キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

掛け持ちインターン、両立は可能?メリットとデメリットを徹底分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
掛け持ちインターン、両立は可能?メリットとデメリットを徹底分析! みなさんはインターンの掛け持ちをしたことがありますか?
例えば、長期インターンをしながら短期インターンも経験したことがある!など。
 
でも掛け持ちって大変そうですよね。
何でもそうですが、サークルを掛け持ち(いわゆる兼サー)っていうだけでも忙しいイメージです。
 
では、インターンを掛け持ちすることは実際可能なのでしょうか?
「今インターンをやっているけど、新しくやりたいインターンが出てきた」
「でも今のインターンも続けたい!」
 
こんな風に思った場合、2つのインターンを同時にやるという選択肢があると思います。
今回は、そんな掛け持ちインターンについて、メリットとデメリットを紹介していきたいと思います。
果たして両立は可能なのでしょうか!?
 

パターン別掛け持ちインターン

まずは、掛け持ちをするのにも様々なタイプがあるので、それぞれ見ていきましょう。

短期インターン×短期インターン

これはサマーインターンなど、大手企業が実施することの多い短期インターンを掛け持ちする場合です。
短期インターンは基本的に、1日から1週間など、その期間は短いため、すぐに完結します。しかし短期間がゆえに、ほとんど一日中拘束される場合が多いです。

したがって、同じ期間に2つの短期インターンを掛け持ちすることは、物理的に難しいです。
しかし、同じサマーインターンでも、日程が被っていなければいくらでも参加することは可能なので、掛け持ちとまではいかなくても、短期間に多くの企業を知ることができるでしょう。

長期インターン×短期インターン

これは、もともと長期インターンをやっていて、短期インターンが開催される期間になったらインターンの掛け持ちをするというケースです。

「今やっているインターンはやめたくない、けど短期インターンにも行ってみたい」
こんな気持ちの学生さんが、短期インターンと長期インターンの掛け持ちを選択するみたいです。

このタイプの場合、両立は可能です!
長期インターンの場合は、事前に出勤日を申告するという形を採っている企業が多いです。そのため、短期インターンが入る期間だけ事前に申告をしておけば、企業側も対応してくれると思います。

企業にとっても大事なインターン生ですから、学生が他のインターンに移るという選択は避けたいはずです。
出勤できない分を他の日で補って、その期間だけ掛け持ちすることをおすすめします!

長期インターン×長期インターン

このタイプが一番問題になるのではないでしょうか。
これは同じ期間に、複数の企業で長期インターンを行います。

時間的に可能なのか?法律に違反しない?

このような疑問が出てきますよね。
では、両立は可能なのか、具体的に見ていきましょう!

長期インターン×長期インターンはOK!?

長期インターンと長期インターンを掛け持ちする際に考えられる問題は、以下のようなものがあります。

時間的問題

長期インターンの掛け持ちをしようとなると、一番気になるのは「時間的に可能なのか」ということですよね。
先ほども言いましたが、長期インターンの出勤時間は、自己申告制の場合がほとんどです。
企業側も大学やサークル、アルバイトなど、大学生が忙しいということはある程度把握しているはずです。
そのため、週何日何時間働くというのは企業で決まっていても、何曜日に出勤してその日に何時間働くというのは、学生側の希望を反映してくれる場合がほとんどです。

つまり、自分自身で2つのインターンのスケジュール管理をしっかり行えば、時間的には両立することが可能です。

法律的問題

労働基準法では、「1日に8時間以上、1週間に40時間以上働いてはならない」と定められています。
複数の企業でインターンをしていたとしても、労働時間は全て合算されます。
そのため、法律的に掛け持ちをすることは可能ですが、上の法律を違反しないように管理しなければなりません。

労働基準法を違反した場合、罰則を受けるのは企業側です。
インターン先に迷惑をかけないためにも、法定労働時間内に収まるよう管理を徹底しましょう。

また、企業によってはインターンの掛け持ちを禁止しているところもあるので、掛け持ちの希望がある学生さんは、事前に確認しておきましょう。


ということで、長期インターンの掛け持ちは時間的にも法律的にもOKという結果になりました!
ただ、掛け持ちが可能ということであって、両立が可能かどうかは微妙なところです。

掛け持ちインターンに限らず、どんなことも両立のカギを握っているのは“自分自身”です。
両立できるように上手く工夫するのか、それともどちらも中途半端になってしまうのか、それは自分次第です!

掛け持ちインターンのメリット

では最後に、掛け持ちインターンのメリットとデメリットを見ていきましょう!掛け持ちを考えている学生さんは、参考にしてみてください。
まずはメリットから!

より多くの企業を知ることができる

インターンを複数掛け持ちすれば、その分多くの企業で働くことになります。一つの企業しか知らないよりは、できるだけたくさんの尺度を持っていたほうが良いでしょう。

ずっと同じ企業でインターンをすることも素敵ですが、「その企業の常識が社会の常識」となってしまっては自分の世界は狭いものになってしまいます。

しかし将来の就活のためには、たくさんの比較対象を作って自分のビジョンを明確にする方が賢明です。

身に付けたスキルを実践できる

企業ごとで身に付けられるスキルは異なります。片方の企業で身に付けたスキルをもう一方の企業で活かすことで、結果的に活躍の場を広げることが可能です。

どんなことも自分のものにするためには、インプットだけではなくアウトプットの場が必要になります。
そのアウトプットの場が、インターンを掛け持ちすることで、必然的にできるのです。

「あの企業で身に付けたスキルは、ここの企業でどう活かせるのだろう?」
自分の力を試す意味でも、2つのインターンを掛け持ちすることは意味のあることだと思います。

メリハリのある生活に

インターンを掛け持ちすると、必然的に忙しくなります。
以前よりスケジュール帳と向き合って、日程を調整する必要も出てくるでしょう。

しかし、「忙しい方が効率的に時間を使える」なんてことありませんか?
「テスト前は忙しい方が、成績が良かった」という経験をしたことがある人も多いと思います。

それは、忙しいとスケジュール管理を徹底する必要が出てくるため、効率的に時間を使うクセが身に付くからです。
あまりにも詰めすぎてしまっては体がもたないので良くありませんが、ある程度のメリハリを入れることで、日々の生活がより充実してくるのではないでしょうか。

以上が掛け持ちインターンのメリットです!

掛け持ちインターンのデメリット

続いてはデメリットを見ていきましょう。

どちらも中途半端になる可能性がある

これは一番避けたいですよね。
インターンを掛け持ちすることでの一番のデメリットは、どちらもやり遂げることなく中途半端に終わってしまうことだとあります。

これでは、メリットを求めて掛け持ちをしたのに、掛け持ちをする前よりひどい状態です。何も得られないということだけでなく、周囲の信頼も失ってしまいます。

複数のインターンを全力で取り組む自信がない人は、1つのインターンに絞った方が無難でしょう。

大学の勉強が疎かになってしまう

インターンを掛け持ちすると、その分空き時間が少なくなるため、大学の勉強が疎かになる可能性があります。
大学に行くのもタダではないので、留年は避けましょう。

学業とインターンを両立させるためにも、時間割りは入念に組み、勉強時間の確保も忘れないようにしましょう!また、週1日は休息日を作るなど、体調管理も気をつけてください。

あくまでも学生ということを忘れず、勉強をしっかりとした上で、+αの成長をインターンで得られると良いですよね。
いかがでしたでしょうか。
今回のテーマは「掛け持ちインターン」でした。
掛け持ちをする上でのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、掛け持ちをする人は成長の機会を増やしていってくださいね!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

営業インターン生必見!名刺交換ってどうやるの!?
営業

営業インターン生必見!名刺交換ってどうやるの!?

満足度No.1!おすすめは実践型インターンシップ!
インターンについて

満足度No.1!おすすめは実践型インターンシップ!

就活生に人気!人材業界ってどんな業界?
その他

就活生に人気!人材業界ってどんな業界?

長期インターンを有益なものにする4つの極意
準備・心構え

長期インターンを有益なものにする4つの極意

インターン面接の質問で「できる大学生」と思わせる!質問力を上げる3つのコツ
質問対処法

インターン面接の質問で「できる大学生」と思わせる!質問力を上げる...

知ってますか!?面接において面接官が知りたいことはただ1つ
コツ、テクニック

知ってますか!?面接において面接官が知りたいことはただ1つ