キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

企業、業界、職種分析

業界研究ってどうやるの!?就活の分かれ道はここにあった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
業界研究ってどうやるの!?就活の分かれ道はここにあった 「業界研究」という言葉、大学生であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
 
就活をする前に業界研究は避けても通らなければならない道です。この業界研究を怠ってしまっては、就活でも大きく出遅れることは間違いないでしょう。
でも具体的にはどのようなことをすれば良いのか、いまひとつピンときませんよね。
 
そこで今回は、業界研究をやるメリットとその方法を紹介していきます!

そもそも業界研究って?

世の中には多くの業界が存在します。
大きく分類しただけでも、メーカー、商社、金融、流通、サービス・その他など、身近なものから馴染みのないものまで、その種類は様々です。
 
業界研究とは、数多く存在する業界の特徴や現状、将来性、動向など、その業界を細かく分析していくことを指します。
就職活動の最初の一歩として、この業界研究が挙げられるでしょう。

業界研究のメリット

次に、どうしてこんなにも業界研究が重要とされているかについてです。
それは、業界研究をしっかりやった学生さんは、確実に就活が有利になるからです。

では具体的には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

自分の志望業界を絞ることができる

就活を始めたばかりでは、まだ自分のやりたいことが明確でない人も多いでしょう。
そんな状況で就活をしたら、後で本当にやりたいことが出てきた際に、後悔するだけです。

しかし業界研究をすることで、自分の知らない業界や興味のある業界について、今まで以上に詳しく知ることになります。
やりたいことがなかった人も、面白そうだなと思う業界に出会えるかもしれません。

将来の設計図が明確である方が、就活の作戦も立てやすいはずです。
就職活動の方向性を決めるためにも、業界研究は必須です。

就活後のミスマッチを防ぐことができる

内定はもらったものの「実際は全く興味のない業界だった」「会社の雰囲気が合わない」などといったミスマッチが出てくる可能性は大いにあり得ます。
それは十分な業界研究をせずに、憧れや自分のイメージ、先入観だけで就職先を決めてしまうために起こります。

そのミスマッチを防いでくれるかどうかは、この業界研究にかかっているのです!

業界研究をしていくにつれて、興味のある企業についてはさらに深く調べることになると思います。
企業理念や業務内容、給与や手当、将来性など、入社後に関わってくることについての情報も得ることができます。
業界研究から企業研究と、さらに的を絞って研究していくことで、ミスマッチの可能性を低くすることができるでしょう。

面接で周りと差をつけることができる

近年、採用担当の方々は、「学生が社会の情勢や動向を知らなすぎる」「業界・企業研究が不十分だ」とみんなが口を揃えて言います。
企業側は学生に、業界に関する最低限の知識や常識を求めているのです。

志望する企業だけではなく、それを取り巻く環境を十分に理解しているかも重要なポイントになってきます。
面接では、業界全体や競合他社について質問されるケースも多いため、気は抜けません。

その企業が影響を受ける、外的要因や内部事情などを意識して業界研究を行うと良いでしょう。

入社後に活かせる

就活の時にやった業界研究は、入社後にも活かすことができます。
例えば、「B to B(企業間取引)ビジネス」を行っている企業であれば、顧客企業の動向を把握することはマストになってきます。

入社後に慌てて知識をつけるよりは、最低限の業界に関する知識を今のうちに身に付けておいた方が、仕事を任せてもらう可能性も広がります。

面倒くさいと思わず、将来へのステップとして前向きに取り組みましょう!

業界研究のやり方

では実際に、業界研究はどのようにやるものなのでしょうか。

一番一般的なのは、業界研究ノートを作る方法です。
このように、業界の全体像がつかめるような情報をノートに加えていきます。
自分なりの書くルールなどを決めると、統一感が出て良いでしょう。

おすすめはルーズリーフを使用することです。
ページを後から追加したり、並び替えたりなどができ、とても便利だからです。

ノートを使用してしまうと、業種ごとにまとまらない可能性が出てきます。
もしノートでやる場合は、業種別に数冊(4~5)用意しておきましょう。

情報収集はどうやって?

では、どこで情報を仕入れて、上記のようなノートを作れば良いのでしょうか。

OB・OG訪問や会社訪問を利用する

インターネットで業界のことを調べるのもアリですが、信憑性があるかどうかは分かりません。
しかしOB・OG訪問や会社訪問では、実際に働いている方からお話を伺うため、真実を語っていると思って良いでしょう。
実際の職場の雰囲気や業務内容など、その場で疑問に思ったことをすぐに聞けるので、理解も深まるはずです。

また、業界研究がまだよく分からないという学生さんは、親しい先輩から業界研究のやり方を聞いてからスタートしてみても良いと思います。
きっと悩み相談も親身になって聞いてくれるはずです。

ネットや本を利用する

「業界マップ」や「業界地図」という言葉は聞いたことがありますか?

インターネットや書籍では、業界分析用に業界を一覧にして、様々な業界の情報を取り扱ったものがあります。
一遍に色々な業界の情報を得たいという学生さんは、「業界マップ」「業界地図」と言われるようなものを利用すると良いでしょう。
年度別に出ているものもあり、最新の業界の動向を知ることができます。

インターンシップを利用する

この方法は、だいたい興味のある業界に目星をつけている学生さんにおすすめです。
インターンシップに参加をすることで、実際の業務内容を経験することができます。
そのため、調べているだけでは分からない業界の内情などを肌で感じることになり、より具体的なイメージが湧くはずです。

また、企業には社員さんもいるため、働きながら疑問に思ったことはすぐに聞くことができます。人脈も広がるため、興味のある業界の人を紹介してくれる可能性もあります。

インターンシップはその点で、OB・OG訪問、会社訪問、ネットや本といった情報収集手段を全て含んでいると言えるでしょう。
しかし、それなりに時間はかかり、会社の一員としての責任もあるため、この業界についてもっと詳しく知りたいというものを選んで参加することをおすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか。

業界研究をいかに入念にやるかによって、その後の就職活動に大きく響いてきます。
以上のようなやり方を参考にして、自分にあった業界を見つけてみてください!
自分の目で見て、耳で聞いて、とにかく行動あるのみです。好奇心を持って業界研究をやれば、楽しさも出てくるのではないでしょうか。

さらに、キャリアバイトでは長期有給インターンシップの情報を多数掲載しています。
「これだ!」という業界を見つけた学生さん、今度は是非、インターンに参加して実際の雰囲気を感じてみてください。新たな発見があなたの未来を変えるかもしれません!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

広告業界のインターン、一体どんなことをするの?
その他

広告業界のインターン、一体どんなことをするの?

やっぱりインターンが一番良い!?エンジニアに必要な技術を習得するには
エンジニア

やっぱりインターンが一番良い!?エンジニアに必要な技術を習得するには

インターンシップの保険は労災保険とは違う!
準備・心構え

インターンシップの保険は労災保険とは違う!

押さえておこう!企業がインターン生に求めていること
準備・心構え

押さえておこう!企業がインターン生に求めていること

未経験でも大丈夫? エンジニアインターンをする時の心構え
準備・心構え

未経験でも大丈夫? エンジニアインターンをする時の心構え

インターンシップで辞退するときの正しい断り方/メール例文あり!
インターンについて

インターンシップで辞退するときの正しい断り方/メール例文あり!