい」そう思って入社を決めました。
プログラマーが正当に評価される組織をつくりたい、プロフェッショナル集団をつくりたい、少数精鋭のチームをつくりたいなど・・・全てを伝えきれないですが、とても心を動かされたことを今でも覚えています。




1からつくれる環境が面白い

イ:今はどんなことをされているのですか?

Dさん:前の会社では仕様書に沿って開発していましたが、今は仕様書はなく、お客様と打ち合わせをしてその内容をもとに開発しています。なので、とてもスピード感があり、お客様が何をやりたいのか?といったところ、つまり、要件・仕様を決めるところから携われるのは、やりがいを感じられる部分です。
仕様を決めるところからも含め、1からシステムを構築できるのはとても面白いですが、それは今までになかった大変さでもあります。
疑問に思ったことはすぐに聞くようにしているので、以前に比べメモを取る機会も増えたかと思います。

また、クルービットは研修がとても充実しています。
この研修は開発経験者でも必ず受けるのですが、経験者でもとても勉強になります。
開発は一人で進めますが、先輩がコードレビューをしてくれて、多くのフィードバックをもらえます。

今は営業会社様向けの進捗管理システムの開発や、パーティションメーカー様向けの業務システムの案件に携わっています。要望を聞きながら、形にしていきます。難しいことも多いですが、日々成長できている実感があります。




ずっと技術者でいたい

イ:将来的にはどんなことをしたいですか?

Dさん:自社サービスの開発をしてみたいです。今は受託開発がほとんどなので、やっぱり自分たちの名前がでるサービスをリリースしてみたいと思います。
また、プログラマーは35歳定年説みたいなものがあり、キャリアを重ねるとマネジメント業務に移っていくことが多いのですが、私はずっと技術者でいたいと考えています。プログラミング自体がとても好きなので。

その面で見てもクルービットは自分のやりたいことが実現できるよい環境だと感じてます。

イ:ありがとうございました!


編集後記:
クルービットさんは教育システムがすごいようで、社員の方々の満足度が高い印象を受けました。
またCOOがとても情熱的という話しが印象的でした。プログラマーに対しての想いも熱く、仲間想いで素敵な環境だと感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加