キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

準備・心構え

押さえておこう!企業がインターン生に求めていること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
押さえておこう!企業がインターン生に求めていること インターンを始める前に、「社員さんと上手くやっていけるかな?」という不安は誰でも抱きますよね。
「怒られるのが怖い…」と思って、結局は参加をしなかったという学生さんもいます。
それでは、せっかくのチャンスがもったいないですよね。
 
でも、そんな不安を取り除く方法があるんです!
それは、「企業がインターン生に求めていること」をしっかり把握しておくことです。
 
こんなことを言うと、「それは優秀な学生に決まっている」という声が聞こえてきそうですが、実はそうでもないんです!
 
では一体、企業はインターン生にどんなことを求めているのでしょうか。
言い換えれば、“どんな学生に来て欲しいのか”ということですね。
 
実際に、キャリアバイトを運営している弊社アイタンクジャパンの社員さんに伺ってきました!

「こんなインターン生に来て欲しい!」3つの学生像

では早速、社員さんの求める学生像を紹介していきます!
  1. 自責的なインターン生

少しイメージしづらいかもしれませんが、分かりやすく言い換えると“責任感のあるインターン生”ということです。
自分が失敗をした際に、その失敗を環境や他人のせいにしてしまう学生はNGです。
失敗の原因を自分に求めずに周囲のせいにしてしまうと、その後は全く伸びません。
 
「何がいけなかったのだろう?」と自分の過ちに目を向けることで、その失敗は必ず活きてきます。
 
つまり企業側は、責任を相手に転嫁しない、自分のものとしてしっかり受け止めてくれる学生を求めているのです。
 
これは、インターンとアルバイトが全く別物であることの所以です。
インターン生も会社の一員であるということを忘れてはなりません。
  1. ガツガツ攻める姿勢を持つインターン生

これは、“積極性のあるインターン生”ということですね。
 
インターンは受け身でやっていても何も意味がありません。
自発的に復讐・予習をし、自分で仕事を覚えにいく気持ちがなければ、インターンをしていてもさほど成長はしないでしょう。
 
たとえ仕事で失敗をしても、この攻めの姿勢を持っていることで、あなたの成長意欲は存分に伝わります。
「成長したいんだな」ということが社員に伝われば、社員も負けまいと頑張ろうという気になれます。
インターン生のやる気が、社員のインターン生に対する指導の姿勢も変えていくのです。
 
「手厚い指導をしてほしい」と思う学生のみなさんは、是非、この攻めの姿勢をオープンに見せていってください!
  1. 素直なインターン生

正直言うと、この“素直さ”があれば、社員さんはみんな優しく受け入れてくれます。
 
せっかく社員さんが指導をしているのに、インターン生が反論ばかりをし、それに従わなかったらどうでしょうか?
誰も教えてくれなくなってしまいますよね。
 
もちろん、疑問点や方向性の違いなどがあれば、それこそ素直に伝えることが大切です。
素直かどうかは、“どれだけ真剣にインターンをしているか”ということを反映します。
そのため、真面目に取り組んでいる人は、自然と素直になるので、無理して意識しなくても大丈夫です。
 
「大切なことは全て吸収しよう」という気持ちで頑張ってください!

<応用編>さらにレベルアップするための2つのこと

今度は、応用編です。
余裕がある人は、次のことも意識してインターンに取り組んでみてください。
  1. 相手のことを想像しながら業務にあたる

ここで言う「相手」とは、「ユーザーやクライアント」のことです。
 
どんな職種も、必ずユーザーやクライアントがいると思います。
デザイナーはクライアントの希望を反映させ、ライターは読者の気持ちを考える。
マーケティングは商品やサービスの質を向上させユーザーの満足度を上げるために、戦略を練る。
 
こういった見えない相手のことをどれだけ想像し、思いを馳せることができるか。
このことを意識するだけで、業務の質は断然上がってきます!
  1. 守破離を意識する

どんなことをするにも、基礎が大切になってくると思います。
土台がしっかりしていないと、応用に移ってからが大変だからです。
 
新しく業務に取り組む際は、まずは基礎をしっかり固めてください。社員さんの言うことを忠実に守って、それを習得していきます。
その上で、どんどん応用に移っていき、自分の“型”を作っていけばよいのです。
 
このような、基本をしっかりマスターし応用に取り組んでいくことを、“守破離”と言います。
 
「守」とは、指導者の教えをしっかり守り、自分のものにしていくこと。
「破」とは、自分独自に工夫し、指導者の方法を破ってみること。
「離」とは、指導者のもとから離れて、自分自身でその内容をどんどん発展させていくこと。
 
まずは模倣から入り、次に自分のオリジナリティを混ぜ、そして最後に自分流の“型”を確立していく。
この“守破離”を意識して業務に取り組めば、インターン生のうちからかなり実力がつくと思います!

実力だけを求めているのではない

いかがでしたでしょうか。
今回、企業がインターン生に求めているものを見てきて分かったように、企業は必ずしも実力を求めているのではありません。
何か秀でている能力よりかは、やる気や主体性、素直さなどの学生の気持ちを重視しています。
 
また、企業も学生であることを承知の上で雇っているので、ある程度の失敗は許容範囲です。
だから「怒られたらどうしよう」ということを心配するのではなく、今回紹介した精神的な面を意識して思いっきり飛び込んでほしいです!
 
それに対して社員さんは、手を大きく広げて、あなたを迎え入れてくれるはずです!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

「服装自由」はスーツ?私服?インターンの服装で気をつけること
服装、髪型

「服装自由」はスーツ?私服?インターンの服装で気をつけること

もう出だしでつまづかない!好印象を与える自己紹介の3つの方法とコツ
自己紹介

もう出だしでつまづかない!好印象を与える自己紹介の3つの方法とコツ

EdTechの最新情報が得られるTED動画3選
まとめ

EdTechの最新情報が得られるTED動画3選

もう一度頑張ろう!インターンでのモチベーションの上げ方
心構え、行動

もう一度頑張ろう!インターンでのモチベーションの上げ方

就活生必見!面接中の逆質問で絶対にやってはいけないこと
質問対処法

就活生必見!面接中の逆質問で絶対にやってはいけないこと

【髪の長さ別に解説】インターンに適した髪型は?(女性編)
服装、髪型

【髪の長さ別に解説】インターンに適した髪型は?(女性編)