キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

準備・心構え

未経験でも大丈夫? エンジニアインターンをする時の心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
未経験でも大丈夫? エンジニアインターンをする時の心構え エンジニアインターンを希望する人の中には、将来エンジニアになってみたいという強い希望がある人だけでなく、ちょっと気になるけれど、経験や知識がないからためらっている、という声も多く聞きます。
エンジニアとして就職するためにはある程度の知識やスキルが必要となりますが、インターンの場合はどうなのでしょうか。
エンジニアインターンに申し込みをしてみたい人向けに、どのような人が対象になるのか、どういったことをするのかについてご説明します。

エンジニアインターンで行うこと

エンジニアインターンには、大きく分けて2つの種類があります。
ひとつは、「エンジニア体験」とでも言うべき短期のインターンシップです。
そしてもうひとつが、実際にエンジニアとして開発のお手伝いを行う長期エンジニアインターンシップです。
エンジニアインターンで何をするかは、それぞれの会社によって大きく違います。
どの言語を使って何をするのかは、インターンの募集要項に記されているため、自分が目指したい場所に合ったインターンを選ぶようにしましょう。

エンジニアインターンは誰でもできる?

エンジニアインターンの求人を見てみても、「java」「c」「PHP」などと全く分からないことが列記されている……という人には、エンジニアインターンはまだ早いかもしれません。
エンジニアは、独特のプログラム言語を用いて開発を行ったり、プログラミングをする仕事です。
言語を使いこなすことはできなくても、それがどのようなものかさえわからないという状況では、説明を聞いても理解することは難しいでしょう。
プログラムや開発の基礎知識は、インターネット等で簡単に得ることができます。
まずはそういったものから基礎知識を得ておくことをお勧めします。

全くの未経験者には短期インターンがお勧め

無報酬で行われる1日~数日のエンジニアインターンには、未経験の方でも参加しやすいプログラムが多く用意されています。
中には、実際のプログラミングではなく、プログラムを組むことによってどのようなことが起こるのかという説明や、業務内容のフローなどを解説してくれるようなインターンもあります。また、説明を聞いた後でグループでひとつのプログラムを行うといった体験学習に近いインターンもあります。
こうした短期インターンでは、全く未経験であっても自分ひとりが責任を持って何かを開発しなければならないという状況にはなりませんから安心です。
本当に目指すかどうかは分からないけれど、ひとまず業界がどのようなところなのか知ってみたい、エンジニアの生の声が聞いてみたいという人にお勧めです。

独学で学んで長期インターンに応募する

長期インターンでは、実際に企業の一員としてプログラムを組んだり、開発を行ったりすることになります。
募集要項にも、「○○必須」「○○経験がある方」といった文言が並んでいます。
中には、「○○での開発経験」などが必須条件になっているインターンもあり、こうしたものは初心者にはやや厳しいと言えるでしょう。

初心者にお勧めなのは、「○○がわかる方」や、「○○を勉強している方」といった募集です。
こうしたインターンであれば、実務経験がなくても、独学である程度勉強していれば応募ができます。
インターンの面接の時も、「実務経験はありませんが、独学で勉強して知識を身につけました」と、堂々とアピールすることができます。
初心者の場合は、まず覚えたい言語をひとつ勉強しておき、それを使って応募できるインターンを探してみましょう。
その後、インターン先で本格的に勉強することで、知識をしっかり身につけることができます。

会社も“完璧”を求めているわけではない

新卒での採用の場合、即戦力として雇う中途採用者とは違い、「即戦力だ」とみなされるケースは稀です。
ましてや、正式な採用でもないインターンに対して、正社員と同じような完璧な仕事を求めるということはほぼないと言っていいでしょう。
ある程度の規模の企業であれば、インターンを雇うのは即戦力としてバリバリ働いてもらうという以外の目的があってのことです。
わからないことがあったり、できないことがあっても、どんどん質問していけば良いだけなのです。
初心者だから、できることが少ないから、と尻込みせずに、とりあえず応募して飛び込んでみる、という勢いも大切です。

エンジニア向けインターン募集サイトをチェック

インターンの求人募集を出しているサイトの中には、エンジニアのみで絞り込みができるサイトや、エンジニア専門のサイトもあります。
また、理系インターンのサイトにも多くエンジニアの募集が掲載されています。
初心者の方は、まずどのようなインターンが掲載されているのかを確認してみましょう。
こうした募集サイトをチェックすることで、どんな言語が必要とされているのかも知ることができます。

全くの初心者であっても、短期インターンであれば気軽に参加できますし、独学での勉強であっても長期インターンに採用されるケースもあります。
エンジニアは人手不足が深刻ですから、やってみたい!という気持ちにしっかり応えてくれる業界なのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

初心者向け!Webデザインの勉強に役立つサイト4選
デザイナー

初心者向け!Webデザインの勉強に役立つサイト4選

採用のミスマッチを防ぐために知っておくべき新社会人の退職理由
心構え、行動

採用のミスマッチを防ぐために知っておくべき新社会人の退職理由

良い長期インターン、悪い長期インターンの見分け方って?
インターンについて

良い長期インターン、悪い長期インターンの見分け方って?

中国におけるインターンシップの特徴は? 日本との違いは?
インターンについて

中国におけるインターンシップの特徴は? 日本との違いは?

今注目のグロースハック!だれでもわかるスライド5選
まとめ

今注目のグロースハック!だれでもわかるスライド5選

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNGワード
営業

営業インターン生は知っておきたい、営業先で言ってはいけない7つのNG...