キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

準備・心構え

「インターンシップが不安」そんな悩みを解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「インターンシップが不安」そんな悩みを解決! 「いざインターンシップへ!でもやっぱり不安」
インターン参加前に億劫になってしまう学生さんも多いのではないでしょうか。
 
面倒くさくなって参加を辞退してしまったり、面接にすら行かなかったり、それは本当にもったいないです!
 
“不安な気持ちはみんな同じ”
そこで今回は、インターンをするにあたり不安に思うことや悩んでいることを解決していきましょう!
 
あなたの足を少しでも一歩前へ進むことができたら嬉しいです。
 

インターンで不安に思うこと4選

まずは不安に思うことを挙げていきながら、それに対する解決策を紹介していきますね。

周りに社会人ばかりしかいないのが不安

こういう風に思うのは当たり前かもしれませんね。
今まではアルバイトくらいしか大人の人と接する機会がなかったからです。
 
今は大学生で、みなさんの周りには仲の良い友達がたくさんいますよね。
しかし、そういう生活もあと少しすればおしまいです。
 
就職をすれば社会人に囲まれて仕事をし、あなたも社会人の一員となります。
そういう将来のために、インターンでの環境は“社会人になる練習”と思えば良いのではないでしょうか?
 
それに、社員さんと一緒に仕事をしていく中で、学ぶことはたくさんあると思います。
知識やスキルのことはもちろん、就活の話や「仕事をするとは何か」という哲学的な考え方まで、社員さんはあなたよりも断然多くの経験をしてきています。
 
「これは良いチャンス!」と思って、インターンでたくさんのことを吸収しちゃいましょう。

専門的な知識がないけど大丈夫なのかな

いきなり大きな仕事を任せられることはないと思うので、安心してください。
多くの場合は、基礎的な部分から教えてくれます。
 
もちろん、専門的な知識があるに越したことはありませんが、全くの未経験でもOKな企業はたくさんあります!
企業側も知識はあるけどやる気のない学生より、知識はないけどやる気のある学生の方が、伸びしろを感じて採用したいと思うはずです。
 
そして、「何のためにインターンに行くのか」よく考えてみてください。
社会人になる前に少しでも早く、専門的な知識を身に付けるためと考えたら、知識が重要でないことは明らかです。
表面的なものよりも、もっと根本的な“やる気や意欲”を大切にしてみてください。

失敗したらどうしよう

失敗はすごく怖いですよね。
ましてや企業という利害関係が絡む場合ではなおさらです。
 
でも一度考えてみてください。
どうしてその企業はインターン制度を導入しているのでしょうか。
 
もちろん戦力になってほしいという狙いはあるかもしれません。
しかしそれなら、中途採用の方が失敗のリスクは少ないはずです。
 
もともと経験のある人を採用するのではなく、わざわざ学生を採用しているということは、“企業側にとって学生の失敗は想定内”なのです。
そのため、会社の損失に関わるような業務を任せることはそうそうないでしょう。
あるとしても、学生の実力が伴ってきてからなので、安心してください。
 
また、インターン生には指導する社員が付いて業務を行っていくので、何か失敗をしてもフォローしてくれます。
 
つまり、学生のうちはいくら失敗しても大丈夫です。むしろ今しかできません!
失敗は恐れるものではなく、「その失敗から何を得たか」「次にどう活かしていくか」、こちらの方が何倍も重要なことではないでしょうか。

採用に繋がらなかったらどうしよう

もしインターン先の企業が就活での第一志望だったら、内定直結型インターンに限りますが、当然インターンから内定獲得を狙っていると思います。
 
しかし、インターンで好成績を残さなければなかなか難しいです。
そこで「採用に繋がらなかったらどうしよう」という不安が生じてきますよね。
さらには、「インターンでダメだったら本試験にも影響してくるのでは?」と考えてしまう学生さんも多いようです。
 
でも安心してください!
インターンで企業側に気に入られればそのまま内定をもらえる場合がありますが、内定をもらえなかったからと言って、本試験に悪影響があるわけではありません。
 
むしろ、「インターンにも参加をしてくれた熱い学生」というプラス評価になります。
 
そのため、インターンから内定に繋がらなくても諦めないでください!
「本試験じゃなくて良かった」くらいの気持ちでいましょう。
「どこがダメだったのか」をしっかり見つめ直して改善できれば、企業側もその成長を感じ取ってくれるはずです。

不安に思うことは当たり前

このように、インターンに参加をしようと思ってもたくさんの不安があり、勇気がなければなかなか前へ進めないですよね。
 
でも、あなたが不安に思っているということは、他の学生さんも同じように不安な気持ちを持っているということです。
つまり、不安に思うことはいたって普通です!
 
それをどう捉えるかが重要になってくるのではないでしょうか。
「不安だからやめておこう」なのか、それとも「不安だけどその気持ちはみんな同じだし、頑張ってみよう」なのか。
 
どっちに行くかはあなた次第です。
しかし確実に言えることは、このチャンスを逃すことは一つの可能性を自分で消してしまうことと同じということです。
逆に、この不安な気持ちを乗り越えて得たものは、あなたの可能性を確実に広げてくれるでしょう。
 
不安に思う気持ちをしっかり受け止めて、是非前へ踏み出してください!
 
キャリアバイトでは、インターンシップ相談会を実施しています。
「不安だけど一歩を踏み出してみたい」そんな学生さん大歓迎です!

お気軽にご参加ください!

インターンで不安に思うこと4選

まずは不安に思うことを挙げていきながら、それに対する解決策を紹介していきますね。

周りに社会人ばかりしかいないのが不安

こういう風に思うのは当たり前かもしれませんね。
今まではアルバイトくらいしか大人の人と接する機会がなかったからです。
 
今は大学生で、みなさんの周りには仲の良い友達がたくさんいますよね。
しかし、そういう生活もあと少しすればおしまいです。
 
就職をすれば社会人に囲まれて仕事をし、あなたも社会人の一員となります。
そういう将来のために、インターンでの環境は“社会人になる練習”と思えば良いのではないでしょうか?
 
それに、社員さんと一緒に仕事をしていく中で、学ぶことはたくさんあると思います。
知識やスキルのことはもちろん、就活の話や「仕事をするとは何か」という哲学的な考え方まで、社員さんはあなたよりも断然多くの経験をしてきています。
 
「これは良いチャンス!」と思って、インターンでたくさんのことを吸収しちゃいましょう。

専門的な知識がないけど大丈夫なのかな

いきなり大きな仕事を任せられることはないと思うので、安心してください。
多くの場合は、基礎的な部分から教えてくれます。
 
もちろん、専門的な知識があるに越したことはありませんが、全くの未経験でもOKな企業はたくさんあります!
企業側も知識はあるけどやる気のない学生より、知識はないけどやる気のある学生の方が、伸びしろを感じて採用したいと思うはずです。
 
そして、「何のためにインターンに行くのか」よく考えてみてください。
社会人になる前に少しでも早く、専門的な知識を身に付けるためと考えたら、知識が重要でないことは明らかです。
表面的なものよりも、もっと根本的な“やる気や意欲”を大切にしてみてください。

失敗したらどうしよう

失敗はすごく怖いですよね。
ましてや企業という利害関係が絡む場合ではなおさらです。
 
でも一度考えてみてください。
どうしてその企業はインターン制度を導入しているのでしょうか。
 
もちろん戦力になってほしいという狙いはあるかもしれません。
しかしそれなら、中途採用の方が失敗のリスクは少ないはずです。
 
もともと経験のある人を採用するのではなく、わざわざ学生を採用しているということは、“企業側にとって学生の失敗は想定内”なのです。
そのため、会社の損失に関わるような業務を任せることはそうそうないでしょう。
あるとしても、学生の実力が伴ってきてからなので、安心してください。
 
また、インターン生には指導する社員が付いて業務を行っていくので、何か失敗をしてもフォローしてくれます。
 
つまり、学生のうちはいくら失敗しても大丈夫です。むしろ今しかできません!
失敗は恐れるものではなく、「その失敗から何を得たか」「次にどう活かしていくか」、こちらの方が何倍も重要なことではないでしょうか。

採用に繋がらなかったらどうしよう

もしインターン先の企業が就活での第一志望だったら、内定直結型インターンに限りますが、当然インターンから内定獲得を狙っていると思います。
 
しかし、インターンで好成績を残さなければなかなか難しいです。
そこで「採用に繋がらなかったらどうしよう」という不安が生じてきますよね。
さらには、「インターンでダメだったら本試験にも影響してくるのでは?」と考えてしまう学生さんも多いようです。
 
でも安心してください!
インターンで企業側に気に入られればそのまま内定をもらえる場合がありますが、内定をもらえなかったからと言って、本試験に悪影響があるわけではありません。
 
むしろ、「インターンにも参加をしてくれた熱い学生」というプラス評価になります。
 
そのため、インターンから内定に繋がらなくても諦めないでください!
「本試験じゃなくて良かった」くらいの気持ちでいましょう。
「どこがダメだったのか」をしっかり見つめ直して改善できれば、企業側もその成長を感じ取ってくれるはずです。

不安に思うことは当たり前

このように、インターンに参加をしようと思ってもたくさんの不安があり、勇気がなければなかなか前へ進めないですよね。
 
でも、あなたが不安に思っているということは、他の学生さんも同じように不安な気持ちを持っているということです。
つまり、不安に思うことはいたって普通です!
 
それをどう捉えるかが重要になってくるのではないでしょうか。
「不安だからやめておこう」なのか、それとも「不安だけどその気持ちはみんな同じだし、頑張ってみよう」なのか。
 
どっちに行くかはあなた次第です。
しかし確実に言えることは、このチャンスを逃すことは一つの可能性を自分で消してしまうことと同じということです。
逆に、この不安な気持ちを乗り越えて得たものは、あなたの可能性を確実に広げてくれるでしょう。
 
不安に思う気持ちをしっかり受け止めて、是非前へ踏み出してください!
 
キャリアバイトでは、インターンシップ相談会を実施しています。
「不安だけど一歩を踏み出してみたい」そんな学生さん大歓迎です!

お気軽にご参加ください!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

大学生のプログラミング初心者にオススメの学習サイト6選
エンジニア

大学生のプログラミング初心者にオススメの学習サイト6選

PHPを始めたばかりの学生へ!代表的な7つのPHPフレームワークの違いと特徴
エンジニア

PHPを始めたばかりの学生へ!代表的な7つのPHPフレームワークの違いと...

就活は見た目が9割?!好印象なESの写真の撮り方
エントリーシート(ES)

就活は見た目が9割?!好印象なESの写真の撮り方

インターンでコンサルタントができるって良く聞くけど、学生は実際何を行うの?
コンサルタント

インターンでコンサルタントができるって良く聞くけど、学生は実際何...

正社員と同レベルで私たちの成長のために投資してくれる|早稲田大学 平林 大河
体験談

正社員と同レベルで私たちの成長のために投資してくれる|早稲田大学...

インターンシップや就職活動に必須の持ち物って?
持ち物、アイテム

インターンシップや就職活動に必須の持ち物って?

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都
創作欲が刺激される環境です

株式会社ユナイテッドスクエア

NEW!

【会社】 株式会社ユナイテッドスクエアは、東京・代官山にオフィスを構える広告代理店です。 music.jpのCM・・・

東京都
お客様は何を求めているのか?問題解決力を磨こう。

ビーモーション株式会社【東京】

NEW!

■ビーモーションとは "家電メーカーとお客様をつなぐ" "メーカーの想いを伝えるプロ集団" それがビーモーションで・・・

神奈川県
お客様は何を求めているのか?問題解決力を磨こう。

ビーモーション株式会社【神奈川】

NEW!

■ビーモーションとは "家電メーカーとお客様をつなぐ" "メーカーの想いを伝えるプロ集団" それがビーモーションで・・・

東京都
だまし絵です。元気な人に見えたり、サイコロにしがみついている人に見えたり。

カレイドソリューションズ株式会社

NEW!

カレイドソリューションズ株式会社は、 「ゲームを用いた研修」を扱う、業界のパイオニア企業です。 弊社のあらゆる業務に・・・

東京都
(代表者メッセージ)WEBマーケティングで世界を動かす。そんな力を身に付けたい方の応募を待っています。

株式会社EXIDEA【マーケティング】

NEW!

当社EXIDEAは、Webマーケティング歴13年という代表の小川が立ち上げた日本では珍しいグロースハッカーが中心に活躍す・・・