キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

オススメ

映画『マイ・インターン』から学ぶインターンで得られること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『マイ・インターン』から学ぶインターンで得られること 映画『マイ・インターン』はシニア・インターンをテーマにした映画で、アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロの共演でも話題になりました。
シニア・インターンという大学生インターンとは異なるテーマではあるものの、大学生にとっても大事なことを教えてくれる映画です。

DVD・Blu-ray(ブルーレイ)発売前なので、ネタバレは避けつつ『マイ・インターン』のあらすじ、見どころ、大学生がこの映画から学べることを解説したいと思います!

マイインターンのあらすじ

『マイ・インターン(原題:The Intern)』は『ハート・オブ・ウーマン』『恋愛適齢期』『ホリデイ』など、女性が主役の映画を数多く手掛ける女性監督ナンシー・マイヤーズが監督・脚本を務めています。

アン・ハサウェイ演じる主人公のジュールズはファッションサイトを経営する女社長で、忙しいながらも仕事も家庭も充実した毎日を送っていました。
ある時、福祉事業の一環としてシニア・インターンを受け入れることになり、ジュールズは自分より40歳も年上の70歳のベン(ロバート・デ・ニーロ)の上司になります。

順調に進んでいたはずのジュールズはあるとき危機に面し、大きな選択を迫られることに。
ファッション業界ではジュールズの方が先輩ですが、人生経験豊富なベンは的確なアドバイスで彼女を助け、やがて2人の間に絆が生まれていきます。

『マイ・インターン』の見どころ

『マイ・インターン』の見どころはなんといっても、ロバート・デ・ニーロ演じる年上のインターン、ベンの存在です。
ベンは慣れない環境に置かれながらも、若い世代の社員と上手くコミュニケーションをとって社内の人気者になっていきます。

インターンと言えば一般的には社会経験がない大学生が利用するものですが、社会経験のあるシニアがインターン生という新しい視点の映画です。
インターンに参加する予定の学生からインターン中の学生、インターンを終えた学生にとっても自分と照らし合わせ、自分だったらどう振る舞えるかなどを考えることができる、決して自分とは関係のない内容ではありません。

『マイ・インターン』から学べること

もし自分が70歳という年齢で若い世代が多いファッションサ
岩崎 果歩

学生ライター。慶應義塾大学に通う女子大生。
新しいことに挑戦したくてインターンを始めました。

趣味は探し中…。
好きな食べ物は牛乳とチーズとハチミツ。
よく人間味がないと言われます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

正直シェアしてほしい。大学生に本気でオススメしたいTEDのプレゼン5選!
アプリ、サービス

正直シェアしてほしい。大学生に本気でオススメしたいTEDのプレゼン5選!

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におススメの1冊
書籍、本

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におス...

就活・面接で好印象のネクタイの結び方・小技まとめ
就職活動

就活・面接で好印象のネクタイの結び方・小技まとめ

人事が解説!面接を突破するために必要な具体的に話す3つのポイント。
就職活動

人事が解説!面接を突破するために必要な具体的に話す3つのポイント。

帰国子女じゃない女子大生がTOEFL iBT で高得点を取った勉強法-前編-【Reading/Listenning】
語学、留学

帰国子女じゃない女子大生がTOEFL iBT で高得点を取った勉強法-前編...

大学生が卒業生に贈るプレゼント4選
オススメ

大学生が卒業生に贈るプレゼント4選