キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

自己PR

効果的に伝えよう!STAR法を使った自己PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
効果的に伝えよう!STAR法を使った自己PR インターンの面接や就活の面接に取り組んでいる学生のみなさん、自己PRはしっかりできていますか?
 
どうやって自己PRを考えたらいいか分からない、上手く話をまとめられないなど、自己PRに多くの学生が悩まされていると思います。
 
そこで今回は、効果的に自分をアピールできる方法を紹介します!
話の構成次第で、一気に自己PRが魅力的に見えますよ!!

STAR法って?

STAR法という言葉、みなさん聞いたことはありますか?
一体どのような方法なのでしょうか。
 
STARとは、Situation(状況)Task(役割)Action(行動)Result(結果)の頭文字です。
過去の出来事について、「どのような状況で、何を担当し、具体的にどのような行動をし、どんな結果を導いたか」という順番に沿って掘り下げていきます。
 
そうすることで、その人の行動特性や思考特性が見えてくるため、入社してから活躍してくれるかどうかというのを採用担当者が見極めることができるのです。
 
つまり、このSTAR法を使ってしっかり話を組み立てていけば、企業側にとって必要な人材であることをアピールすることができます!
 
これまで「私はリーダーシップがあります」とアピールしていた方、しっかりその根拠は示せていましたか?
ただリーダーシップがあると言われても、企業側はそれを確かめることができません。
あなたからその証拠となるエピソードを話していかなければならないのです。
 
そこで、このSTAR法を活用してみてください!
これを基に考えていけば、自然と話の内容は具体的になり、面接官もイメージしやすくなるでしょう。
大事なのは、“一緒に働くイメージができるかどうか”です。

STAR法で自己PRを作ってみよう!

では早速、このSTAR法を自己PRに取り入れてみましょう。
  1. 伝えたいことを決める

自己PRを作る前に、何を企業側に伝えたいかしっかり固めましょう。
これは話の核となる部分です。
ここがブレてしまっては、「結局何が言いたいの?」という事態に陥ってしまいます。
 
リーダーシップをアピールしたいのか、批判的思考力をアピールしたいのか、協調性や根性など、あなたの性質に沿ってアピールポイントを決めましょう!
  1. Situation(状況)を説明する

アピールポイントが決まったら、早速自己PRの作成に入っていきます。
まずはSTARのSです!
 
アピールポイントの根拠となるエピソードを話していくのですが、まずは状況を説明します。ここは簡潔に話しましょう。
 
具体的なエピソードは人それぞれあると思いますが、思いつかない人は、サークルやアルバイト、ゼミ、インターン、留学などの中から、自分のアピールポイントを支える出来事はなかったか探してみましょう。
  1. Task(担当)を説明する

今度は、その状況において、どんな立場にいたのか、どんな役職を任されていたのかを説明します。
ここも簡潔にまとめましょう。
  1. Action(行動)した内容を話す

ここからが非常に重要です。
なぜなら、あなたの行動特性や思考特性がここで見えてくるからです。
 
Actionでは、あなたがその状況で取った行動を話してください。「どうしてその行動を取ったのか」という理由も忘れずに。
 
具体的にイメージできるように、数字などを活用すると良いかもしれません。
 
「毎日一生懸命練習しました」と「毎日2時間、週4日の練習を一年間続けました」というのでは、明らかに後者の方がイメージしやすいですよね。
  1. Result(結果)を話す

最後に、あなたが取った行動から導かれた結果を話します。
 
達成できたこと、あなたが得たもの、考えたことなど、ここも具体的に伝えます。
このResultで採用担当者は、あなたが戦力となれるか、しっかり学べる人かというのを見ています。
 
しかし、必ずしもすごい結果である必要はありません。
大事なのは、結果よりもその過程です。
しっかり自分の頭で考えることを意識しましょう!
 
「どうしてその結果になったのか」「○○が理由であるため次回はこういう風に行動したい」など、分析することが大切です。

会社のニーズと合っているか

いかがでしたでしょうか。
今回は、STAR法というものを紹介しました。
 
STAR法を使う際に考えてもらいたいのが、“会社のニーズに合っているかどうか”ということです。
なぜなら、会社が求めている人材と、あなたのアピールすることがまるでズレていたら、どんなに素晴らしい人でも採用となる確率は低いです。
 
そのため、絶対に入りたいという企業の研究は徹底的にしましょう!
会社のニーズとアピールポイントが一致すれば、採用の確立はグッと上がります!
 
企業研究があってのSTAR法ということを忘れずに!
 
自己PRについてのコラムはこちらも参考にしてみてください↓
『相手の心を掴む!自己PR方法とは』https://careerbaito.com/column/detail/1377

STAR法って?

STAR法という言葉、みなさん聞いたことはありますか?
一体どのような方法なのでしょうか。
 
STARとは、Situation(状況)Task(役割)Action(行動)Result(結果)の頭文字です。
過去の出来事について、「どのような状況で、何を担当し、具体的にどのような行動をし、どんな結果を導いたか」という順番に沿って掘り下げていきます。
 
そうすることで、その人の行動特性や思考特性が見えてくるため、入社してから活躍してくれるかどうかというのを採用担当者が見極めることができるのです。
 
つまり、このSTAR法を使ってしっかり話を組み立てていけば、企業側にとって必要な人材であることをアピールすることができます!
 
これまで「私はリーダーシップがあります」とアピールしていた方、しっかりその根拠は示せていましたか?
ただリーダーシップがあると言われても、企業側はそれを確かめることができません。
あなたからその証拠となるエピソードを話していかなければならないのです。
 
そこで、このSTAR法を活用してみてください!
これを基に考えていけば、自然と話の内容は具体的になり、面接官もイメージしやすくなるでしょう。
大事なのは、“一緒に働くイメージができるかどうか”です。

STAR法で自己PRを作ってみよう!

では早速、このSTAR法を自己PRに取り入れてみましょう。
  1. 伝えたいことを決める

自己PRを作る前に、何を企業側に伝えたいかしっかり固めましょう。
これは話の核となる部分です。
ここがブレてしまっては、「結局何が言いたいの?」という事態に陥ってしまいます。
 
リーダーシップをアピールしたいのか、批判的思考力をアピールしたいのか、協調性や根性など、あなたの性質に沿ってアピールポイントを決めましょう!
  1. Situation(状況)を説明する

アピールポイントが決まったら、早速自己PRの作成に入っていきます。
まずはSTARのSです!
 
アピールポイントの根拠となるエピソードを話していくのですが、まずは状況を説明します。ここは簡潔に話しましょう。
 
具体的なエピソードは人それぞれあると思いますが、思いつかない人は、サークルやアルバイト、ゼミ、インターン、留学などの中から、自分のアピールポイントを支える出来事はなかったか探してみましょう。
  1. Task(担当)を説明する

今度は、その状況において、どんな立場にいたのか、どんな役職を任されていたのかを説明します。
ここも簡潔にまとめましょう。
  1. Action(行動)した内容を話す

ここからが非常に重要です。
なぜなら、あなたの行動特性や思考特性がここで見えてくるからです。
 
Actionでは、あなたがその状況で取った行動を話してください。「どうしてその行動を取ったのか」という理由も忘れずに。
 
具体的にイメージできるように、数字などを活用すると良いかもしれません。
 
「毎日一生懸命練習しました」と「毎日2時間、週4日の練習を一年間続けました」というのでは、明らかに後者の方がイメージしやすいですよね。
  1. Result(結果)を話す

最後に、あなたが取った行動から導かれた結果を話します。
 
達成できたこと、あなたが得たもの、考えたことなど、ここも具体的に伝えます。
このResultで採用担当者は、あなたが戦力となれるか、しっかり学べる人かというのを見ています。
 
しかし、必ずしもすごい結果である必要はありません。
大事なのは、結果よりもその過程です。
しっかり自分の頭で考えることを意識しましょう!
 
「どうしてその結果になったのか」「○○が理由であるため次回はこういう風に行動したい」など、分析することが大切です。

会社のニーズと合っているか

いかがでしたでしょうか。
今回は、STAR法というものを紹介しました。
 
STAR法を使う際に考えてもらいたいのが、“会社のニーズに合っているかどうか”ということです。
なぜなら、会社が求めている人材と、あなたのアピールすることがまるでズレていたら、どんなに素晴らしい人でも採用となる確率は低いです。
 
そのため、絶対に入りたいという企業の研究は徹底的にしましょう!
会社のニーズとアピールポイントが一致すれば、採用の確立はグッと上がります!
 
企業研究があってのSTAR法ということを忘れずに!
 
自己PRについてのコラムはこちらも参考にしてみてください↓
『相手の心を掴む!自己PR方法とは』https://careerbaito.com/column/detail/1377
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

デザイナーインターン生は知っておきたい!2014年のデザイントレンドまとめ
デザイナー

デザイナーインターン生は知っておきたい!2014年のデザイントレンド...

インターンの面接で聞かれる定番の質問と好印象な答え方
質問対処法

インターンの面接で聞かれる定番の質問と好印象な答え方

就活は見た目が9割?!好印象なESの写真の撮り方
エントリーシート(ES)

就活は見た目が9割?!好印象なESの写真の撮り方

これが決め手!インターンの履歴書とエントリーシートの書き方
エントリーシート(ES)

これが決め手!インターンの履歴書とエントリーシートの書き方

第一印象は大事!「できるやつ」と思わせるための自己紹介の方法
自己紹介

第一印象は大事!「できるやつ」と思わせるための自己紹介の方法

集英社、小学館、講談社。出版大手3社の比較!
企業、業界、職種分析

集英社、小学館、講談社。出版大手3社の比較!

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都
創作欲が刺激される環境です

株式会社ユナイテッドスクエア

NEW!

【会社】 株式会社ユナイテッドスクエアは、東京・代官山にオフィスを構える広告代理店です。 music.jpのCM・・・

東京都
お客様は何を求めているのか?問題解決力を磨こう。

ビーモーション株式会社【東京】

NEW!

■ビーモーションとは "家電メーカーとお客様をつなぐ" "メーカーの想いを伝えるプロ集団" それがビーモーションで・・・

神奈川県
お客様は何を求めているのか?問題解決力を磨こう。

ビーモーション株式会社【神奈川】

NEW!

■ビーモーションとは "家電メーカーとお客様をつなぐ" "メーカーの想いを伝えるプロ集団" それがビーモーションで・・・

東京都
だまし絵です。元気な人に見えたり、サイコロにしがみついている人に見えたり。

カレイドソリューションズ株式会社

NEW!

カレイドソリューションズ株式会社は、 「ゲームを用いた研修」を扱う、業界のパイオニア企業です。 弊社のあらゆる業務に・・・

東京都
(代表者メッセージ)WEBマーケティングで世界を動かす。そんな力を身に付けたい方の応募を待っています。

株式会社EXIDEA【マーケティング】

NEW!

当社EXIDEAは、Webマーケティング歴13年という代表の小川が立ち上げた日本では珍しいグロースハッカーが中心に活躍す・・・