キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

経験、体験

インターンは就活に有利? インターン経験者が語る就活に有効なインターンの活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンは就活に有利? インターン経験者が語る就活に有効なインターンの活用方法 学生がインターンに参加する理由のひとつとして、就活に有利に働くということが挙げられます。
しかし、本当に就活に役立つのかどうか、疑問に感じている学生がいるのも事実です。

そこでここでは、インターンを活用した就活の実例や、どのようなインターンを選べばいいのかといった点について、ご紹介していきます。
これからインターンに参加してみようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

インターンには2種類ある

インターンには、長期インターンと短期インターンの2種類があります。それぞれ内容は以下のとおりです。

【長期インターン】
長期インターンとは、長い期間をかけて行われるインターンのことです。3か月や半年、あるいはそれ以上のものなど、その期間は企業によって異なります。
期間の長短を問わず共通しているのは、企業内での主な体験内容が実際の業務と同一である点や、さらに大きなプロジェクトにも関わることができるという点です。実際に仕事をしている現場で学びながら、社員やインターン仲間と共に業務に携わっていきます。

【短期インターン】
短期インターンとは、1日~1週間程度の短期間で行われるインターンのことです。
企業が就活時に行っている研修や説明会に近いような内容のものもあり、気軽に参加できるというメリットがあります。一方で、実際に職場で業務にあたるケースは少なく、ほとんどがインターン用に用意された課題をこなすか、ただ講義を聞くだけの内容になります。

就活に役立てるなら長期インターンがお勧め

長期インターンと短期インターンにはそれぞれにメリットとデメリットがありますが、就活に役立てるために参加するのであれば、断然、長期インターンがお勧めです。
実際に参加した人の声を聞いても、「インターンが就活に役立った」という意見の多くが長期インターンのものです。

【就職に役立ったという人の意見】
・働くうちに自然とビジネスマナーが身についた
・長期インターンに参加し、そのままその企業に就職が決まった
・インターンで携わったプロジェクトが就活の際のアピールポイントになった
・実際に働いてみたところ、自分が思っていたような仕事とは違うことがわかった
・企業の良し悪しの見分け方が、ある程度身についたと思う


「実際に現場で働ける」というのは、就活の際の強い味方となります。就活のためのインターンを考えている人は、長期インターンに参加するようにしましょう。

インターンは慎重に選ぼう

長期インターンに1度参加してしまうと、一定の期間拘束されることになります。そのため、あまり自分のためにはならないインターンに参加してしまうと、それだけ長い時間を無駄に過ごす羽目になります。
インターン先を探す場合は、就職先を探す時と同じように慎重に選ぶようにしてください。

もちろん、十分に考慮して応募したインターンであっても、企業側から断られてしまうこともあります。そういう時は、一体自分の何が悪かったのかを考えてみましょう。
就活では一度落とされればそれまでですが、インターンであれば、同じ企業に今度は就活で再チャレンジすることもできます。
「今のままでは駄目なのだ」ということがわかるのも、選考過程がある長期インターンのメリットのひとつなのです。

就活とインターンの関係

就活と長期インターンの間には、さまざまな類似点や関係性があります。だからこそ、長期インターンに参加することが就活での強みともなるわけです。

【選考を受ける】
長期インターンの多くは、エントリーシートや面接などの選考を経て参加が決まります。普通であれば就活時でなければ経験できない、こうした選考過程を事前に体験できるというだけでも、長期インターンへの参加には大きなメリットがあります。

【社会と関わる】
就活というのは、企業に就職して社会人となるために行うものです。一方のインターンは、インターン生として企業に関わり、有期ではあるにせよ企業活動の一端を担うものです。
一般的なアルバイトでも社会と関わりを持つことはできますが、居酒屋やカフェなどの接客業や単純な軽作業労働のアルバイトなどは、あくまでも自分の時間を切り売りするだけのものであって、能力を活かして社会と関わるという側面はそれほど多くありません。

【業界・企業を知る】
インターンに参加することで、参加先の企業の特徴や、その業界のことをより深く知ることができます。就活先を決めるにあたって、これは非常に有利なポイントとなります。
目指している業界が本当に自分の希望に合っているのかを知るために、まずはインターンに参加してみるというのもお勧めです。

【就活時のアピールポイント】
インターンに参加した経験や、インターンでの実績などを就活時にアピールすることもできます。前述のように「社会と関わった」経験を元にアピールすることで、面接や履歴書の印象をさらに良くすることができるのです。

長期インターンを経験した人の中には、「特に就活には役立たなかった」という感想を抱く人もいます。しかし、そうしたケースであっても、必ずしも「就活に不利だった」というわけではありません。
「インターンに応募して選考で落とされたら就活で不利になるのではないか」と考えて二の足を踏んでいる人は、自分から貴重な機会を失っているのかもしれません。
就活を少しでも有利に運ぶために、まずは長期インターンに挑戦してみることをお勧めします。

<参考URL>
http://diamond.jp/articles/-/56814
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

就活前も就職後も使える!大学生の「ためになる」オススメ本ランキング
書籍、本

就活前も就職後も使える!大学生の「ためになる」オススメ本ランキング

え?知らないの…?お得な学生証の使い方6選
ライフハック

え?知らないの…?お得な学生証の使い方6選

大学生の時に観るべきおすすめの映画10選(邦画編)
オススメ

大学生の時に観るべきおすすめの映画10選(邦画編)

ゼミやインターンで使える!聞き手を動かす必勝プレゼンをつくる  5つのステップ
ライフハック

ゼミやインターンで使える!聞き手を動かす必勝プレゼンをつくる 5つ...

コミュ障は卒業する!大学で友達を作る方法
ライフハック

コミュ障は卒業する!大学で友達を作る方法

学生×学生団体×インターンの3つの両立をするにはvol.2-鎌田航平インタビュー
学生団体、サークル

学生×学生団体×インターンの3つの両立をするにはvol.2-鎌田航平イン...