キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

就職活動

2016卒向け、今からでもチャレンジできる内定直結インターンを選ぶべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016卒向け、今からでもチャレンジできる内定直結インターンを選ぶべき理由 2016卒の学生より、就職活動のスケジュールが後ろ倒しになりました。
就活生も企業も手探り状態の中、内定直結インターンを求める就活生が増加傾向にあるようです。
また、インターンはこれまで夏が主流でしたが、就活スケジュール後ろ倒しにより、秋と冬に実施する企業が増えています。

夏が終わってもインターンに参加できるチャンスが増えたことは、後ろ倒しのメリットと捉えることができます。
そこで今回は、内定直結インターンに参加するメリットをまとめました。

内定直結インターンのメリット1:実務経験を身につけることができる

新卒入社の場合、入社してから経験を積んでいきますが、インターンは入社前に実務経験を身につけることができます。
内定直結インターンに参加することで、他の就活生よりも実務経験という点で一歩リードすることができるので、実務経験は大きなメリットになります。

短期インターンよりも長期インターンの方が身につく経験や知識が増えるので、長期インターンは自分自身を成長させるのに大いに役立ちます。
もしインターンに参加した企業で内定がもらえなかったとしても、実務経験は就活の際にアピールできる大きな武器となります。内定が出ない理由は学生本人ではなく、企業の人材の事業戦略によって仕方なく見送られる場合も多いので、気にし過ぎないようにしましょう。

内定直結インターンのメリット2:お互いのことを知ることができる

就活は、お見合い結婚と恋愛結婚の2つにたとえることができます。

お見合い結婚の場合、結婚してから相手のいいところも悪いところも見えてくるものです。
お互いの趣味が合えばいいのですが、合わないと辛いものがありますよね。
就活はだいたい書類選考と面接だけで決まるので、お見合い結婚に似ています。
書類と面接だけで応募者が望んでいる人材かどうか判断しなければならないので、就職してからお互いのことをより深く知っていくことになります。

では恋愛結婚の場合はどうでしょうか?
恋愛結婚は、お互いのいいところも悪いところも知ってから結婚を決めますよね。
もちろんそれぞれいろいろな事情があるとは思いますし、結婚してから知ることも多いですが、相手のことをよく知ってから結婚をするので、お見合い結婚とは違います。

就活にたとえるなら、インターンは恋愛結婚に似ています。
インターンでは実際の業務を体験することができるので、就活生にとっても企業にとっても判断材料が多くなります。
就活生にとっては、インターンを体験することで自分に合っている仕事かどうかを判断できますし、企業にとっては就活生が職場の雰囲気に馴染めるかどうかなどを判断できるので、人材のミスマッチ解消につながります。

就活ではお見合い結婚がほとんどですので、恋愛結婚のようにお互いのことを知ってから判断できるインターンは非常に有益な場となります。
学生には、内定直結インターンという社会人にはないチャンスが設けられていますので、就活で失敗しないために、インターンを積極的に活用しましょう!

内定直結インターンのメリット3:仕事とのミスマッチをなくせる

資格を持っていても、実務で活かせなければ意味がありません。また、実際に働いてみないと自分に合った仕事か判断がしにくいものです。インターンで実務経験をさせてもらうことは、仕事とのミスマッチを減らすことができます。

憧れていた職業でも、実際に業務を経験してみると自分には合っていなかったり、別の業務の方が合っていることがわかったりします。そうした発見ができるのがインターンに参加するメリットのひとつです。

内定が決まって就職してからミスマッチがわかると時間的にも労力的にもロスが発生するので、就職前に自分に合った仕事を見つけるのがベストと言えます。
「この仕事をやってみたいけど自分に合っているのかな」と不安を感じている学生は、インターンを自分と仕事との相性を試す場として活用してみてはいかがでしょうか。

内定直結インターンのメリット4:そのまま就職できる

長期インターンに参加した学生に対し、企業の多くはそのまま就職してくれることを願っています。
もちろん学生と企業との相性が合うことが前提ですが、企業にとっては問題がなければインターンから就職してくれた方が面接の手間も時間も省けますし、何より人材のミスマッチをなくすことができます。

ミスマッチで就職してからすぐに退社されてしまうと、企業にとって時間と経費のロスになってしまいます。
就活生にとっても人材のミスマッチは避けたいものなので、就活生と企業がお互いのことを知ったうえで就職につながる内定直結インターンは、お互いにとって大きなメリットがあります。

冒頭でも述べましたが、就活後ろ倒しによって秋と冬のインターンが増加傾向にあるため、夏のインターンに参加できなかった学生にもまだまだチャンスがあります。
キャリアバイトでは、300近い内定直結インターンを掲載しています。内定を勝ち取るために、そして自分に合った就職先を探すために、内定直結インターンを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

大学生のうちに観ておきたい!大学生活を豊かにするおすすめ映画5選
オススメ

大学生のうちに観ておきたい!大学生活を豊かにするおすすめ映画5選

【Be positive!!】発想の転換で嫌なことを乗り切る方法7選
ライフハック

【Be positive!!】発想の転換で嫌なことを乗り切る方法7選

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におススメの1冊
書籍、本

聞くことこそが営業の仕事!?営業のインターンを始める大学生におス...

大学生が卒業生に贈るプレゼント4選
オススメ

大学生が卒業生に贈るプレゼント4選

【渋谷・原宿】おしゃれなコワーキングスペースまとめ
オススメ

【渋谷・原宿】おしゃれなコワーキングスペースまとめ

寝る前のちょい勉で1年間10,000分の差をつける!
資格、免許

寝る前のちょい勉で1年間10,000分の差をつける!