キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

語学、留学

留学生インターンシップのすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
留学生インターンシップのすすめ 突然ですが、留学生のみなさん、インターンシップに参加したことはありますか?
現在日本にあるインターンシップは、日本人だけのものではありません。
海外から留学している学生さんも大いに活用することができるのです!
 
今回のテーマは、「留学生インターンシップ」です。
学生さんのターゲットを留学生に絞ってお話していきたいと思います。

日本の現状

日本の留学生に対する需要は、近年急速に伸びています。
それを表すものとして、政府は2008年から「留学生30万人計画」という、2020年までに日本への留学生を30万人に増やすという計画を進めています。

英語だけで学位を取れるコースや快適な留学生寮の拡充などを行い、留学生政策に少なくとも3,700億円を投入しています。

なぜこんなにも国が一体となって留学生政策に取り組んでいるのかというと、日本の労働力低下に原因があります。
少子高齢化の影響で、労働力の中心である生産年齢人口(15歳~64歳)が年々減少しているのです。
2055年には、4,706万人になるという推計が出ており、日本は不足分を留学生に賄ってもらおうと考えています。

そのため、中小企業やIT企業では、技術力のある留学生の需要がとても高まっているのが現状です。

留学生の現状

しかし、このような需要があるにも関わらず、留学生の日本企業への就職率は高くありません。

日本学生支援機構によると、留学生の日本での就職希望者は、博士課程で56.2%、学部卒で70.4%という数字が出ています。
しかしその中で実際に就職するのは、博士課程で18.2%、学部卒で29.7%という結果で、就職する割合はとても低いです。

これを受けて政府は、留学生の就職率を5割まで向上させるという日本再興戦略2016を掲げました。

留学生が就職しない理由

では、留学生はどうして日本企業に就職しないのでしょうか?
そこには、以下の理由があるようです。

日本企業が求めるレベルの日本語を話すことができない

これは英語だけで学位が取れるコースを選んでしまった際のデメリットを被ってしまったと言えます。
留学生を増やすために取り入れた制度ですが、今度は就職をする際に障害を生み出してしまい、留学生が就職を断念してしまうという状況になっています。

しかし、やはり日本企業に就職するとなると、一定以上の日本語力はどうしても必要です。仕事をする上でのコミュニケーションが取れなくなってしまうからです。

言葉の壁があるために、留学生はなかなか日本企業に就職できないでいます。。

日本文化とのミスマッチ

普段生活をしている中でも、自文化と日本文化の違いを感じることは多々あると思います。
日常生活の中だけでしたら、異文化理解にも繋がるので、そこまでミスマッチは感じないと思いますが、就職となると見方は変わってくるかもしれません。

日本人で
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

「理想」を求める就活生~新卒社員の3年以内の離職率35.9%の実態~
就職活動

「理想」を求める就活生~新卒社員の3年以内の離職率35.9%の実態~

英語を徹底的に学びたい大学生必見!気軽に英語を学べるサイト6選
アプリ、サービス

英語を徹底的に学びたい大学生必見!気軽に英語を学べるサイト6選

【就活直前!!】どうすれば就活と恋愛を両立できるのか!
恋愛

【就活直前!!】どうすれば就活と恋愛を両立できるのか!

大学で入るサークルの“失敗しない”選び方
学生団体、サークル

大学で入るサークルの“失敗しない”選び方

大学生のうちに習慣づけよう!9つの有意義な年末の過ごし方
ライフハック

大学生のうちに習慣づけよう!9つの有意義な年末の過ごし方

大学生活を充実させたい人なら絶対にインストールすべきアプリ5選!
アプリ、サービス

大学生活を充実させたい人なら絶対にインストールすべきアプリ5選!