キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

体験談

一歩踏み出して挑戦することで、開ける世界がある|中央大学 永江 広明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一歩踏み出して挑戦することで、開ける世界がある|中央大学 永江 広明

「一歩踏み出して挑戦することで、開ける世界がある」

氏名:永江 広明
大学:中央大学 法学部 学部3年
インターンシップ先:日本法規情報株式会社
在籍期間:1年以上

なぜインターンをしようと思ったのか?

法学部に1年間在籍する中で、自分の学ぶ法律がどのような人のどのような問題に役立っているのか実際に学びたいと思い、2年生の春にインターンに応募しました。それに加えて、大学を卒業して社会に出る前に実際にお金を貰いながら会社の中で働き、社会勉強をしたいと思ったことも動機の一つです。

自分が弁護士や税理士、司法書士などの専門家として、法律問題で困っている人を直接救えるわけではないですが、普段の生活ではあまり馴染みのない専門家と困っている人をつなげ、身近な存在にできるこのインターンにはやりがいを感じています。法学部に在籍しているものの、法学部の仲間でさえ、弁護士や司法書士、行政書士、社労士、弁理士などの専門家がどのような業務をしていて、どのような時にお世話になるのか知らないのが現状です。

自分はインターンを通じてこれらの仕事に関心を持ち、どのような場合にサポートを受けられるのか知ることができましたが、知らなければ普段の生活で困った時に対処できないのが普通であると思います。自分は、これからも法律と人をつなげ、どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変えるこの仕事に邁進し、法律問題で困っている人の一助になれればと思っています。

インターンする前に感じていた不安や疑問は? また、どうやってその不安や疑問を払拭したのか?

インターンをする前は、事務系のアルバイトや荷物運搬などのアルバイトを行なっていました。ただ、そうは言ってもそれほど時間はかけていなかったので、大半の時間は部活や学校の勉強に注いでいました。そのため、自分が実際に会社の人員として給料に見合う仕事をできるのかといった漠然とした不安はありました。また、キャリアバイトに掲載されている企業のほとんどが、時給や日給でインターンをさせていただけるとのことだったので、「なぜ自分たちが勉強をするのに、給料を貰えるのだろう?」という疑問もありました。

実際にインターン生として勉強させていただく中で、自分たちが会社の中で勉強するだけでなく、勉強したものを仕事に生かしていくことで給料と勉強にかけた時間を会社に還元し、法律問題で困っている人の役に立つことが出来るのだということに気付きました。また、インターンを始める前には、社会の中で自分が社会人のように働けるのかという不安もありましたが、こちらの不安は見事に的中し、最初は電話対応だけでも戸惑うことが多かったです。しかし、会社の方に初歩的な部分から教えていただいたり、経験を積んで対応力を身につけていくことにより、だんだんと業務に慣れていくことができました。

インターンではどういうことをしている(た)のか?

今のインターンでは、法律系コンテンツのライティングや葬儀系コンテンツのライティングをしています。学校で学ぶ法律は、あくまでも条文に則しており、解釈や判例、学説などを学んでいく中で法律への理解を深めていきますが、インターン先の仕事では、実際に自分たちの学ぶ法律がどのように運用され、どのような人の助けになっているのかを学ぶことができます。

例えば、学校で勉強する民法に出てくる遺言書の問題であれば、遺言書には法律で定められた形式があることを知らず、自分で遺言書を作成した結果、自分の死後、遺言書が法的に無効とされてしまうケースも少なくありません。自分が死んだあと遺言書が無効とされてしまっても、既に死んでいるため、自分自身はどうすることもできません。本来であれば、弁護士や司法書士、行政書士などの専門家に遺言書の相談をし、公正証書遺言として遺言書を遺すことがベストなのですが、日本ではまだまだその認識が少ないのが現状です。

自分たちインターン生は、そのような法律問題の現状を踏まえつつ、専門家のサポートを受けて相談者が法律問題のスムーズな解決を図れるようにコンテンツのライティングを行なっています。また、葬儀のライティングをする際には、葬儀の際のコンテンツはもちろんのこと、葬儀後に発生する相続問題を踏まえながらのライティングを行なっています。

インターンをして、「自分は成長した(変わった)な!」と思うことは?

インターンをする前は、ごく普通に学校に通い、部活や勉強をしていたので、本当に普通の学生生活を送っていました。しかし、インターンを通じてちょっとした社会勉強をすることにより、自分の将来を客観的に考えられるようになりました。

自分は法学部に在籍していますが、法律を活かす仕事は弁護士や司法書士の仕事だけでなく、企業法務の仕事やパラリーガルなどの仕事もあります。また、世間的にはどうしても敷居が高いと感じる法律の専門家と法律問題でお困りの方をつなげ、法律問題解決のサポートを行なう日本法規情報のような仕事もあります。いろいろな法律に関わる仕事があり、その中にもいろいろな役職がある中で、自分の強みを活かし、自分とマッチするような仕事に就くことができればいいなと思っています。

また、大学を卒業して社会に出る上で大切になっていくであろう「仕事に対する責任感」を持てたことも成長したことの一つだと思っています。インターン生とはいえ、任せられる仕事は実際に日本法規情報と接する機会のある方が目にしたり触れたりするものです。そのような仕事に責任を持ち、どうすればいい仕事をできるのか、どうすれば効率的に仕事をこなしていけるのか考え、行動できるようになったのは大きな収穫だと思っています。まだまだ至らない点が多々あるので、大学を卒業するまでには社会に出るにふさわしい人間となれるように精進したいと思います。

インターンをしようと迷っている方に一言

インターンをするきっかけは、「お金がほしい」「きれいなオフィスで働いてみたい」「普通のバイトでは出来ないことに挑戦してみたい」など様々だと思います。また、漠然とした不安や恐怖感もあると思います。

しかし、自分はインターンを通じて、「一歩踏み出してみて、とりあえず挑戦することで、開ける世界がある」と感じました。踏み出すまでは勇気がいりますが、開けた先の世界は広いので、とりあえず応募してみることが、次のステップアップにつながると思います。

永江 広明さんが勤務したインターンシップ先

【日本法規情報株式会社】のインターンシップ情報
キャリアバイト編集部

日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」を運営。

会員登録はこちらから
インターンシップ求人はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【就活女子必見!】リクルートスーツの着こなし方
服装、髪型

【就活女子必見!】リクルートスーツの着こなし方

「服装自由」はスーツ?私服?インターンの服装で気をつけること
服装、髪型

「服装自由」はスーツ?私服?インターンの服装で気をつけること

関東のインターンシップ事情を徹底分析!
インターンについて

関東のインターンシップ事情を徹底分析!

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】
事前準備の方法

就活・インターンの電話折り返しマナーと会話術【例文あり】

横浜・川崎など、神奈川県のベンチャーのインターンシップまとめ
まとめ

横浜・川崎など、神奈川県のベンチャーのインターンシップまとめ

インターンシップを探す前に! 企業の選び方とコツ
企業、業界、職種分析

インターンシップを探す前に! 企業の選び方とコツ