キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

就職活動

大学生8月の内定率は67.3%、就活解禁時期の後ろ倒しでどう変わった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生8月の内定率は67.3%、就活解禁時期の後ろ倒しでどう変わった? 2016年卒業予定者から就活の時期が後ろ倒しになり、就活への影響が懸念されています。
8月から選考開始され、現在の内定率がどうなっているのかは就活生にとって非常に気になる情報かと思います。

そこで今回は、就活に大きく影響する就活解禁時期の後ろ倒しについての概要と、大学生7月と8月の内定率についてまとめました。
就活のまっただ中にいる就活生、そして来年、再来年に就活をスタートする大学2年、3年に役立つ情報をまとめていますので、就活を成功させるためにぜひご覧いただければと思います。

就活解禁時期の後ろ倒し

2015年度卒業者までは、採用広報活動は大学3年の12月から、選考活動は大学4年の4月からでしたが、2016年卒業予定者からは採用広報活動は大学3年生の3月、選考活動は4年生の8月からへと繰り下げることになりました。
学生の本分である学業に専念する時間を増やす、というのが後ろ倒しの一番の理由です。

2015年より就活解禁時期が後ろ倒しとなり、例年に比べて3ヶ月遅く就活がスタートしましたが、日本経済新聞社の子会社である日経HRの調査によると、就活解禁時期の後ろ倒しに反対という大学生は70.6%、選考開始時期の後ろ倒しに反対という大学生は80.7%いるとのことです。

反対派の学生からは、「内定を得られなかった場合に方向転換の時間が短くなる」「時期が遅くなった分、早く決めなければというプレッシャーを感じる」「部活動も就職活動も不完全燃焼になってしまう」「暑い夏にスーツで就職活動するのは辛い」といった意見が出ています。

賛成派の学生からは、「単位を取得することに集中できる」「企業研究や業界研究の準備ができる」「授業やゼミに欠席することなく就職活動できる」という声があがっています。

2015年7月の内定率は50.6%

株式会社ディスコが行った日経就職ナビ・学生モニターの就職活動状況についての調査によると、2015年7月1日現在の内定率は50.6%とのことです。
先に説明した通り、2015年より選考開始が8月スタートとなっているため、選考解禁1ヶ月前の内定率となります。<
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

正直シェアしてほしい。大学生に本気でオススメしたいTEDのプレゼン5選!
アプリ、サービス

正直シェアしてほしい。大学生に本気でオススメしたいTEDのプレゼン5選!

年間300冊も夢じゃない!!あなたもできる賢い読書術
書籍、本

年間300冊も夢じゃない!!あなたもできる賢い読書術

社会人になる前に身につけよう!!あなたの集中力を向上させる3つの習慣
ライフハック

社会人になる前に身につけよう!!あなたの集中力を向上させる3つの習慣

映画『マイ・インターン』から学ぶインターンで得られること
オススメ

映画『マイ・インターン』から学ぶインターンで得られること

【女子大生必見】無料で誕生日サプライズが出来る!渋谷カフェまとめ
オススメ

【女子大生必見】無料で誕生日サプライズが出来る!渋谷カフェまとめ

モチベーションを維持!やる気を出す脳内物質「ドーパミン」をコントロールする3つの方法
ライフハック

モチベーションを維持!やる気を出す脳内物質「ドーパミン」をコント...