キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

自己PR

相手の心を掴む!自己PR方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
相手の心を掴む!自己PR方法とは 「自己PRをしてください」
面接試験で避けては通れないのが、この質問ですよね。
 
しかし、そう簡単に自分を上手く伝えられるわけでもないと思います。
「私のPRポイントってどこだろう」「一言でアピールするなら何て言おう」
こんな風に悩んでいる学生さんも多いですよね。
 
そこで今回は、面接や対面コミュニケーションで自分を上手く伝えられないという方に向けて、相手の心を掴む自己PR方法を紹介したいと思います。
 
もう自己PRと聞いて不安になる必要もありません!

自己PRで求められていること

まずは、面接で自己PRを求めてくる企業側の心理を見ていきましょう。                                                                                                                 

1.やる気があるかどうか

ずばり、企業が見たいところはココです!
面接では多くの学生を見ていくため、やる気のない学生はすぐに落とします。
 
自己PRは、その企業に入るために自分をアピールする場所です。
そのため、「何となく受けに来た」というやる気のない人は、すぐ見ただけでも分かります。
 
本当に内定をもらいたいのであれば、やる気はもちろんあると思いますし、それは自己PRにも表れてくるので、そこまで心配する必要はありません。

2.あなたがどんな人であるか

短い面接の間では、いくら企業が質問をしても、あなたがどんな人であるかは分かりません。
その数少ない判断材料の一つが、この自己PRです。
 
ここであなたが話す内容、どうしてその内容を選んだのか、あなたの話し方などによって、どんな人なのかを見抜いています。

3.会社で活躍してくれるか

自己PRと言っても、ただあなたをアピールするだけではありません。
そのことを面接官に納得させる必要があるのです。
 
つまり、自分が自分らしくアピールできたかも重要ですが、それよりも大切なのは、“面接官があなたの自己PRをどう捉えたか”ということです。
 
一番の理想は、あなたがアピールしたことと何の食い違いもなく面接官があなたを捉えて、「うちの会社でも活躍してくれそうだな」と思ってくれることです。
 
このことから、自己PRはただ独りよがりにするのではなく、相手を想定しながら“説得力のある”アピールをしなければならないのです。
以上3つのポイントが自己PRで求められていることですが、これらを一言で表すと、“一緒に働く姿がイメージできるかどうか”ということです。
やる気があるか、あなたがどんな人であるか、会社で活躍してくれるか、これらを知ることで結果的には、「一緒に働いてみたいな」と思ってもらうことが大切です。
 
面接官も結局は人間ですから、「一緒に働きたい」と思えば合格になります。
この部分を意識して自己PRを作ると、相手の心を掴むものになるのではないでしょうか。

自己PRを作ってみよう

上記に挙げた、自己PRで求められていることを念頭に置きながら、実際に自己PRを作ってみましょう!

1.アピールしたいことや長所を言う

自己PRと言うくらいですから、あなたのアピールポイントや長所を伝える必要があります。
これまでの経験から培ってきた能力やスキル、一生懸命頑張ったことなどをアピールしましょう。
 
また、応募先企業の仕事に対して、自分なりの定義や解釈、信念などを伝えると、「よく考えているな」という印象を与えることができます。
「さっき○○って言っていたけど、どうしてそう思ったの?」などと、興味を持ってくれる可能性もあります。
 
自分は日々どういうことを考えて過ごしているかという精神的な面も、あなたをアピールするのには大切です。
能力と共に、自己PRに盛り込みましょう!

2.困難だったエピソードを盛り込むと説得力が増す

自己PRは自慢話をする場所ではありません。
自分がどのくらい成長したか、もしくはできるかを伝える場です。
 
基本的に企業が新卒で採用する場合は、未来への投資です。
本当に会社に貢献してくれるかは、採用してみないと分からないのです。
 
そのリスクをできるだけ減らすために見ているのが、学生の能力や未来への貢献度です。そのため、過去の経験からしか企業は学生の未来を想像できません。
 
そこで有効なのが、“成長度”をアピールすることです。
最初は全くできなかったものが、努力をしてできるようになったら、「入社してからも頑張ってくれそうだな」と期待をしてもらえます。
 
ただ「私は~ができます」と言うよりは、「最初は~だったものが、今では~までできるようになりました」など、あなたの成長度が伝わるようにして言うと良いでしょう。

この困難だったエピソードの何が良いかというと、”具体的”であるという点です。
抽象的で上辺だけの話では、あなたの過去をイメージすることはできす、未来の姿を想像することもできません。
自己PRをするときは、必ず具体的に話しましょう!

3.未来へ繋げる

自己紹介は、自分が自分がどういう人であるかを伝えます。
自己PRは、そのさらに上を行き、企業へ自分を売り込みます。

そのため自己PRでは、未来に向けた話をする必要があります。
「御社に入ったらこういうところで活躍したい」「今までこういうスキルを養ってきたから、入社後も活かしたい」など、未来に結びつけて話しましょう。
 
そうすることで、企業もあなたの未来像を想像しやすくなるでしょう。
以上の1・2・3を踏まえて、あなたのオリジナルな自己PRを作ってみましょう!
色々な人に見せてフィードバッグをもらうと、より洗練されてくると思います。
以下に例を載せましたので、まだイメージが付かないという方は、是非参考にしてみてください。
 
例)私は大学2年の春から長期インターンで、営業の仕事を経験しました。
初めてビジネスの世界に飛び込んで、社会人としての基本的マナーも分からなかった私ですが、一から上司に指導をしてもらい、最終的には自分ひとりでアポイントを取って受注をすることができるようになりました。
社内で表彰してもらった時の達成感は言葉にできないもので、もっと営業の世界で活躍したいと思い、この道の最前線で働ける御社に応募させていただきました。
厳しい世界ではあると思いますが、上司から教えていただいた「営業は信頼である」という言葉を胸に、お客様やチームメンバーとの信頼関係を大切にして、営業でトップの成績を収められようになりたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

最後に

いかがでしたでしょうか。
自己PRは合否を左右すると言ってもいいほど、面接では重要なポイントです。
 
先ほども言いましたが、大切なのは、“一緒に働く姿がイメージできるか”です。
 
どう自分をアピールしたらいいか分からないという人も、まずはこの点を意識することで、アピールしたいものが見えてくるのではないでしょうか。
是非この記事を参考にして、あなたにしかできない自己PRを作ってみてください!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

Webデザイナーとして就職するために学生のうちにやっておくべき5つのこと
デザイナー

Webデザイナーとして就職するために学生のうちにやっておくべき5つのこと

自分の中にある考えだけが全てではないと気付いた|法政大学 住田 美怜
体験談

自分の中にある考えだけが全てではないと気付いた|法政大学 住田 美怜

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】
マナー、礼儀

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!
企業、業界、職種分析

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!

インターンを始める前に!知っておきたいビジネスマナー10選
準備・心構え

インターンを始める前に!知っておきたいビジネスマナー10選

話し方で印象が変わる!簡潔に分かりやすく話す方法。
コツ、テクニック

話し方で印象が変わる!簡潔に分かりやすく話す方法。