キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

心構え、行動

インターン先で結果を出すためにできる5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターン先で結果を出すためにできる5つのこと いくら内定直結型インターンがあると言っても、結果が出せなければ内定には繋がりません。結果を出すためには、与えられた仕事を効率よくこなす必要があります。
ではどうすればよいのか。
 
実は、5つのことを実践するだけで仕事の効率を上げることができるんです!
今回は、インターンから内定に繋げるための実践的な方法を紹介していきます。

5つの実践的方法

これからご紹介する5つのことは、日々仕事をしている中で意識すれば簡単にできることです。
できるビジネスパーソンは以下のことを自然と実践しているので、まずはその取り組みから真似していきましょう!

1.仕事の開始時刻を早める

1日は24時間しかありません。これはどんな人でも同じです。
そして、会社に勤めて仕事をする就業時間(平均8~9時間)は、24時間のうちでもさらに限られています。

仕事に慣れないうちは、就業時間の間に全ての業務を終わらせることは難しいかもしれません。
そんなときは、早めに出社してみてはどうでしょうか。
仕事が始まると、電話やメールでのやり取り、会議などが入り、なかなか仕事に集中できる環境が整いづらいです。
しかし就業時間開始前であれば、静かな空間の中で仕事に集中することができます。

その分、仕事をする時間も増えるため、周りより早く仕事をこなせることでしょう。
そしてこの行動が上司の目にとまれば、あなたの評価が上がることは間違いないです。

2.制限時間を作る

仕事はじっくりとやった方が良いものが出来上がる、そういうわけでもないんです。
良いアイディアが浮かばないからといって、ずっと同じ作業に固執してしまうのは良くありません。時間だけが過ぎていきます。
時間を無駄にしないためにも、制限時間を設けてみましょう。

例えば、1時間ごとにやる仕事を区切って、1時間を超えたら次の仕事へシフトチェンジするなど。
制限時間を設けることで、「この時間までに終わらせなきゃ」という危機感が生まれ、集中力も高まります。
もしつまずいてしまったら、その仕事は後回しにしてみてください。その日にやる仕事がひとつも終わらないよりは良いでしょう。

もしかしたら後になって、後回しにした仕事の突破方法が見つかるかもしれません。

3.優先順位を考える

これは普段の生活の中でも、自然に実践していると思います。
課題を先にやるか、お風呂に入って寝る準備を先に終わらせるか、など。
仕事をする際にも、優先順位を考えることはとても重要になってきます。

まずは、現状ある仕事を紙に書き出してみましょう。
付箋などに書くと、剥がしたり移動したりできるので便利です。

次に、締め切り日や仕事の難易度などを考えて優先順位を決めていきます。
すぐに仕上げなければならないのか、明日でも間に合う仕事なのか、時間がかかりそうな仕事なのか、今すぐに片付けられそうな仕事なのか。
自分の頭でしっかり整理していきます。

優先順位が決まったら、今やる仕事が一目で分かるようにしましょう。
自分のデスクに付箋を貼るもよし、To-doリストを作るもよし。どうやったら自分が一番効率的に仕事をこなせるかで判断しましょう。

4.断捨離をする


断捨離とは、必要のないものをち、てて、執着かられることを言います。

仕事の容量が悪い人は、不要なものも溜め込んでいる場合が多いです。
簡単にできることとしては、デスクを綺麗に整頓することです。

前の仕事の資料が出しっぱなしになってはいませんか?
仕事に関係のない自分の関心が移ってしまうようなものは出ていませんか?
必要のないものは捨てるか、きちんと整理をして片付けましょう。机の上が汚いだけで、仕事ができない人という印象を与えてしまう可能性もあります。

また、何でもかんでも仕事を引き受けてしまうのは良くありません。
もちろん、多くを断ってしまうのは何をしに会社へ来ているんだという話になってしまうので論外ですが、自分ができそうにもない仕事を引き受けて結果的に達成できずに終わるのは、信用を失ってしまいます。

これも「断捨離」の気持ちを忘れずに、今の自分では引き受けるのが難しそうな仕事に対しては、正直にその旨を伝えましょう。
仕事を選ぶことができるのも、ビジネスを成功させていくのには重要な要素です。

5.スケジュールを一元化する

スケジュールの一元化とは、仕事とプライベートのスケジュールを一緒に管理するということです。
仕事とプライベートでスケジュールを分けて管理しているという方も多いと思いますが、できれば一元化した方が仕事の効率を上げられます。

プライベートは手帳で、仕事はアプリで、このようにスケジュール管理を分けていたら、あれこれと確認しなければならないため、その分時間のロスが生じてしまいます。
また、予定を見過ごしてダブルブッキングをしてしまうなど、最悪な事態も想定されます。

そのため、一目見て仕事とプライベートのスケジュールを把握できるほうが、リスクも避けられ、すぐに次のスケジュールを組むことができます。
アナログでとデジタル、それぞれに長所はあるので、自分に合ったスタイルで一元化して管理してみましょう。

内定への近道は成果をあげること

いかがでしたでしょうか。
インターンシップからそのまま内定をもらうというケースは多いです。
しかし、みんながみんな内定へ繋がるというわけでもありません。

内定をもらえるのはやはり選ばれた人であり、会社に対して成果を上げた人です。努力だけでは難しいところがあります。

人よりも早く仕事をやり終える、新しい仕事をもらう、会社に多くコミットできるようになる。日々のちょっとした努力が今後の人生に繋がることは間違いありません。

是非、今回挙げた5つのことを実践して、インターン先で活躍してください!

5つの実践的方法

これからご紹介する5つのことは、日々仕事をしている中で意識すれば簡単にできることです。
できるビジネスパーソンは以下のことを自然と実践しているので、まずはその取り組みから真似していきましょう!

1.仕事の開始時刻を早める

1日は24時間しかありません。これはどんな人でも同じです。
そして、会社に勤めて仕事をする就業時間(平均8~9時間)は、24時間のうちでもさらに限られています。

仕事に慣れないうちは、就業時間の間に全ての業務を終わらせることは難しいかもしれません。
そんなときは、早めに出社してみてはどうでしょうか。
仕事が始まると、電話やメールでのやり取り、会議などが入り、なかなか仕事に集中できる環境が整いづらいです。
しかし就業時間開始前であれば、静かな空間の中で仕事に集中することができます。

その分、仕事をする時間も増えるため、周りより早く仕事をこなせることでしょう。
そしてこの行動が上司の目にとまれば、あなたの評価が上がることは間違いないです。

2.制限時間を作る

仕事はじっくりとやった方が良いものが出来上がる、そういうわけでもないんです。
良いアイディアが浮かばないからといって、ずっと同じ作業に固執してしまうのは良くありません。時間だけが過ぎていきます。
時間を無駄にしないためにも、制限時間を設けてみましょう。

例えば、1時間ごとにやる仕事を区切って、1時間を超えたら次の仕事へシフトチェンジするなど。
制限時間を設けることで、「この時間までに終わらせなきゃ」という危機感が生まれ、集中力も高まります。
もしつまずいてしまったら、その仕事は後回しにしてみてください。その日にやる仕事がひとつも終わらないよりは良いでしょう。

もしかしたら後になって、後回しにした仕事の突破方法が見つかるかもしれません。

3.優先順位を考える

これは普段の生活の中でも、自然に実践していると思います。
課題を先にやるか、お風呂に入って寝る準備を先に終わらせるか、など。
仕事をする際にも、優先順位を考えることはとても重要になってきます。

まずは、現状ある仕事を紙に書き出してみましょう。
付箋などに書くと、剥がしたり移動したりできるので便利です。

次に、締め切り日や仕事の難易度などを考えて優先順位を決めていきます。
すぐに仕上げなければならないのか、明日でも間に合う仕事なのか、時間がかかりそうな仕事なのか、今すぐに片付けられそうな仕事なのか。
自分の頭でしっかり整理していきます。

優先順位が決まったら、今やる仕事が一目で分かるようにしましょう。
自分のデスクに付箋を貼るもよし、To-doリストを作るもよし。どうやったら自分が一番効率的に仕事をこなせるかで判断しましょう。

4.断捨離をする


断捨離とは、必要のないものをち、てて、執着かられることを言います。

仕事の容量が悪い人は、不要なものも溜め込んでいる場合が多いです。
簡単にできることとしては、デスクを綺麗に整頓することです。

前の仕事の資料が出しっぱなしになってはいませんか?
仕事に関係のない自分の関心が移ってしまうようなものは出ていませんか?
必要のないものは捨てるか、きちんと整理をして片付けましょう。机の上が汚いだけで、仕事ができない人という印象を与えてしまう可能性もあります。

また、何でもかんでも仕事を引き受けてしまうのは良くありません。
もちろん、多くを断ってしまうのは何をしに会社へ来ているんだという話になってしまうので論外ですが、自分ができそうにもない仕事を引き受けて結果的に達成できずに終わるのは、信用を失ってしまいます。

これも「断捨離」の気持ちを忘れずに、今の自分では引き受けるのが難しそうな仕事に対しては、正直にその旨を伝えましょう。
仕事を選ぶことができるのも、ビジネスを成功させていくのには重要な要素です。

5.スケジュールを一元化する

スケジュールの一元化とは、仕事とプライベートのスケジュールを一緒に管理するということです。
仕事とプライベートでスケジュールを分けて管理しているという方も多いと思いますが、できれば一元化した方が仕事の効率を上げられます。

プライベートは手帳で、仕事はアプリで、このようにスケジュール管理を分けていたら、あれこれと確認しなければならないため、その分時間のロスが生じてしまいます。
また、予定を見過ごしてダブルブッキングをしてしまうなど、最悪な事態も想定されます。

そのため、一目見て仕事とプライベートのスケジュールを把握できるほうが、リスクも避けられ、すぐに次のスケジュールを組むことができます。
アナログでとデジタル、それぞれに長所はあるので、自分に合ったスタイルで一元化して管理してみましょう。

内定への近道は成果をあげること

いかがでしたでしょうか。
インターンシップからそのまま内定をもらうというケースは多いです。
しかし、みんながみんな内定へ繋がるというわけでもありません。

内定をもらえるのはやはり選ばれた人であり、会社に対して成果を上げた人です。努力だけでは難しいところがあります。

人よりも早く仕事をやり終える、新しい仕事をもらう、会社に多くコミットできるようになる。日々のちょっとした努力が今後の人生に繋がることは間違いありません。

是非、今回挙げた5つのことを実践して、インターン先で活躍してください!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

自己紹介は自己PRではない!話す内容のポイントとは
自己紹介

自己紹介は自己PRではない!話す内容のポイントとは

キャリアバイト使いこなしてる?履歴書を完成させよう!
履歴書

キャリアバイト使いこなしてる?履歴書を完成させよう!

効果的に伝えよう!STAR法を使った自己PR
自己PR

効果的に伝えよう!STAR法を使った自己PR

業界研究ってどうやるの!?就活の分かれ道はここにあった
企業、業界、職種分析

業界研究ってどうやるの!?就活の分かれ道はここにあった

そもそもデザイナーって何するの?基本情報!
デザイナー

そもそもデザイナーって何するの?基本情報!

【女子大生必見】就活で好印象の髪型って何!?
服装、髪型

【女子大生必見】就活で好印象の髪型って何!?

知りたいことなどを入力してください

新着インターンシップ

東京都
創作欲が刺激される環境です

株式会社ユナイテッドスクエア

NEW!

【会社】 株式会社ユナイテッドスクエアは、東京・代官山にオフィスを構える広告代理店です。 music.jpのCM・・・

東京都
お客様は何を求めているのか?問題解決力を磨こう。

ビーモーション株式会社【東京】

NEW!

■ビーモーションとは "家電メーカーとお客様をつなぐ" "メーカーの想いを伝えるプロ集団" それがビーモーションで・・・

神奈川県
お客様は何を求めているのか?問題解決力を磨こう。

ビーモーション株式会社【神奈川】

NEW!

■ビーモーションとは "家電メーカーとお客様をつなぐ" "メーカーの想いを伝えるプロ集団" それがビーモーションで・・・

東京都
だまし絵です。元気な人に見えたり、サイコロにしがみついている人に見えたり。

カレイドソリューションズ株式会社

NEW!

カレイドソリューションズ株式会社は、 「ゲームを用いた研修」を扱う、業界のパイオニア企業です。 弊社のあらゆる業務に・・・

東京都
(代表者メッセージ)WEBマーケティングで世界を動かす。そんな力を身に付けたい方の応募を待っています。

株式会社EXIDEA【マーケティング】

NEW!

当社EXIDEAは、Webマーケティング歴13年という代表の小川が立ち上げた日本では珍しいグロースハッカーが中心に活躍す・・・