キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

自己分析

就活を始めるなら、まずは自己分析から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活を始めるなら、まずは自己分析から! 「さあ、就活だ!」と業界研究や企業研究をする学生さんは多いと思います。
 
しかし、忘れてはいませんか?
自分がどういう人なのか、自分の適性は何か。
この忘れがちな“自己分析”こそ、就活での肝となってくるのです。
 
しかし、「どうやって自己分析したらいいか分からない」という方は多いと思います。
自分を分析すると言っても、抽象的すぎてなかなか手を付けられないですよね。
 
そこで今回は、具体的な自己分析の方法を紹介していきます!
「まぁ、いいか」と通り過ぎないで、必ず自分と向き合ってください!

自己分析の目的

では、どうしてそこまでして自己分析をする必要があるのでしょうか?
まずは、その目的を見ていきましょう!
  1. 自分の適性を知る

既に志望業界や志望企業が決まっている学生さんは問題ないのですが、まだ何も的を絞れていないという方は、この自己分析を基に自分の適性を知ることができます。
 
自分がこれまで何にやりがいを感じていたか、どんなことにモチベーションが上がっていたかなどを知ることで、自分に合っている業界が少しは見えてきます。
  1. 志望動機の軸を見つける

エントリーシートでは必ずと言っていいほど、志望動機を書きます。
どうして入社を希望するのか、目指すきっかけとなったのは何かなどです。
そしてそれらを基に、企業側は学生に熱意があるか、将来活躍する伸びしろはあるかを見ていくのです。
 
しかしこれらのことは、自分がどんな人で何に興味を持っていて将来どうなりたいかをしっかり認識していなければ、書くことができません。
そのために、自己分析をする必要があるのです。
  1. 将来のビジョンを明確にする

企業が学生を選考するときに見ているのが、学生の“将来像”です。
将来活躍してくれそうか、会社を引っ張っていってくれそうか。
 
これらのことは、「御社に入社したら○○をやりたい」などの学生が語るビジョンの説得力にかかっています。

自己PRや志望動機を述べる際に、未来のことについて話す学生は多いですが、「どうしてそのビジョンになったの?」と疑問符が残ってしまうものも多いです。
これでは、「思い付きで受けに来たのかな」「どうせ数多く受けているうちの一つなんだろうな」という悪い印象を面接官に与えてしまいます。
 
そうならないためにも、将来のビジョンには説得力が必要です。
説得力を持たせるためには、過去・現在・未来の“一貫性”が重要になってきます。
そしてこの一貫性を見つけるためには、やはり自己分析しか方法はありません。

 
以上の1~3が、自己分析の主な目的です。これらは、就活をする上では大前提となるものですよね。
必ず自分の納得する業界・職種、志望動機、将来像を見つけてから、就活を始めましょう!

どうやってやるの?自己分析の方法

では、本日の本題でもある、具体的な方法を紹介していきます!
今回は2つの方法を取り上げます。
  1. 自分史

これは自己分析の方法で最も一般的なものだと思います。
自分が生まれたときから現在まで、自分の歴史を書き出していく方法です。
 
ここで重要なのは、ただ事実だけを書かないことです。
「中学でサッカー部に入り、県大会で優勝した」これは事実ですよね。
それにプラスして、努力したことやどのように厳しい練習に耐えたかなど、優勝に辿り着くまでの過程やその時の心情なども思い出しながら書いていきましょう。
 
そして、自分史を書く上で意識してもらいたいのが、“なぜ”です。
「なぜここでこの選択をしたのか」
選択に至った理由こそが自分史では大切です。
 
なぜなら、自分は何を基準に人生の選択をしているかということが分かり、それは職業選択のときも変わらないからです。
自分のことがよく分からないという人も、自分の行動を支えている根本の思想に気づくことができれば、少しは見えてくるのではないでしょうか?
 
株式会社ウィルさん(http://www.wills.co.jp/)が自分史作成のワークシートをアップしていました。
是非参考にしてみてください!
 

  1. マインドマップ

マインドマップは、大学でも使う機会が多いと思いますが、これを自己分析にも適用していきます。
 
やることは、自分史と同様、自分のことに関することをどんどん書き出していきます。
真ん中に“自分”と書き、部活・趣味・アルバイトなど、思いつくものを結び付けて書き出してみましょう!
 
自分史と違うのは、時系列に沿っていないという点です。
そのため、自分史だけでは見えてこなかった、これまでの経験の関連性などを発見することもできます。

(出典:https://biz.moneyforward.com/blog/business-hack/idea-framework/

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、2つの自己分析方法を紹介しました。
 
自分史は、これまでの流れを系列的に見ることができます。
マインドマップは、物事の関連性を視覚的に見ることができます。
どちらか自分に合う方法で自己分析してみてください!
 
もしくは、自分史とマインドマップの両方やってみることもおすすめです!
併用してやることで、より具体的に分析することができますし、違う視点から自分を見ることができます。
 
「自分はこういう人生を歩んできてこういう人間です」と、面接で堂々と言えるように、自己分析はしっかりやっていきましょう。
必ず、後々の就活で役立ちますよ!

自己分析の目的

では、どうしてそこまでして自己分析をする必要があるのでしょうか?
まずは、その目的を見ていきましょう!
  1. 自分の適性を知る

既に志望業界や志望企業が決まっている学生さんは問題ないのですが、まだ何も的を絞れていないという方は、この自己分析を基に自分の適性を知ることができます。
 
自分がこれまで何にやりがいを感じていたか、どんなことにモチベーションが上がっていたかなどを知ることで、自分に合っている業界が少しは見えてきます。
  1. 志望動機の軸を見つける

エントリーシートでは必ずと言っていいほど、志望動機を書きます。
どうして入社を希望するのか、目指すきっかけとなったのは何かなどです。
そしてそれらを基に、企業側は学生に熱意があるか、将来活躍する伸びしろはあるかを見ていくのです。
 
しかしこれらのことは、自分がどんな人で何に興味を持っていて将来どうなりたいかをしっかり認識していなければ、書くことができません。
そのために、自己分析をする必要があるのです。
  1. 将来のビジョンを明確にする

企業が学生を選考するときに見ているのが、学生の“将来像”です。
将来活躍してくれそうか、会社を引っ張っていってくれそうか。
 
これらのことは、「御社に入社したら○○をやりたい」などの学生が語るビジョンの説得力にかかっています。

自己PRや志望動機を述べる際に、未来のことについて話す学生は多いですが、「どうしてそのビジョンになったの?」と疑問符が残ってしまうものも多いです。
これでは、「思い付きで受けに来たのかな」「どうせ数多く受けているうちの一つなんだろうな」という悪い印象を面接官に与えてしまいます。
 
そうならないためにも、将来のビジョンには説得力が必要です。
説得力を持たせるためには、過去・現在・未来の“一貫性”が重要になってきます。
そしてこの一貫性を見つけるためには、やはり自己分析しか方法はありません。

 
以上の1~3が、自己分析の主な目的です。これらは、就活をする上では大前提となるものですよね。
必ず自分の納得する業界・職種、志望動機、将来像を見つけてから、就活を始めましょう!

どうやってやるの?自己分析の方法

では、本日の本題でもある、具体的な方法を紹介していきます!
今回は2つの方法を取り上げます。
  1. 自分史

これは自己分析の方法で最も一般的なものだと思います。
自分が生まれたときから現在まで、自分の歴史を書き出していく方法です。
 
ここで重要なのは、ただ事実だけを書かないことです。
「中学でサッカー部に入り、県大会で優勝した」これは事実ですよね。
それにプラスして、努力したことやどのように厳しい練習に耐えたかなど、優勝に辿り着くまでの過程やその時の心情なども思い出しながら書いていきましょう。
 
そして、自分史を書く上で意識してもらいたいのが、“なぜ”です。
「なぜここでこの選択をしたのか」
選択に至った理由こそが自分史では大切です。
 
なぜなら、自分は何を基準に人生の選択をしているかということが分かり、それは職業選択のときも変わらないからです。
自分のことがよく分からないという人も、自分の行動を支えている根本の思想に気づくことができれば、少しは見えてくるのではないでしょうか?
 
株式会社ウィルさん(http://www.wills.co.jp/)が自分史作成のワークシートをアップしていました。
是非参考にしてみてください!
 

  1. マインドマップ

マインドマップは、大学でも使う機会が多いと思いますが、これを自己分析にも適用していきます。
 
やることは、自分史と同様、自分のことに関することをどんどん書き出していきます。
真ん中に“自分”と書き、部活・趣味・アルバイトなど、思いつくものを結び付けて書き出してみましょう!
 
自分史と違うのは、時系列に沿っていないという点です。
そのため、自分史だけでは見えてこなかった、これまでの経験の関連性などを発見することもできます。

(出典:https://biz.moneyforward.com/blog/business-hack/idea-framework/

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、2つの自己分析方法を紹介しました。
 
自分史は、これまでの流れを系列的に見ることができます。
マインドマップは、物事の関連性を視覚的に見ることができます。
どちらか自分に合う方法で自己分析してみてください!
 
もしくは、自分史とマインドマップの両方やってみることもおすすめです!
併用してやることで、より具体的に分析することができますし、違う視点から自分を見ることができます。
 
「自分はこういう人生を歩んできてこういう人間です」と、面接で堂々と言えるように、自己分析はしっかりやっていきましょう。
必ず、後々の就活で役立ちますよ!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

インターンで身に付く!?成功している社会人が持つ5つの能力
インターンについて

インターンで身に付く!?成功している社会人が持つ5つの能力

押さえておこう!企業がインターン生に求めていること
準備・心構え

押さえておこう!企業がインターン生に求めていること

インターンで失敗!トラブル対処の鉄則とは!?
心構え、行動

インターンで失敗!トラブル対処の鉄則とは!?

何事も始めるに早すぎるなんてことはない|立教大学 阿部 哲
体験談

何事も始めるに早すぎるなんてことはない|立教大学 阿部 哲

文系学部在籍でもエンジニアやデザイナーになるには?
エンジニア

文系学部在籍でもエンジニアやデザイナーになるには?

インターンシップの探し方を徹底分析!興味のある企業の見つけ方10選
まとめ

インターンシップの探し方を徹底分析!興味のある企業の見つけ方10選

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都

アウモ株式会社(グリー100%子会社)

NEW!

おでかけメディア『aumo』のコンテンツ制作&編集スタッフを大募集!! 最新の旅行スポットやグルメ情報をWebメディア・・・

東京都

株式会社講談社

NEW!

【会社】 変化と革新が続く出版界。100年の歴史を持つ講談社ですが、デジタルへの挑戦は業界随一と自負しています。もっと・・・

東京都
私たちと一緒に会社を盛り上げていきましょう!

株式会社じょぶれい(コンサルティング業務)

NEW!

▼このインターンの魅力  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 家電量販店・携帯ショップ・モールなどで、店員さんに相談して解決できた・・・

東京都
社内は風通しが良く、メンバーの仲もいいです!

株式会社じょぶれい(プロモーション業務)

NEW!

▼どんなインターン  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 家電量販店、携帯ショップ、モールなどで抽選会やビンゴ大会をいたことはありませ・・・

東京都
日本と海外の架け橋として非常にやりがいのある仕事です。

株式会社CyberZ【海外事業部】(サイバーエージェントグループ)

NEW!

【海外事業について】 昨今、海外スマホプロモーションのニーズは非常に多くなっており、 企業のグローバル進出が急激に進・・・