キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

事前準備の方法

面接前何をする!?待合室での過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
面接前何をする!?待合室での過ごし方 面接が始まる前の待ち時間、かなり長いこともありますよね。
みなさんは面接前の待合室で、どのように過ごしているでしょうか?
 
リラックスするために音楽を聴いていますか?
それとも、直前までスマホを見ていますか?
 
実は、みなさんの待合室での行動、全てチェックされています!!
上記のような行動は、マイナス評価に繋がりかねません…
 
実際、最後に残った2人で採用を迷っていて、どちらか一人に決めなくてはならない場合、面接官が待合室にいた社員に学生の様子を聞いて判断するという話がよくあります。
 
周囲の子とおしゃべりばかりしていた子と、就活ノートを見直していた子、どちらの学生と一緒に働きたいでしょうか?
おそらくは、後者の学生が採用されるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、面接前の待合室での過ごし方について、お話していきます。
面接を控えた学生さん、必見ですよ!

油断しない

まずは大前提として、待合室での様子も見られていることを念頭に置いておきましょう。
 
多くの学生は、面接を基に合否が決まると思っていますが、実は面接前から既に、試験は始まっているようなものなのです。
 
なぜなら、面接ではほとんどの学生が自分を良く見せようと演技をしています。
話し方や言葉遣い、態度など、普段よりも意識して気を付けていますよね。
 
面接官もそれは重々承知しています。
だからこそ、面接の時と待合室での態度にギャップがあったら、「この学生の普段の態度はこういう感じなんだ」と悪い印象を与えてしまうのです。
 
これは待合室に限る話ではありません。
 
例えば、あなたは面接前にカフェで、机に突っ伏して居眠りをしていたとします。
もしそこに、これから会う面接官がいたとしたらどうでしょうか。
 
あなたの行動が面接官に深い印象を与えていた場合、面接であなたが現れたときには、「さっきカフェで居眠りしていた子だ」と思い出すかもしれません。
 
これは帰り道も同じです。
「面接ではあんなに良さそうな子だったのに、普段の姿はこんな感じなんだ」とガッカリされる可能性だってあります。
つまり、面接前も後も気が抜けない状態です。
 
そのため、面接がある日は家から出た瞬間、自分のスイッチを入れましょう。
そして家に帰るまで、そのスイッチをONにする必要があります。
 
かなり大変だとは思いますが、面接以外の行動で不合格になるよりは良いと思います。
自分のためだと思って、頑張りましょう!

待合室でのNGな行動

続いて、待合室でやってはいけない行動を見ていきましょう!
明確に決められたルールはありませんが、これを面接官が知ったら悪い印象を与えてしまいます。
  1. スマホをいじる

スマホは会場に入ったら、電源を切りましょう!
 
スマホでニュースを見ていたとしても、その内容は傍から見たら分かりません。
ゲームをやっていると思われてしまっても、仕方がないのです。
 
変な誤解を与えないためにも、スマホは鞄の中にしまっておきましょう。
  1. 周りとおしゃべりをする

面接前に周りの人とおしゃべりをしている学生は、「緊張感がないな」と思われてしまいます。
また、この行動は他の就活生にも迷惑をかけてしまいます。
静かに精神統一をさせたい人も中にはいるでしょう。
 
そのため、面接前の緊迫した空気を壊すような私語は厳禁です。
入室した際の挨拶程度に留めておきましょう。
  1. 居眠りをする

さすがに、これから面接が始まるのに居眠りをする人はいないと思いますが、これも絶対にやってはいけません。
おしゃべりをするのと同様、緊張感がないと思われてしまいます。
 
しかし、連日の就活で寝不足の人も中にはいるでしょう。
そんな時は、ミント系の清涼菓子で何とか踏ん張りましょう。
ただし、ガムはやめておいた方が良いです。

待合室での過ごし方例

では、どのように過ごしていたら良いのでしょうか?
 
これといった正解はありませんが、いくつか過ごし方の例を挙げていきますね。
  1. 面接のシミュレーションをする

多くの学生は、これからある面接のシミュレーションをしています。
自己紹介を頭の中でやってみたり、どんな質問がくるか想定をしてそれに対する答えを考えたり…
 
このように待合室から面接モードに入ることで、心の準備ができるので余裕を持って面接に臨むことができます。
 
そして、面接のシミュレーションをする上で大切なのは、“成功している姿を想像する”ことです。
自分の伝えたいことを上手く伝えられて、面接官の反応も良い、このようなことを想像しましょう!
逆に、失敗している姿を想像するのはNGです!
それをそのまま面接に引きずってしまう可能性があるからです。
  1. 精神統一をさせる

こちらは、一切面接のことも考えず、ただただ精神を一つに集中させます。
余計な雑念を捨て、心を無の状態にしましょう!
 
そうすることで心がリフレッシュされ、面接でも力を発揮できるはずです!
  1. 新聞をチェックする

こちらは、マスコミ関係を志望している学生さんに、おすすめの過ごし方です。
面接では必ずと言っていいほど、「最近気になるニュースはありますか?」や「今日の一面は何でしたか?」などという質問がされます。
 
それに対応するためにも、当日の新聞を待合室で読んでおくと良いでしょう。
また、以前から新聞のスクラップをしているのであれば、それを見直すこともおススメです。
話のタネになるだけでなく、その姿を見ている採用担当者に好印象を与えることができます!

最後に

いかがでしたでしょうか。
今まで、何も考えずに過ごしていたという方は、少し自分の行動を見直してもみても良いかもしれません。
 
“日頃のちょっとした行いも大きな結果を生み出す”
 
まさに就職活動において、上記のことが言えるのではないでしょうか?
是非、見られているという意識を忘れずに、面接を乗り切ってください!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

社会経験が積めるうえ、業務を通じて見えてくる、新たな興味や可能性が必ずあると思います|フェリス女学院大学 葛西 瑞穂
体験談

社会経験が積めるうえ、業務を通じて見えてくる、新たな興味や可能性...

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNGワード
営業

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNG...

ひらめき力に自信のない大学生エンジニアに知ってほしいアイデアメイキング手法!アイデアもロジカルに発想する!
エンジニア

ひらめき力に自信のない大学生エンジニアに知ってほしいアイデアメイ...

事前準備で8割が決まる!? インターン面接における採用への近道
事前準備の方法

事前準備で8割が決まる!? インターン面接における採用への近道

アルバイトとは違う!接客業をインターンでやる理由
その他

アルバイトとは違う!接客業をインターンでやる理由

就活生に知っていてもらいたい面接における論理的な話し方のポイント
コツ、テクニック

就活生に知っていてもらいたい面接における論理的な話し方のポイント