キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

インターンシップとは?インターンの定義や基本事項など、これだけはおさえよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンシップとは?インターンの定義や基本事項など、これだけはおさえよう! “3年3割”という言葉、みなさんご存じですか?
これは新卒で採用した大学生のうち、3割は3年で離職してしまうという企業と新卒採用のミスマッチを表している言葉です。

この問題を解決するべく、アメリカで発祥したのがこのインターンシップ(略:インターン)制度。「就業体験」という言葉をイメージしてもらえればわかりやすいかもしれません。

日本では「将来のキャリアを考える学習経験のひとつ」として、多くの大学生がインターンを経験するようになりました。
このインターンを通して「仕事とは何か」「企業や社員の雰囲気はどうか」などを理解した上で、職業選択ができると注目を浴びています。

学生にとってのメリット

では、インターンを経験することでどんな学生にはメリットがあるのでしょうか。

適切な職業選択ができる

先ほど“3年3割”という話がありましたが、「実際に就職してみて想像と違った」という学生からの意見は少なくありません。 このようなミスマッチは情報収集不足が関係しているでしょう。

「収入が安定している大手が良いから」「マスコミを通じて社名や商品を知っているから」などの理由で学生の就職希望は大手企業に偏ります。
そして企業側も、エントリーシートや面接試験のみで採用するところが多いため、どんな人柄なのか、課題解決能力や持続力はあるのかなど、面接試験だけでは分からない学生の能力を見定めることが出来ずに採用してしまいます。

その結果、就職後に学生と企業のミスマッチが浮かび上がり、「3年で3割が離職」という事態に陥ってしまうのです。
これを防ぐために事前に企業で就業体験をすることは、学生側からしたら企業の雰囲気や実際の仕事現場を肌で感じることになり、企業側からしたら学生がどんな人なのか、どんな能力を持っているのか、面接だけでは見えない部分を見る良い機会になります。

仕事に必要な知識やスキルが身に付く

インターンを経験することでその仕事に特化した知識やスキルが身に付きます。
ネットや本だけでは養うことが出来ない知識を、その世界で活躍する方々に囲まれて学ぶことが出来るのです。その経験は就職での自己PRや志望動機として、周りの人たちと差をつけることができるはずです。

内定を得るチャンスが増える

インターンの中には「内定直結型インターンシップ」というものがあります。
企業側が学生の人柄や働きぶりを見て、求める人材とマッチしていると判断すれば内定に繋がるというものです。自分が就職したいという企業がこの型のインターンを行っていれば、積極的に参加するべきでしょう。

また、内定に繋がらなくても、社会人との人脈ができることは確かです。
どこにビジネスチャンスが転がっているかわかりません。人脈は大いなる武器です。

企業にとってのメリット

学生にとってのメリットは分かったけれど、企業はなんでインターン制度をやっているの?
入社も決まっていない大学生に、わざわざ職業体験させるメリットはあるの?
今度はこんな疑問に答えていきます。実は企業にもメリットは沢山あるのです!

企業と学生のミスマッチを防ぐ

このメリットは学生の時と同じです。 「うちの企業に就職したら出来るだけ長く活躍してほしい」こんな想いはどこの企業だって同じです。
3年で3割もの人に辞められたら困りますからね。インターンを通じて学生と長時間ともにすることで、数回の面接よりも学生の性格や能力を見極めていきます。
いわゆる「新卒採用の下見」というものをこの機会にすることが出来るのです。

職場に活気が出る

普段の職場に社外の人間が入ることで空気がガラリと変わります。社員もインターン生に教えたり、逆に新たな発見をしたりなど、インターン生が良い刺激となって社内が活性化するのです。
そのため、若手社員の成長や学生の持つアイディアを期待する企業も多いようです。

企業のPRになる

インターンを受け入れるということは、大学生向けのインターンサイトなどに大々的に広報することになります。 多くの大学生が目にするため、自分たちの企業のことについて知ってもらう良いチャンスになるのです。

インターンの種類

インターンには大きく分けて2つの種類があります。

短期体験型インターン(1日~1か月以内)

短期体験型インターンはみなさんがよく耳にする「サマーインターン」や「ウィンターインターン」といったものです。
こちらは主に3・4年生が就活の一環として行うもので、自分の志望あるいは興味のある会社で3日間~1週間ほど「職業体験」をします。

メリットとしては、多くの企業で短期のインターンシップを「体験」できる、企業のビジネスモデルや雰囲気を知ることが出来るなどが挙げられますが、一方で、期間が短いため実社会との接点がない、体験はできるが実際に働く「経験」はできないためスキルが身に付かないなどのデメリットがあります。

長期実践型インターン(1か月以上)

「キャリアバイト」をはじめ、多くのベンチャー企業で取り入れられているのが長期実践型インターンです。1~3カ月より長い期間、企業で正社員同様の実務を「経験」できます。

長期実践型インターンのメリットとしては、「学年不問」の企業がほとんどのため学部1・2年から参加可能、「就労経験」ができるため社会に出てからも役立つスキルが身に付くなど、
デメリットとしては、3カ月以上など実施期間が長いため学業との両立が求められる、並行して多くの企業で働くことが難しいなどがあります。さらに、細かくインターンの種類を分けると期間の短いものから以下のようになります。
  • ・見学型インターン
3時間〜1日のごく短時間で行われます。
社会見学のようなイメージで、とりあえず興味のある企業や業界の職場を知りたいという学生に向いています。
  • ・体験型インターン
セミナーやワークショップを通し、1日〜3日ほどの短い期間で仕事や業界について体験できるタイプのインターンです。
まだ自分が働いてみたい仕事や業界が定まっておらず、いろいろな仕事・業界を知って判断したいという学生に向いています。
  • ・プロジェクト型インターン
期間は1週間〜2週間が多く、中には1ヶ月の中期で実施されるインターンもあります。
就活生同士でグループを組み、与えられた課題に沿ってプロジェクトやプランに取り組みます。
メリットとしては、成果を出した学生は覚えてもらえる機会が増えるため選考で有利になる可能性がある、一緒にプロジェクトに取り組んだ仲間と友達になれるなどがあります。
  • ・長期実践型インターン
1ヶ月〜3ヶ月の中長期、中には半年から1年の間実施されるインターンもあります。
週1日でOKのところもあれば、週に2〜3日以上出社する必要があるところもあり、週の出社日数はインターンによって異なります。
長期実践型インターンシップは給料や交通費が出る場合が多く、給料をもらいながら実務経験ができるというメリットがあります。実務を経験しながらバイト代わりになるので一石二鳥です。
  • ・内定直結型インターン
参加することで内定が得られるということではなく、内定に繋がる可能性があるインターンを内定直結型インターン、または採用直結型インターンと呼びます。
与えられた課題を確実にこなしているか、職場に馴染めているかなどを見て、適性があると判断されればインターンから内定が出る可能性があります。

キャリアバイトでは

みなさんの多くはお金を稼ぐためにアルバイトをされていると思います。この「収入を得る」ことに「自分を成長させること」「社会を知ること」「スキルを磨く・身につけること」などの目的をプラスしてみませんか?

キャリアバイトではお金を稼ぎつつ、企業で実務経験のできる「長期実践型インターンシップ」の機会をご用意しています。
「どうせお金を稼ぐなら、将来に生きる経験を積みながら稼ぎたい」そんな大学生をキャリアバイトは支援していきます。
みんなより一足先にインターンを経験して、差を付けませんか?どのインターンにもメリット・デメリットがあるので、自分の目的にあったインターンを探していきましょう。
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

これもビジネスマナー!?男性のネイル事情
服装、髪型

これもビジネスマナー!?男性のネイル事情

Webサービスを作ってみたい大学生必見!!プログラミング経験0から作ったWebサービスまとめ
エンジニア

Webサービスを作ってみたい大学生必見!!プログラミング経験0から作...

【髪の長さ別に解説】インターンに適した髪型は?(女性編)
服装、髪型

【髪の長さ別に解説】インターンに適した髪型は?(女性編)

【就活生必見】1,000社以上のベンチャー企業の採用支援をしてきた著者がおススメする優良ベンチャー企業10選!
まとめ

【就活生必見】1,000社以上のベンチャー企業の採用支援をしてきた著者...

正社員と同レベルで私たちの成長のために投資してくれる|早稲田大学 平林 大河
体験談

正社員と同レベルで私たちの成長のために投資してくれる|早稲田大学...

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNGワード
営業

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNG...