キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

体験談

何事も始めるに早すぎるなんてことはない|立教大学 阿部 哲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
何事も始めるに早すぎるなんてことはない|立教大学 阿部 哲

「何事も始めるに早すぎるなんてことはない」

氏名:阿部 哲
大学:立教大学 法学部 学部2年
インターンシップ先:日本法規情報株式会社
在籍期間:1年以上

なぜインターンをしようと思ったのか?

大学生活を送っていくうえで様々な出会いや初めて経験すること、アルバイトを始めてみること、といった直接的に社会というコミュニティに参加することで感じたことがたくさんありました。そのなかで一番私自身が感じたことは、今後への危機感です。これから本当に一人前の社会人として出ていくためにこんな状態で良いのか、何も知らない状態ではないのか、ということをふと思いました。その時にデスクワークなどの「ビジネス」を経験したいと感じました。そこで見つけたのがこちらの会社であり、インターンシップをさせて頂いています。

また、危機感を感じると同時に自分が社会で通用していくのか試したい、という気持ちもありました。この無知な状態でインターンシップを始めたら、「プロの」社会人の方々は自分のことをどのように思うだろうか、そんなことを思ってインターンシップに対する期待を抱いていました。そこでの印象をこれからに生かしていけるように自分に対する新たな意見を得たい、とも思いました。

インターンする前に感じていた不安や疑問は? また、どうやってその不安や疑問を払拭したのか?

インターンシップを始める前は、自分の力を試したいという向上心と期待に反して、通用するのだろうか、通用しなかったときはどうしたらいいのだろうか、というようなことも考えていました。また、未知の世界であり、不安だらけといえば不安だらけでした。

しかし何事もやってみないと分からないし、そんなことを言っていたら何も行動できないと思いながら、自分の不安心を騙したかのように仕事に取り組んでみました。また、言われたことをちゃんと成し遂げることを心がけながら、最初は様子見のような形でとにかく無我夢中で仕事に打ち込もうと思いました。言われたことをやっていればあとで何かに気づくのではないかと思い、とにかく色々なことをやりました。

そのなかでも一つ一つの仕事に対してまずは自分のできる現時点での最高のパフォーマンスを行なうことを心がけていきました。また、指摘を受けたり、お叱りを受けたときは何が悪かったのか、何を変えたらよいのかというような振り返りを小さなことから心がけていきました。その点は非常に役立ったと思います。そういうことを意識することで、仕事を丁寧に素早くできるようになっていきました。

成果が出てきたり、慣れてくると人にだんだん認めてもらえるようになります。その部分は自信となりさらなる向上心へとつながり、高いモチベーションを維持していくことができました。その好循環が自分のモチベーションを維持することができ、結果として不安や疑問を払しょくすることとなりました。

インターンではどういうことをしている(た)のか?

日本法規情報では“法とひとをつなぐ”をモットーに、法的な手助けを必要としているお客様向けに、弁護士・司法書士・行政書士事務所を紹介するインターネット窓口の役割をサービス内容としてご提供しております。

インターンの主な仕事としては、あまり法的な知識を持ち合わせてはいないけれども、身近な法的な問題(過払い金、離婚問題、相続関係など)にあたって専門家のサポートを必要としている一般の方向けのコンテンツ作成です。法的な知識を持っていなくとも、この現代社会で一生のうちに一度も法的なトラブルに巻き込まれずに終える人はほとんどないと思います。その割には気軽に弁護士に相談できる環境は整っていませんし、行政書士や司法書士に至っては正しく業務内容を把握している一般の方は大変少ないと思われます。

法律は人々の権利を保護する、人々がより良い生活を得られるためにある等人のために存在しているはずなのに、このように人と法律の間に溝があるのは本末転倒でありますし、おかしいと思います。日本法規情報においてインターン生が作成しているコンテンツは、少しでも一般の方と弁護士・司法書士・行政書士事務所等高度な法的知識を持つ専門家との距離を縮めることを目標としています。

インターンをして、「自分は成長した(変わった)な!」と思うことは?

今までは「これをやっておいてください」と指示されたことをこなすだけで、自分から主体的に動いていく積極性が欠けていたと思います。インターンシップを始めてから、どうやればよりお客様に伝わりやすいものが出来上がるのかなど、自分から改善案を考えていける主体性が身に付いたと感じます。また、同じくインターンシップをしている同期や先輩方は、大学・キャラクター・性格も多種多様でいつも刺激を受けますし、優秀な人がとても多いので勉強になることばかりです。他人の良いところを吸収し、自分の成長につなげていく能力も得られたと思います。

それから、今までアルバイトしているだけでは接することが出来なかった目上の方や、社会的地位の高い方とお話しする機会・お電話する機会が生まれました。そのため、以前より物怖じしにくくなったと思います。以前はかなり人見知りでしたし、あまりなじみのない環境では萎縮しがちでしたので、適応性が向上したのも感じます(以前があまりに人見知り過ぎたというのはあるかもしれませんが……)。ここまでは性格面というどこか抽象的な部分ですが、具体的なスキルも上がったように思います。以前はパソコンの基本操作すらままならないほどの機械音痴でしたが、インターンをはじめたことでWord、Excel等の知識が身に付きました。

インターンをしようと迷っている方に一言

大学生でいられる四年間は長いように感じますが、ぼーっとしていると予想より遥かに速くあっとという間に過ぎ去っていってしまいます。インターンシップをやらずに後悔することはあってもやって後悔することは絶対にないと言っても過言ではありませんし、何事も始めるに早すぎるなんてことはありません(月並みなことですが……)。

三年次の長期休みに開催されるような就職活動に直接結び付く短期のインターンに参加することも大変有意義だとは思いますが、長期のインターンシップに参加することで付け焼刃でない本当に社会に出てから役に立つ経験・スキルを得られると思います。

阿部 哲さんが勤務したインターンシップ先

【日本法規情報株式会社】のインターンシップ情報
キャリアバイト編集部

日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」を運営。

会員登録はこちらから
インターンシップ求人はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【土日OK】学業と両立しやすい! ライター職のインターンシップ4選
ライター/編集

【土日OK】学業と両立しやすい! ライター職のインターンシップ4選

キレイになりたいを応援する! 美容・化粧品業界のインターンシップ5選
まとめ

キレイになりたいを応援する! 美容・化粧品業界のインターンシップ5選

インターンとは? 選び方やメリット・デメリットを徹底解説
インターンについて

インターンとは? 選び方やメリット・デメリットを徹底解説

インターンシップとアルバイトの違いって?
インターンについて

インターンシップとアルバイトの違いって?

ライターインターン向け!読まれる文章を書くための具体的なテクニック
ライター/編集

ライターインターン向け!読まれる文章を書くための具体的なテクニック

PHPを始めたばかりの学生へ!代表的な7つのPHPフレームワークの違いと特徴
エンジニア

PHPを始めたばかりの学生へ!代表的な7つのPHPフレームワークの違いと...