キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

インターンとアルバイトの違いは? インターンを行うことで得られること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンとアルバイトの違いは? インターンを行うことで得られること インターンもアルバイトも、大学生が学業の合間に行うことですし、実際に企業や職場に赴き、そこで業務に関することを行うという点でも一致しています。
それでは、インターンとアルバイトの間にはどのような違いがあるのでしょうか。
単にアルバイトをするというのではなく、あえてインターンを選ぶメリットとは一体どのようなことなのか、ご紹介します。
インターンとアルバイトの違いを正しく理解して、自分にとってメリットの大きい道を選ぶようにしましょう。

目的の違い

インターンとアルバイトでは、そもそも行う目的が違うといえます。
どちらも企業で仕事をする(業務を遂行する)ということに変わりはありません。しかし、何故そうするのかということについては、大きな違いがあります。
アルバイトの場合、「人の役に立ちたい」「将来希望する分野で働いてみたい」などの理由があったとしても、一番はやはり「お金を稼ぐ」ということが目的になります。
一方、インターンは、「その職業を体験してみたい」「社会人生活をリアルに感じてみたい」といった目的が主となります。
そのため、募集要項についても、アルバイトは時間や場所、待遇内容が大きく説明されるのに比べ、インターンの場合は、どこの会社なのか、どのようなことを経験できるのかといったことが中心となります。

賃金の違い

アルバイトでは、原則として働いた時間に対して規定の給与が支払われます。
これは、企業側とアルバイトをする側が雇用契約を結び、雇用者と被雇用者となるためです。

一方のインターンは、報酬が発生しないケースもあります。
1日だけのインターンや数日だけの営業企画体験や編集者体験などを行っている企業の場合、報酬は発生しないところも多いのです。何故なら、これらのインターンで行われるのは、実際の企業の業務ではなく、インターン向けに用意された体験用の業務だからです。
つまり「インターン」は企業の利益のために働くのではなく、企業が用意してくれた業務を体験させてもらうということです。
そもそも、インターンは職業体験ですから、無給である場合がほとんどです。学生は費用を払うことなく業務を体験したり、新たな知識を教えてもらうことができ、企業は知名度を上げたり、学生へのアピールをすることができるのです。

しかし、最近では報酬がもらえるインターンも増えてきました。
短期間だけの体験ではなく、ある程度長期で、実際の仕事に携われるインターンの場合は、通常のアルバイトと同じように最低賃金以上の額の報酬が支払われます。

対象者の違い

インターンは原則として大学生しか申し込むことができませんが、アルバイトにはこのような縛りはありません。
勤務時間や職務内容によって多少限定される場合もありますが、基本的には18歳の大学生であっても、50代の早期退職者であっても応募することができます。様々な人が申し込みをしてくるため、学業と両立させなければならない大学生よりも、時間の縛りのないフリーターの方が企業にとってメリットが大きく、採用されがちな業種もあります。
しかし、インターンでは、応募してくるのは全員が大学生ですから、このような心配は不要です。
長期のインターンであっても、大学側のスケジュールに合わせて柔軟な対応をしてくれる企業も多く、大学生にとっては非常に働きやすい環境となっています。

内容の違い

インターンとアルバイトでは、何をするのかということも違ってきます。
インターンは短期か長期かによっても業務内容には違いがありますので、それぞれについて比べてみましょう。

1. 短期アルバイトと短期インターンシップ
短期アルバイトには、イベントスタッフや倉庫内軽作業スタッフなどがあげられます。
時間のある時に働くことができ、賃金の即日払いを行っている会社も多いのが特徴です。
教育時間を必要としない、簡単な業務や体を使った業務が中心で、誰でも即戦力になれるような仕事がほとんどです。

短期インターンシップの場合、その種類はかなりの数に上ります。
主に1日~数日の職業体験がメインで、企画の立て方を学んで実際にプレゼンを体験してみたり、プログラムの基本を座学で学んだ後で実際にプログラムを組んでみたりといったことを行います。
短期インターンシップは、体験という側面が強く、インターンのために用意された特別プログラムを受講できるというイメージです。

2. 長期アルバイトと長期インターンシップ
長期アルバイトには、塾の講師やカフェや居酒屋の店員などがあります。
中には事務職バイトもありますがフルタイムがメインで、大学生が体験することはなかなか難しいでしょう。
長期契約となるため、特殊な技能が必要となる仕事もあり、家庭教師などの高時給バイトもあります。
インターンでも、数か月に及ぶ長期インターンシップの場合は報酬が支払われるケースも多くあります。
実際に職場の中で事務作業を手伝ったり、営業をしたりといった仕事を行うことで、社会人生活を実地で知ることができるというメリットがあります。

3. 期間の定めのないアルバイトとインターンシップ
長期アルバイトの中には、特に期間を定めないものがたくさんあります。
そういったアルバイトの条件は、先にあげた長期アルバイトの条件とほぼ変わりません。
しかし、期間の定めのないインターンシップの場合は、そのまま就職に繋がる場合もあるという大きな特徴があります。
雇用に繋がるタイプのインターンシップには、事前に企業との相性を確かめてから就職できるという大きなメリットがあります。

アルバイト代わりに安易にインターンをするのではなく、両者の違いを正しく理解して、将来のために有意義な時間を過ごすようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

働きながらワクワク! ゲーム業界インターン5選
その他

働きながらワクワク! ゲーム業界インターン5選

未経験OK! 新規事業立ち上げが経験できるインターンシップ5選
その他

未経験OK! 新規事業立ち上げが経験できるインターンシップ5選

インターンでも知っておきたいプロジェクトマネジメントの極意3点
企画/マーケティング

インターンでも知っておきたいプロジェクトマネジメントの極意3点

EdTechの最新情報が得られるTED動画3選
まとめ

EdTechの最新情報が得られるTED動画3選

インターンが就職活動に役立つ理由
インターンについて

インターンが就職活動に役立つ理由

2014年最も人気だった長期インターンシップベスト10!
まとめ

2014年最も人気だった長期インターンシップベスト10!