キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

絶対強みになる、海外インターン!そのメリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶対強みになる、海外インターン!そのメリットとデメリットは? みなさんはインターンを視野に入れる際に、海外という選択肢はありましたか?
実は、インターンは国内だけではなく、海外でも参加可能です。海外インターンは国内インターンでは得られない経験ができると、今注目を浴びています。

しかしだからといって、安易に海外インターンが出来るほど甘い世界でもありません。
ではどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

「もっと自分の価値観を広げたい」「異文化に触れたい」「語学力を高めたい」
こんな想いを持つ学生さんには、是非この記事を読んでもらいたいです。

また、国内インターンしか知らなかったという学生さんは、海外インターンを検討する良い機会になるのではないでしょうか。

海外インターンとは

海外インターンは、アメリカやイギリス、イタリアといった欧米の他、ベトナムやフィリピン、インドといったアジア地域でも盛んに行われており、その活躍の場は世界中にあります。
その種類も様々で、企業におけるビジネスインターンやNPOにおける環境保護のインターン、国際協力のインターン、技術系インターンなど、豊富な選択肢があるため、自分のやりたいことを見つけられるでしょう。

近年は企業のグローバル進出や、学生のグローバルキャリア志向増加によって、海外インターンは注目を浴びており、多くのメリットがあると言われています。

海外インターンのメリット

生きた語学力がつく

海外インターンのメリットとして重要な位置を占めるのが語学力の定着です。
日本にいるだけでは、なかなか語学力は上達しません。海外インターンでは必然的に外国語を使わざるを得ないため、その上達は速く、さらに、ビジネス用語などの専門的な外国語も身に付けることが可能です。
既に英語などが堪能だという学生さんも、自分の語学力がどのくらいのレベルなのかを測る良い機会になるでしょう。

異文化を感じながら働くことができる

国内ではなく海外でインターンをする大きな意義は、「文化の違い」にあります。
様々な価値観・歴史を感じ、自分自身と照らし合わせていくことで、新たな視点や発見が見つかるでしょう。さらに、日本とは違った働き方に触れることで、あなたの新たな才能や可能性が開花することもあります。
このことは国内インターンでは決して経験できない、海外インターンならではの魅力です。

学生だからこそできる

海外インターンの多くは、夏休みなどの長期休暇に行われます。
そのため海外インターンは、自分のために自由に使える時間がある、大学生だけの特権と言えます。海外インターンは、今だからこそできる貴重な経験なのです。

就活でのアピールポイントになる

インターンの経験だけでも十分アピールポイントになりますが、海外インターンとなればさらに、行動力やチャレンジ精神力、語学力などがアピールできます。
周りの学生より1歩リード出来ることは間違いないでしょう。

海外インターンのデメリット

海外インターンには多くのメリットがありますが、そうそう簡単に実行できるものではありません。メリットがあれば当然デメリットもあります。

多額の費用がかかることもある

海外インターンをするにはお金がかかります。
渡航費や滞在費など、自己負担の場合が多いです。そのため両親の協力なしでは難しいでしょう。
海外インターンの中には、住居提供や滞在費の補助があるものもあるため、事前に調べておくことをおすすめします。

レジャーで終わってしまう可能性がある

明確な目的を持たず遊び感覚で海外インターンに参加すると、インターンとしての意味は全くなく、“職業体験レジャー”になってしまいます。お金と時間の無駄です。
「海外インターンで何をしたいのか」「どう成長したいのか」「なぜその国でインターンをしたいのか」など、参加前にしっかりと考えておきましょう。

ビザ問題

海外インターンをするにはビザを取得する必要があります。
どのビザが必要なのかは国によってさまざまで、規則も十分に理解しておかなければなりません。
国内インターンではこのような手続きがいらないため、海外インターンならではの手間と言えるでしょう。しかし、ビザはなくてはならないものなので、海外インターンを考えている人は事前にしっかり確認しておきましょう。

海外出張ありの国内インターンという選択

海外インターン以外にも、国内のインターンで海外での仕事を経験できる道があります。
それはインターン生として海外出張に行くという選択です。海外出張のある長期インターンでは、報酬が支給され、渡航費や滞在費も会社持ちという場合があるため、お金の心配がいりません。お金をもらって海外での業務を経験することが出来ます。
日本と海外のインターン、どちらのメリットも受けられるのです。

しかし、そのようなインターンの応募条件は、英語ネイティブレベル(TOEIC960点以上)必須などかなり厳しい条件です。語学力に自信がない人は、語学学校に通うなど基礎を身に付けることをおすすめします。

大事なのは「目的意識」

いかがでしたでしょうか。
海外インターンを経験することで自分の強みとなることは間違いないです。しかしその分、お金や期間など、様々な問題が絡み合ってきます。

海外インターンをする上で一番重要なのは“目的意識”です。これがなければせっかくの海外インターンも生きてきません。
「どうして海外インターンをやりたいのか」「海外インターンを通してどうなりたいか」など、しっかりと目的意識を持ってから検討するようにしましょう。このような明確なビジョンを持つことで、海外インターンで得た力は確実にあなたの力として蓄えられるでしょう。

海外インターンに興味のある学生さん、是非世界へ羽ばたいてください!
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

有給インターンの給与はどのくらい?徹底比較!
インターンについて

有給インターンの給与はどのくらい?徹底比較!

【インターン初心者必見!!】インターン選びの最重要項目:職種を解説!!
インターンについて

【インターン初心者必見!!】インターン選びの最重要項目:職種を解...

関西初!長期インターン生交流イベント!
インターンについて

関西初!長期インターン生交流イベント!

Webデザイナーとして就職するために学生のうちにやっておくべき5つのこと
デザイナー

Webデザイナーとして就職するために学生のうちにやっておくべき5つのこと

目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知識【基本編①】
エンジニア

目指せ、文系エンジニア!文系大学生にもわかりやすいIT・WEBの基礎知...

インターンの経験を就活で有利にするための5つのこと
企業、業界、職種分析

インターンの経験を就活で有利にするための5つのこと