キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

心構え、行動

ビジネス人生を左右する!?上司と上手く付き合うコミュニケーション能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネス人生を左右する!?上司と上手く付き合うコミュニケーション能力 インターンを始めて避けては通れない道、それは上司とのコミュニケーションです。仕事をする上での基礎や分からないことは全て上司の方が教えてくれます。そのため、普段あまり目上の方と接しない学生さんも上司との付き合いは必須です。

さらに、上司とのコミュニケーション能力は入社した後に、より重要になってきます。なぜなら、同じ会社で働くうえで、上司と部下の信頼関係は仕事に影響してくるからです。ぎすぎすした関係の中、仕事が上手くいくはずもありません。良い意味で上司に好かれることは重要です。新たなビジネスチャンスにも繋がるかもしれません。

そこで今回のテーマは、インターン生、そして社会人にも必須の「上司とのコミュニケーション」について。上司と友好な関係を築くにはどうすれば良いのか、徹底解明していきます!

コミュニケーション能力とは

そもそも、コミュニケーション能力とは何なのか。その定義は人によって様々だと思います。
一般的にコミュニケーションとは、意思や感情、思考を伝達し合うことの意味でその言葉が使われます。

つまりコミュニケーション能力が高いとは、これらのことを伝達する能力が高いこと、それによって他者との意思疎通がスムーズに図れることを示します。
「上司だから」という気持ちで自分のやりたいことや思っていることを抑え込んでしまっては、良い仕事が出来ません。

したがって、仕事をするうえで重要になってくるコミュニケーション能力とは、自分のペースをくずさず、周りを巻き込むことができるかそれも周りの人に嫌な思いをさせることなくできるかということです。相手の立場関係なく、気持ちよく周りを巻き込んでいく、これこそビジネスをするうえで求められるコミュニケーション能力ではないでしょうか。

上司とのコミュニケーション3箇条

でも、そう簡単にできるものでもありません。やはり目上の方となると物怖じしてしまいますよね。
特にインターン生は慣れないオフィスへの勤務で、最初は自分のペースも掴めないと思います。

そこでまずは、基礎中の基礎である「ホウ・レン・ソウ」を実行してみましょう。
これは社会に出たら必須のもので、上司との信頼関係を築くうえで必要不可欠のものとも言えます。
インターン生のうちから身に付けておけば、「しっかりしている子だな」という印象を持ってもらえることは間違いありません。

ホウ・レン・ソウの意味は「報告・連絡・相談」です。

1. 報告

これは業務の進行具合や状況を上司が把握するためのものです。
基本的に「報告」は口頭や文書で行われます。仕事をやり終えた時が業務完了ではなく、上司への「報告」を終えて了解を取ってからが業務完了です。この「報告」を忘れないようにしましょう。

2. 連絡

これは業務を円滑に遂行するために必要なコミュニケーションです。外出をする際の行き先や帰社時間など、きめ細かく「連絡」をすることで上司も指示を出しやすいです。
この「連絡」がないと上司は不信感を抱いてしまうため、忘れないように心掛けましょう。

3. 相談

これが上司と信頼関係を築くうえでキーとなるものです。しかし、上司に対して「相談」しづらいという考えも抱いてしまうため、ハードルは高いですよね。

でもこの壁を乗り越えて、思い切って不安に思っていることなどを「相談」してみれば、親身になってアドバイスをくれるはずです。自分よりも年齢が上で経験値も高い方の話には、たくさんのヒントが詰まっています。

さらに自分が心を開いて相談することで、相手も心を開いてくれ、強い信頼関係が生まれます。これは業務を円滑に行うためのサポートにもなるでしょう。


以上のことが上司と接する際に必要不可欠なコミュニケーションです。
これらのことは前提として、今度は自分のペースに巻き込むためのコミュニケーション能力を身に付けていきましょう。

まずは「聞き上手」に

会社では、会議など大人数での話し合いが多くなってきます。そのため、何を話すか、どのように伝えるかに意識を向けがちです。もちろんそれも大切なのですが、自己主張だけに関心を向けてしまえば、人の話が聞けない周りの見えない人という印象を与えてしまいます。

そうならないためにも、まずは「聞くこと」を意識してみましょう。
自分の意見を述べるのは、人の話を聞いて十分に理解してからです。

むやみやたらに意見を述べたり、相手が話している最中に遮って話し出すのはNGです。相手を理解して聞くという「傾聴」を意識しましょう。

「共感」を忘れずに

上司と打ち合わせをしていて意見の違いを感じた際も、即座に否定するのは避けましょう。
真っ向からその意見を突き放してしまうのではなく、相手の立場になって考えることで理解できることもあるはずです。

「共感」されて嫌な気分になる人はいないでしょう。相槌を打ったり、質問をしたりしながら、相手の真意を読み取っていきます。そして「共感」をした上で、自分の意見を冷静に述べていきましょう。そうすることで、上手く相手を自分のペースに巻き込むことが出来ます。

「敬意」は常に持とう

どんなコミュニケーションでも、その前提には相手への「敬意」が必要です。相手の立場になって行動・発言をしていけば、相手に悪い思いをさせることもありません。

こちら側がしっかり「敬意」を示していれば、何か提案があるときも快く受け入れてくれるでしょう。まずはマナーを守り、しっかり挨拶をするなど、身近なことから「敬意」を示していきましょう。いかがでしたでしょうか。最初はどんな仕事をするのにも、上司の手助けが必要不可欠です。以上のことに気を付けながら、上司と良好な関係を築いて、インターン生活を充実したものにしていきましょう!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

集英社、小学館、講談社。出版大手3社の比較!
企業、業界、職種分析

集英社、小学館、講談社。出版大手3社の比較!

学生生活との両立にピッタリ! 週1日から始められるインターンシップ5選
インターンについて

学生生活との両立にピッタリ! 週1日から始められるインターンシップ5選

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】
事前準備の方法

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】

インターンでも知っておきたいプロジェクトマネジメントの極意3点
企画/マーケティング

インターンでも知っておきたいプロジェクトマネジメントの極意3点

【就活女子必見!】リクルートスーツの着こなし方
服装、髪型

【就活女子必見!】リクルートスーツの着こなし方

「プログラマー」って何?
エンジニア

「プログラマー」って何?