キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

心構え、行動

インターンから内定に直結させるために意識するべき6つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンから内定に直結させるために意識するべき6つのこと インターンから内定に直結させるには、企業にウチで働いて欲しいと思って貰わなければなりません。採用する企業側になって考えてみると、優秀な人材や企業風土にマッチしている人材には、インターンからそのまま就職して欲しいと思うはずです。

では、働いて欲しい、採用したいと思ってもらえる人材になるにはどうしたらいいのでしょうか?採用したいと思ってもらうにはインターンから就職する方法として、インターンで意識するべきことを6つにまとめました。

1. 与えられた業務を着実にこなす

企業はインターンの学生に社員と同じレベルの仕事は求めていませんし、最初からレベルの高い要求をしてくることはないでしょう。企業はまず、インターンの学生が与えられた業務を着実にこなせる能力があるかどうかを見ています。
業務をひとつずつこなしていけば上のレベルの業務も経験させてもらえるようになりますので、最初から上ばかりを見ずに、与えられた業務をひとつひとつこなすことに注力しましょう。

もし体験してみたい業務がある場合、まずは与えられた業務をしっかりこなし、そのうえで相談してみるといいでしょう。与えられた業務も対応せずにやりたい業務ばかり熱を入れていると、マイナスの印象になってしまいます。

2. 成長性

転職では実務経験が求められますが、企業がインターンの学生に望むのは「成長性」です。
新卒採用の場合、最初から実務をバリバリこなすことは期待せず、将来、企業にとって有益な人材へと成長することを見越して採用します。

企業にとって面接だけでは成長性を判断するのは難しく、インターンは学生の成長性を見るのに最適な場となります。インターンから就職につなげるにも、将来性がある人材であるとインターン中に思わせることが肝心です。
成長性の判断は業務をこなす能力が大きく影響するので、与えられた業務を着実にこなすことは、成長性の判断のプラスになります。

3. 素直に学ぶ

成長性にも関係することですが、企業は素直に学べる学生を求めています。
実務経験がないまっさらな状態である学生だからこそ仕事に対する先入観が少なく、真綿が水を吸収するようにいろいろなことを吸収していくことができます。教えたことをどんどん吸収していける素直な人材であれば、成長が見込めます。

経験を積むほど素直であることが難しくなるので、企業はまっさらな気持ちで学ぶ姿勢を持っていることを期待しています。自分にはとりたてて自慢できる器用さや武器がないと思っている学生は、まっさらな状態であることが大きな武器になると考えてみましょう。
経験は後から積んでいけばいいので、それよりも教えられたことを素直に実践する姿勢を持つことが大事です。

4. 失敗を糧にする

インターンでは初めて実務を経験するため、戸惑うことやうまくいかないことも多いことでしょう。初めてでうまくいかなくて当たり前ですし、企業も初めから何もかもうまくこなすことは期待していません。

大事なのは、失敗した時にどう自分の経験として活かすかです。
なぜうまくいかなかったのか?失敗した原因はどこにあったのか?を担当の社員の人から教えてもらい、それを自分なりに咀嚼して糧にできる学生はどんどん成長していくことができます。
失敗した時にも素直さが現れるので、失敗した事実をまっすぐ受け止め、どう改善すればうまくいくのかを考えることが大事です。

企業は学生に成長性を見越した期待をしていますが、最初から何もかもうまくやるとは考えていません。もちろん失敗しないにこしたことはありませんが、失敗をどう糧にできるかを企業は見ています。ですので失敗したからといって落ち込むより、失敗を糧にしようという姿勢を持つことを心がけましょう。

5. ビジネスマナーを覚える

インターンでは実務経験だけでなく、ビジネスマナーを覚える場でもあります。
敬語の使い方、挨拶、身だしなみ、電話の応対の仕方など、基本的なビジネスマナーは先輩社員を見て覚えましょう。

ビジネスマナーをきちんと身につけられるかもインターンの肝となり、インターンからの就職にも影響します。
業務がこなせてもビジネスマナーがなっていないと採用が見送られてしまうこともありますので、インターンではビジネスマナーもしっかり学ばなければなりません。

6. 職場でのコミュニケーション

就職すると上司や先輩社員とのコミュニケーションを日常的に行わなければならないので、インターンでのコミュニケーションの取り方も内定に影響します。ビジネスマナーにもつながりますが、目上の人に対する正しい敬語の使い方、挨拶の仕方、気の配り方など、インターンは面接ではアピールできない部分をアピールできる場でもあります。

最初は緊張しますし、普段使い慣れない敬語も多いので失敗してしまうこともあると思います。しかし、先輩から指摘されたことは素直に聞き、次から同じ失敗をしないようにしましょう。

コミュニケーションが苦手という学生は、インターンはコミュニケーション能力を高める機会と捉え、積極的に質問したり、自分から話しかけるよう意識したりするだけで随分変わってきます。また、コミュニケーションは相手の話を聞くことが大事ですので、インターンで聞く力を身につけるようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【募集職種別ランキング】2015年4月に最も人気だったインターン!《前編》
まとめ

【募集職種別ランキング】2015年4月に最も人気だったインターン!《...

海外でインターンシップに参加する前に、まずは日本で社会経験を積んでみる
準備・心構え

海外でインターンシップに参加する前に、まずは日本で社会経験を積ん...

【就活女子必見!】リクルートスーツの着こなし方
服装、髪型

【就活女子必見!】リクルートスーツの着こなし方

インターンとは? 選び方やメリット・デメリットを徹底解説
インターンについて

インターンとは? 選び方やメリット・デメリットを徹底解説

大学生から磨きたい!インターンで身に付く、成功している社会人が持つ5つの能力
インターンについて

大学生から磨きたい!インターンで身に付く、成功している社会人が持...

【起業したい人必見!】本当に起業や新規事業立ち上げができるインターン5社!
まとめ

【起業したい人必見!】本当に起業や新規事業立ち上げができるインタ...