キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

準備・心構え

デザイナー志望者向け! デザイナーのインターンは未経験でも大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デザイナー志望者向け! デザイナーのインターンは未経験でも大丈夫? 今も拡大し続けているIT業界において、Webデザインの仕事はどんどん需要の高まりを見せています。
情報が溢れかえっているWebメディアの中で、突出した魅力をアピールするためには、見やすく人目を引くデザインを作ることが必須です。
そんなデザイナーの仕事に関しても、インターンで経験することができます。
こうしたインターンには、今までデザインの勉強をしたことがない人や、経験がない人であっても申し込めるのでしょうか。
デザイナーのインターン事情についてご説明します。

デザイナーの仕事とは

デザイナーは、人が魅力的だと思うようなデザインや人目を引くデザインなど、それぞれの商品が持つべきデザインを考案する職業です。
デザイナーと言うと、ファッションデザイナーを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、世の中に溢れる商品ひとつひとつには、そのパッケージや外観をデザインしたデザイナーが存在しているのです。
最近では、こうしたパッケージデザイナーやグラフィックデザイナーは、パソコンを使ってデザインを行っています。
更には、Web上のデザインだけを行うデザイナーもいます。
Webデザイナーは、ホームページなどの画面のデザインだけでなく、どこにどのような機能を配置すれば使いやすいかといったことも考えます。
昨今必要とされることの多くなったこうしたWebデザイナーは、インターン募集サイトにも多数の求人が寄せられています。

未経験が応募する際に注意すること

Webデザインやグラフィックデザインに関して、仕事としての経験がある人というのは、それほど多くないでしょう。
デザインは学生アルバイトが気軽に経験できる仕事ではなく、仕事として行う機会はほとんどないからです。
反対に、自分自身の趣味でポスター制作をしたことがある、といった人は意外と多いのではないでしょうか。
文化祭でサークルのポスターを作った、という経験だって、立派なデザイン経験のひとつです。

デザイナーのインターンに求められる条件として多いのが、画像編集ソフトの利用経験です。
PhotoshopやIllustratorは勉強しておいても良いでしょう。
また、それに加えてWebデザインの場合はCSSなどの知識が必要となる場合もあります。
デザイナーのインターンは、募集要項にかなりの幅があります。
豊富な知識を必要とする募集もあれば、Webサイトの基本的なデザイン知識があれば画像編集ソフトは使えなくても良いというインターンもあります。
未経験なら未経験なりのインターン募集を探して応募してみるということができるのが、デザイナーのインターンの魅力です。

インターンに参加して就職に繋げる

デザイナーのインターンは、知識やスキルを磨いてステップアップできるという意味でも非常に大きな魅力があります。
自分ひとりでは気づけなかったデザインの難点を指摘してもらうこともでき、画像編集ソフトの勉強も働きながら行えます。
報酬が支払われる長期の募集が多いデザイナーインターンですから、アルバイト感覚でお金を稼ぎながら、なおかつデザインの勉強ができ、就職の際の強みにすることもできるというわけです。

IT系やWebデザイナーのインターンでは、そのまま就職に直結するタイプの長期インターンもたくさんありますし、インターンに参加した後、一度企業を離れてから改めて就職するというケースもあります。
Webデザイナーの需要は今後も高まりが予想されますから、インターンで有能であると判断されれば、そのまま就職に直結できる可能性も高いのです。
また、インターンに行った会社でなくても、デザイナーの求人に応募するのであれば、「デザイン経験あり」と堂々と就活でアピールすることができます。
全く未経験の応募者に比べれば、インターンとしてであっても、仕事としてデザインをした経験があるというのは大きな強みとなります。

デザイナーのインターンを探す

デザイナーのインターンは、「デザイナー」というカテゴリで絞れるインターン募集サイトを利用するのがお勧めです。
キーワード検索のみのサイトの場合、「デザイン」や「デザイナー」という名前の入った全く関係のない会社がヒットしてしまったり、事業内容に「デザイン」が含まれる会社が出てきてしまって探しづらいためです。

Webデザインのインターンであれば、インターン募集サイトに一定数が掲載されています。
一方、紙のグラフィックデザインなどを行いたい場合は、インターンも就職も募集数は少なく、やや難関であると言えるでしょう。
将来性も、これから伸びていくと考えられるスマホ、パソコンなどのWebデザインの方に分があると考えられます。

また、自分の好きなWeb制作会社がある場合は、そこの採用ページでインターンの募集がされているか、探してみましょう。
募集する企業側としても、特に自社のコンテンツに魅力を感じている学生が応募してくれるというメリットがあるため、インターン募集を自社サイトで行っている企業も多数あります。

デザインインターンへの応募は、未経験だからといって尻込みする必要はありません。
営業や総合職のインターンに比べて就職に直結しやすく、具体的な技術が磨けるというメリットがありますから、デザイン業界を目指す方にはお勧めです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【Webサービス・広告系志望必見】Web業界出身キャリアコンサルタントが教える成長Web系ベンチャー7選!
まとめ

【Webサービス・広告系志望必見】Web業界出身キャリアコンサルタント...

インターン先で結果を出すためにできる5つのこと
心構え、行動

インターン先で結果を出すためにできる5つのこと

【マーケティングに興味ある方】Instagramで成功して話題になったマーケティング事例3選
企業、業界、職種分析

【マーケティングに興味ある方】Instagramで成功して話題になったマー...

広告代理店から大学生はこう見られている!?若者研究メディア4選
まとめ

広告代理店から大学生はこう見られている!?若者研究メディア4選

[2016卒の就活生必読]面接において面接官が知りたいことはただ一つ!!
コツ、テクニック

[2016卒の就活生必読]面接において面接官が知りたいことはただ一つ!!

【15卒向け】焦らないで!まだ募集中の成長ベンチャーの新卒情報!
まとめ

【15卒向け】焦らないで!まだ募集中の成長ベンチャーの新卒情報!