キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

満足度No.1!おすすめは実践型インターンシップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
満足度No.1!おすすめは実践型インターンシップ! 最近は多くの会社でインターンシップを実地していますが、その内容は様々です。
実際に参加した学生から満足度が高かった内容を株式会社ディスコが調査してみたところ、「実践タイプ」のインターンが最も満足度が高いという結果になりました。

そこで今回は、なぜ「実践タイプ」のインターンが良いのか、その理由を探ってみます!
「これからどんなインターンシップに参加すればいいのか迷っている」
こんな学生さんは要チェックです!

満足度調査の結果

今回参考にしたのは、株式会社ディスコが2015年に行った「インターンシップに関する調査」です。(http://www.disc.co.jp/uploads/2015/04/internship2016_01.pdf
<調査概要>
調査会社:株式会社ディスコ
調査対象:2016年3月卒業予定の全国の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生も含む)のうち、1社以上のインターンシップ参加経験者
回答数:696人
調査方法:インターネット調査法
調査期間:2015年3月19日~30日
サンプリング:日経就職ナビ2016就職活動モニター
 
そもそもインターンには、短期と長期の2種類があり、さらに内容別に分けると以下の4つに分けることができます。
 
1. 見学タイプ
2. 講義タイプ
3. プロジェクトタイプ
4. 実践タイプ
 
大学生が参加したプログラムの割合は、以下の結果になりました。
 
1. 見学タイプ(26.9%)
2. 講義タイプ(20.6%)
3. プロジェクトタイプ(35.2%)
4. 実践タイプ(17.4%)
 
そして気になる満足度は、「実践タイプ」が一番高く、57.6%が「大変満足」と回答しています。
「やや満足」と合わせると、92.1%になり9割を超えました。

一方で、一番満足度の低いプロジェクトは「講義タイプ」で、「大変満足」は32.0%と約3割にとどまっています。「講義タイプ」は学校の授業のようなものですから、インターンならではの満足はなかなか得られませんよね。
 
残すは「見学タイプ」と「プロジェクトタイプ」になりました。それぞれ「大変満足」と回答したのは、44.8%と43.5%でした。2つのプロジェクトの満足度に、そこまで大差はないようです。

「見学タイプ」の特徴としては、1日でインターンが完結する点です。そのため、インターンに参加をしたことがない人でも、気軽に会社の雰囲気を知ることができます。
イメージとしては、中学校や高校の時に行った校外学習などに近いかもしれません。
 
「プロジェクトタイプ」は、参加学生同士でチームを組んで、与えられた課題解決に取り組んでいきます。
最後にプレゼンテーションや社員からのフィードバックがあるため、短期間で成長を実感できるのではないでしょうか。
さらに、学生の企画が良ければ実際に予算をとって実行するという目的のインターンもあり、何か成果を残したいという学生に人気のようです。

「実践タイプ」2つのナンバーワン

先ほど「実践タイプ」のインターンが満足度約9割と紹介しましたが、実はもう一つ、ナンバーワンの数字があったんです!それは、“成長実感”です。
インターンをするからには、自分自身で成長を実感して、自信に繋げたいですよね。
そんな希望も実現するのが「実践タイプ」です。なんと、90.0%と9割が「成長を実感できた」と回答しています。
 
他のタイプのインターンは、「見学タイプ」が75.3%、「講義タイプ」が62.2%、「プロジェクトタイプ」が80.9%でした。
 
「実践タイプ」のインターンで成長を実感した学生さんは、以下のような声を上げていました。
・接客のアルバイトをしているので接客には自信があったが、厳しく指導をして頂き、自分の能力はまだまだだと分かった。自分を見直す良いきっかけとなった。
・正社員の方がするような仕事に取り組むことができたので、仕事について本気で考えるようになった。
 
このように、「実践タイプ」のインターンは、正社員と同じ業務をこなしていくため、自分が社会ではどの位置にいるのか、今後どこを伸ばしていけば良いか、考える機会になります。

また、社員さんが一から業務を教えてくれるので、未経験でも専門的な知識やスキルを身に付けることができるのも大きな魅力です。
そこで身に付けたものは、就職で大いにアピールできるでしょう。

さらに、他のタイプのインターンはほとんどが短期で行われますが、「実践タイプ」のインターンは長期で実施されます。
そのため、インターン生同士の交流も盛んになり、お互いを刺激し合えるような関係になれます。同じ業界を目指す者として励まし合える存在は、これからの就活でも大切になってくるでしょう。
 
以上から分かるように、「実践タイプ」のインターンが、「満足度」「成長実感」共に1位であるのも納得ですよね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
インターンの内容にも様々あり、時間や今の自分の状況に合わせてベストなものを選んでいく必要があります。
しかし、「絶対にインターンで何かを得たい」「自分を成長させたい」と強く願うなら、まずは「実践タイプ」のインターンに挑戦することをおすすめします。
 
見学をしたり、講義を聞いたり、プロジェクトに参加をしたり、それぞれに利点はありますが、実践的なインターンでしか得られないものがあります!
 
キャリアバイトでは、「実践型」インターンを数多く紹介しています。
満足度の最も高い、そして一番成長を実感できる「実践型」インターンで周りに差を付けちゃいましょう!ご応募お待ちしています!
 
キャリアバイト
http://careerbaito.com/
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【就活面接やOB・OG訪問へ行く前に】社会人へのメールマナー、大丈夫ですか?~御礼メールを送ろう~
お礼状、メール

【就活面接やOB・OG訪問へ行く前に】社会人へのメールマナー、大丈夫...

覚えておいて損はなし! 証明写真をきれいに撮るポイント
履歴書

覚えておいて損はなし! 証明写真をきれいに撮るポイント

これもビジネスマナー!?男性のネイル事情
服装、髪型

これもビジネスマナー!?男性のネイル事情

【15卒向け】焦らないで!まだ募集中の成長ベンチャーの新卒情報!
まとめ

【15卒向け】焦らないで!まだ募集中の成長ベンチャーの新卒情報!

ちょっとでも動いてみてください。動いてみたら何かが変わるはず|神戸大学 五藤 雅貴
体験談

ちょっとでも動いてみてください。動いてみたら何かが変わるはず|神...

ベンチャー企業でのインターン、そのメリットと身に付けられるスキルは?
企業、業界、職種分析

ベンチャー企業でのインターン、そのメリットと身に付けられるスキルは?