キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

履歴書

今さら聞けない!履歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今さら聞けない!履歴書の書き方 インターンや就活で必ず必要なもの、それは履歴書です!
 
当たり前すぎて、正しく書けていない学生は悪目立ちしてしまいます。
社会人の仲間入りをするための第一歩としても、きちんと書きたいですよね。
 
そこで今回は、今さら聞けない履歴書の書き方について、基本から説明していきます。
初めて書くという人は、是非参考にしてください!

履歴書を準備しよう


まずは、履歴書を用意してください。
 
ここでみなさんにおすすめしたいのが、市販のものではなく“大学指定”の履歴書を使うことです。
大学指定であれば、履歴書に大学名が印字されているため、インターンや就活で使う際に役立ちます!
 
また、市販のものよりも「学歴・職歴」欄が小さく、「志望動機」「資格」「趣味・特技」欄が大きくなっています。これは就活などで使うことが想定されているためです。
その方が学生にとっても使いやすいですよね。
 
そのため、絶対にということではないですが、用意できるのであれば大学指定の履歴書にすると良いでしょう。

履歴書を書こう

いよいよ、履歴書を作っていきます。
  1. 写真

写真は第一印象を左右するため、非常に重要です!
しっかり準備しましょう。
意識するのは、「爽やか」「清潔感」です。
 
そして、スピード写真ではなく、“写真館”で撮ることをおすすめします。
やはり、プロが撮る写真は違います。
就活という人生の大勝負では気合を入れましょう!
 
履歴書に貼る写真は通常3か月以内に撮影したものなので、注意が必要です。
また、写真の裏には、剝がれてしまったときのために氏名や大学名を書いておきましょう。
 
写真は両面テープで貼ると上手く貼れますよ!
  1. 印鑑

印鑑は必ず"最初に"押しましょう。
なぜなら、押し忘れる可能性があるからです。
また、折角すべて書き終わったのに、最後の印鑑で失敗すると、書き直しの可能性もあるからです。
 
そうならないためにも、履歴書を記入する前に印鑑を押してください!
  1. 日付

日付は、郵送で提出する場合は投函日、面接で持参する場合は面接日です。
書いた日付を書かないよう注意が必要です!
  1. 基本情報

氏名や生年月日、住所等を履歴書に沿って書いていきましょう。
「ふりがな」と書かれている場合はひらがなで、「フリガナ」と書かれている場合はカタカナで書いてください。
 
住所は都道府県名から書き、マンション名も略さずに書きます。
「-」ではなく、「丁目、番、号」を用いて書きましょう。
 
メールアドレスは、企業から添付ファイルが届くこともあるので、できるだけパソコンのアドレスを記入しましょう。
 
そして、アドレス名も注意が必要です。
”happy”や”forever”など、お気に入りの単語を使用するのは避けましょう。あくまでも、就活生であることを忘れずに!
就活用のアドレスを作ると良いです。
  1. 学歴・職歴

元号や西暦は、履歴書全体で統一しましょう。
 
学歴は、中学校卒業から書きます。
「高校」は「高等学校」と書きましょう。
そして、「○○大学□□学部△△学科卒業見込み」も忘れずに!
 
職歴は、基本的にアルバイトの経験を含みません。
そのため、学生の場合は「なし」と記入しましょう。
 
ただし、アルバイト期間が長い場合(1年以上)や応募企業で活かせる能力を身に付けている場合は、記入してもいいです。
その場合は、社名のあとに(アルバイト)と書きましょう。
  1. 趣味・特技・資格・免許

趣味や特技は、一見採用には関係なさそうですが、面接で会話のきっかけになります!
自分をアピールすることを考えて書いてください。
 
資格は正式名称で書き、取得年月も書きましょう。
ここで注意すべきなのは、アピールにならないものは書かないということです。
例えば、英検3級は中学レベルなので、書く必要はありません。
 
また、勉強中の資格を書くのもOKです!
  1. ゼミナールの研究・得意な学科

ここでは、あなたの知識やスキルが仕事に活かせるか、どのような考え方を持っているかなどが見られます。
 
そのため、どのような目的意識・問題意識を持って研究に取り組んでいるか、学科で学んだことを何に活かしたいかなども書きましょう。
  1. 学業以外の取り組み

ここで、サークル活動やアルバイト経験について書きます。
インターンをしている人は積極的に書きましょう。
 
ただ事実を列挙するだけではなく、どのように努力したか、どんな困難があったか、それをどのように乗り越えたかなども記入してください。
事実だけでは、採用担当者の印象に残りません。
  1. 自己PR

自己PRはただ能力やスキルの自慢をするのではなく、それがどのように仕事に活かせるかに繋げる必要があります。
そして、その事実を裏付ける具体的なエピソードも忘れずに書きましょう。
 
ここで重要なのは、“説得力”です。
結論→理由の順番に、あなたのPRポイントを採用担当者に納得させてください!
 
自己PRについては、こちらの記事も参考にしてみてください。
「相手の心を掴む!自己PR方法とは」https://careerbaito.com/column/detail/1377
  1. 志望動機

ここでは、あなたがその企業でなくてはならない理由を書きます。
あなたと企業との“必然性”が重要です。
 
そのため、どこの企業でも使いまわせるような志望動機は絶対にNGです!
必ず、一つの企業に対してオリジナルなものを書きましょう。
  1. 本人希望記入欄

ここは、「貴社規定に従います。」と書くのが一般的です。
新卒採用の場合は、間違っても勤務条件について希望を出してはいけません。

丁寧に書こう

いかがでしたでしょうか。
今回は、基本の履歴書の書き方について紹介しました。
 
これらのことをきちんと守ったうえで、あとは気持ちを込めて丁寧に書きましょう。
熱意があるかないかは、字を見ただけで分かります。
 
履歴書を手に取る人に、字からあなたの熱意を伝えましょう!

履歴書を準備しよう


まずは、履歴書を用意してください。
 
ここでみなさんにおすすめしたいのが、市販のものではなく“大学指定”の履歴書を使うことです。
大学指定であれば、履歴書に大学名が印字されているため、インターンや就活で使う際に役立ちます!
 
また、市販のものよりも「学歴・職歴」欄が小さく、「志望動機」「資格」「趣味・特技」欄が大きくなっています。これは就活などで使うことが想定されているためです。
その方が学生にとっても使いやすいですよね。
 
そのため、絶対にということではないですが、用意できるのであれば大学指定の履歴書にすると良いでしょう。

履歴書を書こう

いよいよ、履歴書を作っていきます。
  1. 写真

写真は第一印象を左右するため、非常に重要です!
しっかり準備しましょう。
意識するのは、「爽やか」「清潔感」です。
 
そして、スピード写真ではなく、“写真館”で撮ることをおすすめします。
やはり、プロが撮る写真は違います。
就活という人生の大勝負では気合を入れましょう!
 
履歴書に貼る写真は通常3か月以内に撮影したものなので、注意が必要です。
また、写真の裏には、剝がれてしまったときのために氏名や大学名を書いておきましょう。
 
写真は両面テープで貼ると上手く貼れますよ!
  1. 印鑑

印鑑は必ず"最初に"押しましょう。
なぜなら、押し忘れる可能性があるからです。
また、折角すべて書き終わったのに、最後の印鑑で失敗すると、書き直しの可能性もあるからです。
 
そうならないためにも、履歴書を記入する前に印鑑を押してください!
  1. 日付

日付は、郵送で提出する場合は投函日、面接で持参する場合は面接日です。
書いた日付を書かないよう注意が必要です!
  1. 基本情報

氏名や生年月日、住所等を履歴書に沿って書いていきましょう。
「ふりがな」と書かれている場合はひらがなで、「フリガナ」と書かれている場合はカタカナで書いてください。
 
住所は都道府県名から書き、マンション名も略さずに書きます。
「-」ではなく、「丁目、番、号」を用いて書きましょう。
 
メールアドレスは、企業から添付ファイルが届くこともあるので、できるだけパソコンのアドレスを記入しましょう。
 
そして、アドレス名も注意が必要です。
”happy”や”forever”など、お気に入りの単語を使用するのは避けましょう。あくまでも、就活生であることを忘れずに!
就活用のアドレスを作ると良いです。
  1. 学歴・職歴

元号や西暦は、履歴書全体で統一しましょう。
 
学歴は、中学校卒業から書きます。
「高校」は「高等学校」と書きましょう。
そして、「○○大学□□学部△△学科卒業見込み」も忘れずに!
 
職歴は、基本的にアルバイトの経験を含みません。
そのため、学生の場合は「なし」と記入しましょう。
 
ただし、アルバイト期間が長い場合(1年以上)や応募企業で活かせる能力を身に付けている場合は、記入してもいいです。
その場合は、社名のあとに(アルバイト)と書きましょう。
  1. 趣味・特技・資格・免許

趣味や特技は、一見採用には関係なさそうですが、面接で会話のきっかけになります!
自分をアピールすることを考えて書いてください。
 
資格は正式名称で書き、取得年月も書きましょう。
ここで注意すべきなのは、アピールにならないものは書かないということです。
例えば、英検3級は中学レベルなので、書く必要はありません。
 
また、勉強中の資格を書くのもOKです!
  1. ゼミナールの研究・得意な学科

ここでは、あなたの知識やスキルが仕事に活かせるか、どのような考え方を持っているかなどが見られます。
 
そのため、どのような目的意識・問題意識を持って研究に取り組んでいるか、学科で学んだことを何に活かしたいかなども書きましょう。
  1. 学業以外の取り組み

ここで、サークル活動やアルバイト経験について書きます。
インターンをしている人は積極的に書きましょう。
 
ただ事実を列挙するだけではなく、どのように努力したか、どんな困難があったか、それをどのように乗り越えたかなども記入してください。
事実だけでは、採用担当者の印象に残りません。
  1. 自己PR

自己PRはただ能力やスキルの自慢をするのではなく、それがどのように仕事に活かせるかに繋げる必要があります。
そして、その事実を裏付ける具体的なエピソードも忘れずに書きましょう。
 
ここで重要なのは、“説得力”です。
結論→理由の順番に、あなたのPRポイントを採用担当者に納得させてください!
 
自己PRについては、こちらの記事も参考にしてみてください。
「相手の心を掴む!自己PR方法とは」https://careerbaito.com/column/detail/1377
  1. 志望動機

ここでは、あなたがその企業でなくてはならない理由を書きます。
あなたと企業との“必然性”が重要です。
 
そのため、どこの企業でも使いまわせるような志望動機は絶対にNGです!
必ず、一つの企業に対してオリジナルなものを書きましょう。
  1. 本人希望記入欄

ここは、「貴社規定に従います。」と書くのが一般的です。
新卒採用の場合は、間違っても勤務条件について希望を出してはいけません。

丁寧に書こう

いかがでしたでしょうか。
今回は、基本の履歴書の書き方について紹介しました。
 
これらのことをきちんと守ったうえで、あとは気持ちを込めて丁寧に書きましょう。
熱意があるかないかは、字を見ただけで分かります。
 
履歴書を手に取る人に、字からあなたの熱意を伝えましょう!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

周りに差をつける!1年生からのインターン
体験談

周りに差をつける!1年生からのインターン

企画職志望の学生必見!その仕事内容とは!?
企画/マーケティング

企画職志望の学生必見!その仕事内容とは!?

相談会に来た3人の学生に聞く、インターンを始める前のよくある疑問・悩み
準備・心構え

相談会に来た3人の学生に聞く、インターンを始める前のよくある疑問・...

デザイナーになりたい大学生へ!実務経験を積むならインターンシップがおすすめ
デザイナー

デザイナーになりたい大学生へ!実務経験を積むならインターンシップ...

【就活生に知ってほしい】面接における論理的な話し方のポイント
コツ、テクニック

【就活生に知ってほしい】面接における論理的な話し方のポイント

学生がWEBディレクターを目指す際に求められる資質とは
その他

学生がWEBディレクターを目指す際に求められる資質とは

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都
社員の仲の良さが売りです!!

株式会社FACTBASE

NEW!

~仮想通貨のビックデータを整理し尽くし、新たな価値を生み出す情報コンテンツを創る〜 仮想通貨の普及により金融の仕組みが・・・

東京都
いろいろな経験を持つ先輩がインターン生一人一人にメンターとしてつきます。

株式会社日本土地建物

NEW!

日本土地建物は大手不動産会社で法人仲介のビジネスを手掛けていた神山が2003年に立ち上げた設立10年目の投資不動産事業を・・・

東京都
芝生を敷き詰めたオフィスで毎日ディスカッションを繰り広げます!

株式会社ユニラボ

NEW!

発注業者比較サイト『アイミツ』は、世の中のあらゆる業界を網羅したB2Bビジネスの比較・発注サイトです。 システム開発、・・・

東京都
2014年に設立されたばかりのベンチャー企業です!挑戦する人を全力で応援します!

株式会社サムライソウル

NEW!

株式会社サムライソウルはリクルート出身の代表(36歳)が2014年6月に立ちあがったばかりの人材ベンチャー企業です。 ・・・

東京都
現在活躍中のインターン生たち!どんどん新しいことに挑んでください!

エン・ジャパン株式会社

NEW!

エン・ジャパン株式会社は、東証一部に上場しており、日本最大級の転職サイト『エン転職』による人材の採用から、教育・評価まで・・・