キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

質問対処法

インターンの面接で聞かれる定番の質問とその対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンの面接で聞かれる定番の質問とその対策法 インターンシップに参加するためには、面接をクリアしなければなりません。
面接での受け答えが、合否を左右するのです。

そこで重要なのが、企業の意図を知ることです。
面接での質問には、質問に込められた企業側の意図が必ずあります。
この質問によって、企業が何を知りたがっているかを読み取ることが大切です。

今回は、この企業の意図を考慮しつつ、質問の好印象な答え方を紹介していきます!

定番の質問3選

今回は、特によく聞かれる定番の質問を3つに厳選して紹介していきます。

1.   「なぜ我が社のインターンシップに参加したいのですか?」

これは、ほとんどの企業が、面接で聞く質問ではないでしょうか。

この質問の意図は、「どんな想いでインターンに参加しようと思ったのか」「熱意はあるのか」を学生から聞くためです。
企業も通常の業務と平行して学生を受け入れてインターンプログラムを実施するため、それなりの負担がかかります。
そのため、できるだけやる気のある学生を採用したいのが本音です。

逆に言えば、インターン先の企業のことをあまり調べていない、やる気のない学生を落とすための質問であると言えるでしょう。
中途半端な気持ちで面接に行ったらすぐにばれてしまいます。

対策としては、企業への単なる憧れや表面的なイメージだけではなく、ある程度その企業の事業内容や業界での状況、売上高の状況などを調べておくと良いでしょう。

また、どんな企業にも課題や目標があり、そこに向かって日々成長を続けています。
ですから、現在その企業がどんなことに重点をおいているのかを知っておき、志望動機にからめて話すとよいでしょう。
そして、その企業で自分が何を学びたいかを謙虚さをもってアピールしてください。

いずれにせよ、どうしてこのインターンシップに参加をしたいのか、しっかり考えてから臨むことが大切です!

2.   「自己PRをしてください」

「自己PRをしてください」といった質問もよく聞かれます。
この質問には、「あなたがインターンに参加するだけの力量がある人か?」という意味合いがあります。
あなたがどれだけインターンで頑張れそうな人材なのか、どれだけの力を持った学生なのかということを、この質問を通して探ろうとしているのです。

ぜひ、自分を魅力的に売り込んでほしいのですが、ひとりよがりで説得力のない回答にならないよう注意が必要です。
例えば「わたしは英語が得意です」ということが自己PRだったとします。しかし、ただ「英語が得意だ」と言っても何の説得力もありません。

そこに、英語を勉強しようと思った「きっかけ」と努力して勉強をした「実行」、さらにはその後どうなったかなどの「結果」を加えてみましょう。
「海外留学をきっかけに、1日5時間勉強し、TOEICの点数を300点アップさせ、外国人との交友関係を広げました」

このような自己PRは、「きっかけ」→「実行」→「結果」というプロセスを踏んでいるので、ひとりよがりになっておらず、自分を存分にアピールできていると言えるでしょう。

ただ得意なことをアピールするのではなく、努力をしたという”過程”が重要です。
なぜなら、「この人は努力をして英語を話せるようになって、それを活用しているんだな」という説得性が増すからです。

PRすることは何でも構いません。あくまでも相手にそれが伝わるように、論理的に話すことを意識しましょう。

3.   「学校では何を勉強していますか?」

あなたの人となりを聞く質問として、学校生活のことを尋ねる質問もよくあります。
自分の学校での専攻について、知識のない人でもわかりやすいように説明してあげる必要があります。

そして、面接での回答はすべて“自分を売り込むもの”だということを忘れないでください。

自分の学業の話を、今回のインターン参加の理由に結びつけたりするのも一つの手です。
また、自分が勉強を通してこう変わったなど、自分の心情や価値観を加えると、企業の知りたい人となりを伝えることができます

さらに、人となりを聞く質問では「最近一番関心を持っているニュースを教えてください」「最近読んだ本は何ですか?」などの時事ネタもあります。
これらの質問も取り上げるニュースや本が大切なのではなく、取り上げたものに対して自分がどう感じたか、どう変わったかという「私の部分」をしっかり自分の言葉で語れるかどうかが大切になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
面接は慣れない雰囲気で緊張するかもしれませんが、それはみんな同じです。
緊張したから減点ということはありませんから、気にしないでください。

それよりかは、「どのように自分を魅力的に見せるか」を研究しましょう!

紙に想定質問を書き出して、答えを書き出してみる。
友達や先輩の面接練習をしてもらう。
自分が日々感じたことを日記にしたり、新聞のスクラップをしたりする。

これ以外にも、まだまだ考えられる対策はたくさんあります。
不安を払拭するためには、気が済むまで事前準備をするほかありません!

是非、どう表現したら自分の魅力が伝わるかを念頭に置いて、面接に挑んでみてください!

定番の質問3選

今回は、特によく聞かれる定番の質問を3つに厳選して紹介していきます。

1.   「なぜ我が社のインターンシップに参加したいのですか?」

これは、ほとんどの企業が、面接で聞く質問ではないでしょうか。

この質問の意図は、「どんな想いでインターンに参加しようと思ったのか」「熱意はあるのか」を学生から聞くためです。
企業も通常の業務と平行して学生を受け入れてインターンプログラムを実施するため、それなりの負担がかかります。
そのため、できるだけやる気のある学生を採用したいのが本音です。

逆に言えば、インターン先の企業のことをあまり調べていない、やる気のない学生を落とすための質問であると言えるでしょう。
中途半端な気持ちで面接に行ったらすぐにばれてしまいます。

対策としては、企業への単なる憧れや表面的なイメージだけではなく、ある程度その企業の事業内容や業界での状況、売上高の状況などを調べておくと良いでしょう。

また、どんな企業にも課題や目標があり、そこに向かって日々成長を続けています。
ですから、現在その企業がどんなことに重点をおいているのかを知っておき、志望動機にからめて話すとよいでしょう。
そして、その企業で自分が何を学びたいかを謙虚さをもってアピールしてください。

いずれにせよ、どうしてこのインターンシップに参加をしたいのか、しっかり考えてから臨むことが大切です!

2.   「自己PRをしてください」

「自己PRをしてください」といった質問もよく聞かれます。
この質問には、「あなたがインターンに参加するだけの力量がある人か?」という意味合いがあります。
あなたがどれだけインターンで頑張れそうな人材なのか、どれだけの力を持った学生なのかということを、この質問を通して探ろうとしているのです。

ぜひ、自分を魅力的に売り込んでほしいのですが、ひとりよがりで説得力のない回答にならないよう注意が必要です。
例えば「わたしは英語が得意です」ということが自己PRだったとします。しかし、ただ「英語が得意だ」と言っても何の説得力もありません。

そこに、英語を勉強しようと思った「きっかけ」と努力して勉強をした「実行」、さらにはその後どうなったかなどの「結果」を加えてみましょう。
「海外留学をきっかけに、1日5時間勉強し、TOEICの点数を300点アップさせ、外国人との交友関係を広げました」

このような自己PRは、「きっかけ」→「実行」→「結果」というプロセスを踏んでいるので、ひとりよがりになっておらず、自分を存分にアピールできていると言えるでしょう。

ただ得意なことをアピールするのではなく、努力をしたという”過程”が重要です。
なぜなら、「この人は努力をして英語を話せるようになって、それを活用しているんだな」という説得性が増すからです。

PRすることは何でも構いません。あくまでも相手にそれが伝わるように、論理的に話すことを意識しましょう。

3.   「学校では何を勉強していますか?」

あなたの人となりを聞く質問として、学校生活のことを尋ねる質問もよくあります。
自分の学校での専攻について、知識のない人でもわかりやすいように説明してあげる必要があります。

そして、面接での回答はすべて“自分を売り込むもの”だということを忘れないでください。

自分の学業の話を、今回のインターン参加の理由に結びつけたりするのも一つの手です。
また、自分が勉強を通してこう変わったなど、自分の心情や価値観を加えると、企業の知りたい人となりを伝えることができます

さらに、人となりを聞く質問では「最近一番関心を持っているニュースを教えてください」「最近読んだ本は何ですか?」などの時事ネタもあります。
これらの質問も取り上げるニュースや本が大切なのではなく、取り上げたものに対して自分がどう感じたか、どう変わったかという「私の部分」をしっかり自分の言葉で語れるかどうかが大切になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
面接は慣れない雰囲気で緊張するかもしれませんが、それはみんな同じです。
緊張したから減点ということはありませんから、気にしないでください。

それよりかは、「どのように自分を魅力的に見せるか」を研究しましょう!

紙に想定質問を書き出して、答えを書き出してみる。
友達や先輩の面接練習をしてもらう。
自分が日々感じたことを日記にしたり、新聞のスクラップをしたりする。

これ以外にも、まだまだ考えられる対策はたくさんあります。
不安を払拭するためには、気が済むまで事前準備をするほかありません!

是非、どう表現したら自分の魅力が伝わるかを念頭に置いて、面接に挑んでみてください!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

もうキャパオーバーにならない!インターンで期日までに多くの仕事をこなすための3つのコツ
心構え、行動

もうキャパオーバーにならない!インターンで期日までに多くの仕事を...

史上初の快挙!現役東大生が「CEDEC AWARD」最優秀賞受賞。ユビキタスエンターテインメントで働く伏見遼平さんにインタビュー!
エンジニア

史上初の快挙!現役東大生が「CEDEC AWARD」最優秀賞受賞。ユビキタス...

【学年別】大学生向け!春休みインターンシップのススメ!2015
インターンについて

【学年別】大学生向け!春休みインターンシップのススメ!2015

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNGワード
営業

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNG...

あなたは大丈夫!?落ちる志望動機とは
志望動機

あなたは大丈夫!?落ちる志望動機とは

何事も始めるに早すぎるなんてことはない|立教大学 阿部 哲
体験談

何事も始めるに早すぎるなんてことはない|立教大学 阿部 哲

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都
社員の仲の良さが売りです!!

株式会社FACTBASE

NEW!

~仮想通貨のビックデータを整理し尽くし、新たな価値を生み出す情報コンテンツを創る〜 仮想通貨の普及により金融の仕組みが・・・

東京都
いろいろな経験を持つ先輩がインターン生一人一人にメンターとしてつきます。

株式会社日本土地建物

NEW!

日本土地建物は大手不動産会社で法人仲介のビジネスを手掛けていた神山が2003年に立ち上げた設立10年目の投資不動産事業を・・・

東京都
芝生を敷き詰めたオフィスで毎日ディスカッションを繰り広げます!

株式会社ユニラボ

NEW!

発注業者比較サイト『アイミツ』は、世の中のあらゆる業界を網羅したB2Bビジネスの比較・発注サイトです。 システム開発、・・・

東京都
芝生を敷き詰めたオフィスで毎日ディスカッションを繰り広げます!

株式会社ユニラボ

NEW!

発注業者比較サイト『アイミツ』は、世の中のあらゆる業界を網羅したB2Bビジネスの比較・発注サイトです。 システム開発、・・・

東京都
2014年に設立されたばかりのベンチャー企業です!挑戦する人を全力で応援します!

株式会社サムライソウル

NEW!

株式会社サムライソウルはリクルート出身の代表(36歳)が2014年6月に立ちあがったばかりの人材ベンチャー企業です。 ・・・