キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

就活に有利!?長期インターンの実態とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活に有利!?長期インターンの実態とは 「私がインターンに参加する理由、それは就活に有利になるから」

そんな学生さんも多いのではないでしょうか。では実際のところ、インターンと就活にはどんな関係があるのか、どういうインターンが就活に有利になるのか。
今回はこんな疑問に、インターン経験者の声を交えながら答えていきたいと思います。今後のインターン選びに、是非参考にしてみてください。

短期インターンよりも断然長期インターン

これからインターンをやろうかと迷っている人には、長期インターンをおすすめします。
その理由は後ほど。
そもそもインターンには、長期インターンと短期インターンがあり、2つの違いは以下の通りです。

【長期インターン】
長期インターンの期間は3カ月や半年、あるいはそれ以上のものなど、企業によって様々です。
長期インターンの特徴でもありメリットは、実際の業務を経験できるという点です。
また、コミット次第でさらに大きなプロジェクトにも関わることができます。
長期間、その業界で活躍している方と一緒に仕事をすることは、とても良い刺激になるでしょう。

【短期インターン】
短期インターンの期間は1日~1週間程度のものが多いです。
企業が就活時に行っている研修や説明会に近いようなもので、気軽に参加することができます。
色々な企業を見てみたいという人に向いています。
しかし長期インターンと違って、実際の業務を経験することは少ないようです。

では、長期インターンのどこがいいのか。長期インターンも短期インターンもメリットとデメリットがあります。この二つの大きな違いはやはり、「期間の長さ」であり、長期インターンでの深い経験はデメリットを凌駕するほどのメリットを生み出してくれます。

長期インターンの圧倒的メリット

就活の模擬体験ができる

長期インターンの多くは、エントリーシートや面接などの選考を経て参加が決まるため、就活で経験することを事前に体験することになります。就活の時に初めてこういった選考を経験するよりは、予め選考の模擬的な体験をしておいた方が圧倒的に有利ですよね。

職業適性が判断できる

インターンに参加することで、参加先の企業の特徴や、その業界のことをより深く知ることができます。「自分が想像していたものと違っていた」なんてこともあるかもしれません。入社してしまってからでは遅いですが、インターンのうちはいくらでも将来のことについて検討することができます。

同じ志を持った仲間が見つかる

インターン先には本当に色々な人が集まります。学校も違えば、趣味や価値観も違う。けれども、皆自分の将来を見据えてインターンに参加していることは間違いありません。将来の夢は違っても、同じように高い志を持っている人に出会うことができます。
そんな仲間と共に活動して刺激を受けることで、自分自身も高めることができるはずです。

実践的な経験ができる

短期インターンと違って長期インターンでは、体験だけに留まらない実際の業務を任せられます。そのため責任も大きいです。けれどもこの経験が、就活でのアピールポイントとなることは間違いないです。即戦力となるスキルが身に付きます。

就活に活かすなら

もしあなたが「就活に役立てたい」と考えているなら、断然長期インターンが有利です。
なぜなら、長期インターンでの経験は、就活で「頑張ったことアピール」をする際にあなたの強みとして働くからです。就活では高い確率で「学生生活の間に頑張ったこと」を聞かれるでしょう。

どんなことに力を入れ、困難にぶつかった際はそれをどのように対処したのか、そしてそれらのことが入社後にどのように生き、発揮してくれるか、採用する際の判断材料としてこれらのことが重要になってきます。

今まで頑張ってきたことがないという人、勉強やアルバイトなどみんながやっているようなことしかアピールできるものがないという人、まだまだ間に合います!
長期インターンを経験して、就活でのアピールポイントを作っちゃいましょう。

さらに、ビジネスマナー、専門的スキル、業界での人脈作りなど、就活後の仕事にも直結して役立つものを長期インターンでは得ることができます。

長期インターン経験者の声

  • ・「自然とビジネスマナーが身についた」
  • ・「インターンを通して人脈が広がった」
  • ・「長期インターンに参加し、そのままその企業に就職が決まった」
  • ・「インターンで携わったプロジェクトが就活の際のアピールポイントになった」
  • ・「実際に働いてみたところ、自分が思っていたような仕事とは違うことがわかった」
  • ・「企業の良し悪しの見分け方が、ある程度身についたと思う」
  • ・「インターンを経験して自信がついた」
  • ・「自分が未熟であるということを改めて実感できた」
このようにインターン経験者の中には、自分自身の成長を確認できたという人、就活でのアピールポイントになったという人、新たな出会いがあったという人など、「インターンを経験して良かった」という声がほとんどです。
インターンが就活に役立つかどうかはその人の頑張り次第ということにもなりますが、インターンをやったから不利になるということは絶対にありません。

また、「インターンに応募して選考で落とされたら就活で不利になるのではないか」という声もありますが、そのようなことも一切ありません。むしろインターンの選考で落とされたら、今の自分に何が足りないかを考えることができ、本当の勝負である就活でリベンジできるのです。

3・4年生のみなさん、今からでも遅くはありません!1・2年生のみなさん、早めの対策を!長期インターンを活用して就活を有利に進めませんか?
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

初心者向け!Webデザインの勉強に役立つサイト4選
デザイナー

初心者向け!Webデザインの勉強に役立つサイト4選

インターンの面接で聞かれる定番の質問と好印象な答え方
質問対処法

インターンの面接で聞かれる定番の質問と好印象な答え方

【実は一番やりがいがある?】同時に複数のスキルが身につく接客インターンの魅力
その他

【実は一番やりがいがある?】同時に複数のスキルが身につく接客イン...

インターン面接の質問で「できる大学生」と思わせる!質問力を上げる3つのコツ
質問対処法

インターン面接の質問で「できる大学生」と思わせる!質問力を上げる...

港区でできる広告業界のインターンシップ5選
その他

港区でできる広告業界のインターンシップ5選

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNGワード
営業

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNG...