キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

企業、業界、職種分析

大学2年生からベンチャー企業でインターンをするメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大学2年生からベンチャー企業でインターンをするメリットは? 「インターンはどの時期から始めればよいのか」「どこのインターンに行けばよいのか」
このような悩みは尽きないですよね。
 
そこで今回は、「大学2年生からベンチャー企業でインターンをする」ということについてお話していきたと思います。
なぜ大学2年生なのか、なぜベンチャー企業なのか、一緒に考えていきましょう!
 

なぜ大学2年生なのか

まずは、このテーマについて考えていきます。
 
大学2年生は、1年生を経験し3年生を控えている学年ですよね。
ここから分かることは何でしょう?
 
それは、“一番余裕のある学年”ということです。
 
1年生は大学に入学して、かなり慌ただしい生活を送ることになると思います。
複雑な授業の取り方を覚え、新しい友人関係を構築し、さらにはサークル活動にも参加をしていきますよね。
新しい環境に適応しようと奮闘するうちに、大学生活の最初の1年間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。
 
そして3年生は、就職活動が始まってくるため、精神的にも余裕のない日々となるでしょう。+αの活動をすることは、かなり困難なように思われます。
 
一方2年生は、就活が始まる3年生を前に、比較的余裕のある時間を確保できる期間となります。
大学生活にも慣れてきて、時間の使い方の要領も良くなる2年生から、新しくアルバイトを始めるという人も多いでしょう。これは、それだけ時間と気持ちの余裕ができやすいという理由からなのです。

大学2年生を何に捧げるか

「なぜベンチャー企業なのか」を見ていく前に、大学2年生で得られることを、活動別に比較していきましょう!人それぞれ頑張っているものは違いますよね。

  サークル活動のメリット

・楽しい時間が過ごせる
・サークル仲間との思い出が作れる
・自分の好きなことができる
・大学内で人脈が広がる

 アルバイトのメリット

・お金が稼げる
・学外に新しい人脈を築ける
・大学ではできない経験ができる
・社会人の基本的マナーを身に付けることができる

 インターンのメリット

・社会人としての経験を積むことができる
・基本的マナーをはじめ、専門的な知識やスキルを身に付けることができる
・志望業界の研究ができる
・将来の就職先を探す手がかりになる
・就活でアピールできる
・社会人とのネットワークができる
・有給インターンではアルバイトと同じようにお金が稼げる
 
これを見れば分かるように、それぞれにメリットはたくさんあります。
しかし、インターンには他の2つを上回るメリットがあるのではないでしょうか。
 
サークル活動の最大のメリットでもある“楽しさ”は、インターンでも実現可能です。自分のやっている業務が成果に繋がれば、それはやりがいになり、“楽しい”という気持ちにもなると思います。
 
アルバイトの“お金を稼げる”というメリットは、有給インターンに参加をすることで、インターンのメリットにもなります。
有給インターンでは、アルバイトと同じくらいの給与が支払われ、さらに成果によっては、インセンティブや昇給などの制度もあるため、アルバイトよりもお金を稼げることがあります。

なぜベンチャー企業なのか

では最後に、なぜ大学2年生がインターンをするのに、ベンチャー企業がおすすめなのかを見ていきましょう!主に3つの理由があります。

1.   新しい仕事にチャレンジさせてくれる

ベンチャー企業は、社長や社員を含め若手が中心となっていることが多く、活気があります。
大手企業と違って古い形式にこだわることもなく、新しい仕事やプロジェクトをどんどん始め、成果を上げていくのです。

インターン生の柔軟な発想力を必要としている企業は多く、そういった新規プロジェクトに学生を積極的に関わらせてくれるでしょう。
「何か成果を上げたい」と考えている人は、ベンチャー企業に参加する意義が大いにあると思いますよ。

2.   就職に直結する可能性がある

伸び盛りのベンチャー企業は、新しい優秀な社員の獲得にも積極的です。企業側もインターン生に仕事を任せる中で、能力や人柄、将来性をチェックしています。
そのため、活躍次第では、そのまま就職に結びつくケースもあります。

3.   IT分野に強くなれる

今やインターネットやスマホは、生活に欠かせない存在になっていますよね。そのため、どの業界であっても、何かしらIT分野には関わることになるでしょう。

SEやプログラマー、アプリ開発、webデザインなどの分野を目指したい人は特に、こうした業界の第一線に立つ成長企業でインターンをすることをおすすめします。
このような機会が、就活でのアドバンテージになることは間違いないです。
 
以上の3点が、ベンチャー企業でインターンをする主なメリットです。
ベンチャー企業は大手企業とは違い、常に新しいことに挑戦していくため、「これから伸びていくのでは?」という今後の可能性が期待されています。“型にはまらない”というベンチャースピリットを体感できるのは、貴重な経験ですよね。

自分で道を切り拓こう

いかがでしたでしょうか。
今回は、「大学2年生からベンチャー企業でインターンをする」ということを紹介してきました。
 
貴重な学生時代をどのように過ごすかは“あなた次第”です。
しかしだからこそ、その責任も自分にあります。
「あの時こうしておけばよかった」というような後悔は、絶対にしないようにしましょう。
 
インターンをしようか迷っている人は、就職活動や社会人生活の予行練習だと思って、まずは気軽に参加してみてはいかがでしょか。本気になれる経験が必ずあるはずです。
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【キャリアバイトの使い方】キャリアバイトでの有給インターンシップの応募~面接・採用までの流れ
インターンについて

【キャリアバイトの使い方】キャリアバイトでの有給インターンシップ...

もう一度頑張ろう!インターンでのモチベーションの上げ方
心構え、行動

もう一度頑張ろう!インターンでのモチベーションの上げ方

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】
マナー、礼儀

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】

忙しい学生必見!在宅でできるインターンシップ
ライター/編集

忙しい学生必見!在宅でできるインターンシップ

インターンシップとアルバイトの違いって?
インターンについて

インターンシップとアルバイトの違いって?

とにかく百聞は一見に如かず!|横浜市立大学 大槻 千智
体験談

とにかく百聞は一見に如かず!|横浜市立大学 大槻 千智