キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

エントリーシート(ES)

これが決め手!インターンの履歴書とエントリーシートの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これが決め手!インターンの履歴書とエントリーシートの書き方 「やっとやりたいインターンを見つけた!」そうなったら今度は応募の準備です。
インターン採用の第一関門となる履歴書・エントリーシート。
ここで面倒だからと言って手を抜いては、他の応募者の中に埋もれてしまい合格は掴めません。

そこで今回は、「この子と会ってみたい!」と思ってもらえるような履歴書・エントリーシートの書き方をご紹介します。

そもそも履歴書とエントリーシートの違いは?

「履歴書とエントリーシートって同じじゃないの?」
こんな風に思う方も多いと思います。
でも実は、書く内容もアピールポイントも変わってくるのです。この二つの違いを理解して適切な内容を書くことがインターン採用の鍵となってきます。

【履歴書】
皆さんの中には、アルバイトの面接などで履歴書を書いたことがある人も多いのではないかと思います。履歴書とは簡単に言うと、「過去の自分」をアピールするものです。履歴書に記入する基本的な項目は、名前・住所・学歴(職歴)・資格免許・志望動機(本人希望欄)です。

つまり、履歴書で企業側が重視していることは、学歴や職歴、資格免許ということになるでしょう。逆に言うと、その企業で働きたいという気持ちを伝えることができるのは、ほぼ志望動機欄だけと言えます。

【エントリーシート】
一方、エントリーシート(ES)では、「これからどうしていきたいのか」という「未来のこと」について聞かれます。そもそもESは市販では扱っていなく、その企業が独自で制作しています。つまり、企業側が"何らかの狙い”を込めて作っているということです。

ESは履歴書とは違って、志望動機やインターンを通して学びたいことなど、あなたの想いを存分に伝える場です。過去の経歴だけでは分からないあなたの人となりが、ここで知られることになります。
ありきたりな志望理由ではなく、あなたにしか書けない「その企業でなくてはいけない理由」を見つけましょう。あなたがその企業でインターンをする「必然性」が重要になってきます。

履歴書のポイント

以下の項目が履歴書を提出するうえでの最低限のマナーです。これらのことを守って、やっと選考のスタートラインに立てます。
提出前にもう一度誤りがないか、確認しておきましょう。
  • ・字は丁寧に書いているか
  • ・誤字脱字はないか
  • ・履歴書は汚れたり破れたりしていないか
  • ・学校名や資格の名称は略さず正式名称で書いているか
  • ・適切な証明写真か(服装・サイズなど)
  • ・入学・卒業年次を両方書いているか
  • ・資格欄や志望動機欄は埋まっているか

これに加えて、履歴書のコピーを取っておくと良いでしょう。また、万が一証明写真が剥がれた場合のために、写真の裏に大学名・学部・名前を油性マジックで書いておくことをおすすめします。

さて、内容としては「簡潔に」を心がけると良いです。なぜなら、履歴書の志望動機欄や自己PR欄は比較的記入スペースが狭いからです。
そのため、伝えたい事を分かりやすく簡潔にまとめることで、読む人の頭にすんなりと入っていきます。
「どうしてインターンシップに参加したいのか」「参加して自分がどうなりたいか」「何がしたいのか」など、自分の一番伝えたい事だけを履歴書の志望動機欄では書きましょう。具体的なエピソードや自己PR、その企業への想いはESに存分と書くことができます。

ESのポイント

一番伝えたい結論から書く

採用担当の人は何十枚、何百枚ものESを読みます。そのため、要点のまとまっていないESは読みにくいですし、頭にも残りません。

まずは自分の伝えたいことが、相手にも同じように伝わるようにESを書きましょう。基本的にESの文字数は400字~800字が多いそうです。そうなると、長く自分の想いを綴っているだけでは「結局何が言いたいのか?」という事態になってしまいます。

まずは「~という理由で御社のインターシップを志望しました」というような結論からシンプルに書いて、その後に根拠となるものを示して肉付けしていきましょう。

「過去」「現在」「未来」を一貫して書く

今回重要となってくるのは「過去」「現在」「未来」の一貫性です。

【過去】
「過去」というのはあなたがこれまで頑張ってきた活動実績のようなものです。履歴書に書いた資格や大会記録などとリンクさせて書くと良いでしょう。
どのように努力したのか、そこで直面した困難、そしてそれをどのように乗り越えたのかなど、話を広げていきましょう。そしてその活動を通して得たあなたの価値観や信念など、経歴だけでは分からない部分を具体的に書くと、他の人と差別化を図れます。

また、数字で証明できるものは数字で伝えましょう。
どんなに小さなことでも良いです。
「サッカー部のキャプテンとして、120人の部員をまとめていました」「野球を10年間続けていました」など、読む人の頭に想像がつくことが大事です。【現在】
「現在」というのはあなたが夢を実現するために大切にしていること、日々実践していることです。重要なのは一貫性です(過去の活動でこういう教訓を得たから現在はこういうことを意識しながら挑戦しているなど)。
大学の勉強で頑張っていることやサークル活動、バイトなど、あなたが日々どれだけ将来へ向けた目的意識を持っているかを書きましょう。【未来】
「未来」はもちろん、あなたの将来の夢や将来やりたい事です。将来のビジョンを述べてください。
将来の夢は必ず、過去においてそのきっかけとなる出来事があったはずです。
それを過去・現在・未来の一貫したストーリーで書けば説得力が増し、相手の心を掴むESとなるでしょう。そして最後に、その企業のインターンに応募した理由を書きます。ここが一番重要ですね。
これは「現在」のあなたから「未来」の理想とするあなたになるためには、御社のインターンを経験することが必要不可欠であるということを書かなければなりません。インターンを通して得られる知識やスキル、インターンを経験してどうなりたいかなど。
さらに、一方的に成長できることだけではなく、自分がインターン先で活躍できることなどもあると尚良いです。

何より重要なのは、その企業でなければならない必然性です。これが盛り込まれていると、周囲の人より1歩も2歩もリードすることができます。

(例)
「中学3年生の時に御社で職業体験をさせて頂きました。そこで社長がおっしゃっていた『とことん自分が満足するまで突き進んだとき、それは他人にとっての価値となる』という言葉に感銘を受け、その時からこの言葉を胸に邁進して参りました」

このように、企業との関わりが書ければ、あなたがその企業に応募する必然性が出てきます。
また具体的なエピソードをいれることで、誰もが書けるESではなく、自分にしか書けないESになります。

最後に

履歴書やエントリーシートは企業への“ラブレター”です。どうしても御社でインターンをしたいという想いを伝えてください。
そして熱い想いと同じくらい、企業の考えを汲み取ってその対策を練ることが重要です。
Twitter、Facebook、ブログなどあらゆる方法で企業が発信している情報に敏感になって関心を持ちましょう。そこから企業の理念や求める人材が見えてくるはずです。

いきなり志望動機を書くのは難しいかもしれませんが、自分のやりたいことや将来を見つめる良いきっかけになるのではないでしょうか。
今回紹介したポイントを踏まえて、自分にしか書けない履歴者・ESを書いてください!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

マーケティング業界を目指したい大学生が絶対に知っておくべき10個の専門用語
企画/マーケティング

マーケティング業界を目指したい大学生が絶対に知っておくべき10個の...

Web制作会社でインターンをしたい学生へ。クライアントとトラブルにならないために事前に確認しておくべき項目
その他

Web制作会社でインターンをしたい学生へ。クライアントとトラブルにな...

在学中に起業、94年生まれの2人の大学生起業家
まとめ

在学中に起業、94年生まれの2人の大学生起業家

学生必見!団体でも利用できる学生無料のカフェ・ミーティングスペース
まとめ

学生必見!団体でも利用できる学生無料のカフェ・ミーティングスペース

【始める前に考えたい】インターンのメリット・デメリット
準備・心構え

【始める前に考えたい】インターンのメリット・デメリット

プログラミング言語の違いを初心者にもわかりやすく紹介してくれている良記事3選
まとめ

プログラミング言語の違いを初心者にもわかりやすく紹介してくれてい...