キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

まとめ

広告代理店から大学生はこう見られている!?若者研究メディア4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告代理店から大学生はこう見られている!?若者研究メディア4選 自分を客観的に見るのはなかなか難しいものですよね。
世の中では若者はどのように見られているのか?
自分はどんな若者なのだろうか?
そんな疑問を抱いている大学生に、ぜひ見てもらいたい若者研究メディアを4つご紹介したいと思います。

各メディアでは10〜20代の若者を対象にしたさまざまなデータを公開しているので、客観的に大学生の生活実態や考え方を知ることができます。
調査結果を自分に当てはめてみると、世間や広告代理店から、自分がどう見られているのかがよく分かります。

電通若者研究部

「電通若者研究部(通称:ワカモン)」は、日本最大の売上高を誇る広告代理店・株式会社電通の社員によるプロジェクトチームで、10~20代の若者についての研究を行っています。
高校生・大学生の若い世代の生活実態を研究し、若者と社会がよりよい関係を築くための新ビジネスを実現しているプロジェクトチームです。

「電通若者研究部」は、商品開発・商材提案、若者の生活実態調査、広告・販促コミュニケーション企画、オリジナル調査モニターの構築、セミナー講演、学生団体・大学サークルなどのコーディネイトといった活動を行っています。
若者の生活実態調査では、平成生まれ学生調査、男子美容意識調査、若者のブランド意識、若者のTV意識、ファッションEC利用実態などのテーマで調査を行っており、調査結果は無料で公開されています。

高校生や大学生をターゲットにした若者研究メディアとして活動しているので、今の若者の考えや生活習慣、趣味嗜好といった情報を知ることができます。
「電通若者研究部」が公表しているデータは他の大学生の傾向を知るのに役立ちますし、客観的に自分を見るきっかけにもなります。
「自分もそういう傾向があるなぁ」「そういう考えもあるのか」というように、調査結果をデータとして見ることで新しい発見があるかと思います。

電通という大手の広告代理店のプロジェクトチームだけに、調査内容が非常に充実しています。

http://dii.dentsu.jp/project/wakamon/

Students lab

「Students lab」は、大学生向け広告メディアの運営や、学生向けの無料コピーサービス「タダコピ」を提供する学生向けマーケティング専門会社・オーシャナイズによる学生向けのオウンドメディアです。
オーシャナイズは中央大学、法政大学、慶應義塾大学の学生が在学中に起業したベンチャー企業で、コピー用紙の裏面を広告掲載スペースとすることで無料でコピーができる「タダコピ」は多くの大学生に利用されています。

「Students lab」は大学生をターゲットにしたマーケティングリサーチを行っているメディアで、先に紹介した「電通若者研究部」への大学生データ提供も行っています。
防災意識、ジュエリーの興味度、MT免許の取得率、家族との付き合い方、学部選びと就活の関係などなど、調査テーマは多岐にわたります。
マーケティングに関する記事も充実していて、非常に読み応えがあるメディアです。

現役学生の時に起業を成功させたベンチャー企業であり、コピー用紙の裏面を利用した広告掲載という新しい手法を生み出した広告代理店が運営しているメディアですので、現役大学生の刺激になると思います。

http://lab.oceanize.co.jp/

UNISA

「UNISA(ユニーサー)」もオーシャナイズが運営しているメディアで、大学生を対象に金融の基礎知識や将来のライフプランを配信しています。

まだコンテンツ数は少ないですが、「大学生の貯金事情」や「お金に関する不安」、「お金について相談できる相手はいるか」といった調査結果が公開されています。
平均的な生涯賃金に対する大学生の認識や、老後必要な金額の予測などを大学生に尋ねた調査結果はとても興味深いです。

大学生のお金に関する考え方を知る機会は少ないので、「UNISA」は大学生のお金に対する考え方を客観的に知ることができる、貴重なメディアです。

http://unisa.jp/

kakeru

「kakeru(かける)」はインターネット広告代理店の株式会社オプトが運営する、ソーシャルメディアの可能性を探求するメディアです。
2015年5月にスタートしたばかりの新しいオウンドメディアですが、5月14日から8月22日までの100日間で65万PVを達成しています。
(参考:http://kakeru.me/other/etomiho-ownedmedia/

「kakeru」ではTwitter、Facebook、Instagram、PinterestなどのSNSを中心に、インタビュー・取材記事、ハウツー記事などを公開しています。
若者にとって身近な存在であるソーシャルメディアに特化したメディアで、現在のSNSのトレンドや利用傾向などを知ることができます。

ソーシャルメディアで炎上を回避するには、遮断するよりもうまく付き合う方法を知ることが大事だと思います。
社会人になったら、個人アカウントでも軽率な発言で会社の信用を落としてしまいかねないので、ソーシャルメディアとの付き合い方を学んでおきましょう。

http://kakeru.me/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!
企業、業界、職種分析

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!

もう出だしでつまづかない!好印象を与える自己紹介の3つの方法とコツ
自己紹介

もう出だしでつまづかない!好印象を与える自己紹介の3つの方法とコツ

採用のミスマッチを防ぐために知っておくべき新社会人の退職理由
心構え、行動

採用のミスマッチを防ぐために知っておくべき新社会人の退職理由

【関西の営業インターン!】設立5年以内のIT系スタートアップベンチャー特集!
まとめ

【関西の営業インターン!】設立5年以内のIT系スタートアップベンチャ...

どこで買う?就活前の大学生におすすめのスーツショップまとめ
服装、髪型

どこで買う?就活前の大学生におすすめのスーツショップまとめ

インターン前に意識しよう!ホウレンソウの意味と重要性
準備・心構え

インターン前に意識しよう!ホウレンソウの意味と重要性