キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

インターンについて

長期インターンと短期インターンはどちらが得? それぞれのメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長期インターンと短期インターンはどちらが得? それぞれのメリットを解説 1ヶ月以上の長期インターン、1ヶ月以内の短期インターン、どちらに参加する方が得なのかと迷っている学生は多いかと思います。
 
一社のインターンに長期で参加することで得られるメリットは何か?
短期間で終了する短期インターンのメリットは?
これらのテーマをもとに、長期インターンと短期インターンのどちらが得であるのか、参加する期間によって異なるインターンのメリットについて解説します。

長期インターンのメリット

長期インターンの期間の定義はあいまいですが、1ヶ月以上にわたり行われるインターンは長期インターンに分類されます。
アメリカなど海外では長期インターンが一般的で、日本でも1年や2年の長期でインターンを続けている学生はたくさんいます。
 
長期インターンのメリットは、短期インターンに比べて実際の業務に携わる機会が多いため実務経験・スキルが身につくことです。
自分の時間がとられる分、実務で経験値を積むことができます。
 
例えば長期インターンでアプリ開発やWeb開発に携わったり、マーケティングやデザイン業務を経験すると面接でアピールできる材料が増えます。
サークルでこんな活動をしていましたとアピールするより、「3ヶ月で100万PVを達成したWebサービスの開発に携わりました」とアピールする方が効果的です。
 
長期インターンを通して実務経験や社会人としてのマナーを身につけておくと、即戦力として採用してもらえる可能性が高くなります。
企業にとっては入社後に一から教えるよりも、実務経験がある人材を雇用する方がメリットを感じますので、実務経験を得られることは長期インターンに参加する大きなメリットです。
 

短期インターンのメリット

1ヶ月以内のインターンは短期インターンに分類され、1~2日、1週間、2週間などインターンによって期間はさまざまです。
短期インターンのメリットは複数の職業・職場を体験できること、拘束時間が短いことが挙げられます。
 
体験してみないとその仕事が自分に合っているか分かりませんので、自分に合った仕事を探すなら短期インターンの方が良いでしょう。
短期インターンは夏休みの期間中に行われることが多いので、その間に複数の企業のインターンに参加しておくと就職先選びに役立ちます。
 
自分がやりたい仕事を模索中の方、いろいろな仕事を体験して比較したい方には短期インターンが向いています。
 

結局どっちが得なの?

長期インターンと短期インターンにはそれぞれメリットがあり、やりたい仕事が見つかっているかどうかによっても変わるので、どちらが得かは人それぞれです。
 
最初は短期インターンでいろいろな仕事を経験し、自分がやりたい仕事、自分に合っている仕事が見つかったら長期インターンで本格的に実務経験を積んでいくという選択肢もあります。
 
長期インターンと短期インターン、どちらを選ぶべきか迷ったら、自分自身に将来やりたい仕事があるかどうかを問いかけ、やりたい仕事が決まっているなら長期インターン、模索中なら短期インターンで自分に合った仕事を探すというように、現状を踏まえて選択するのが良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

インターンとは? 選び方やメリット・デメリットを徹底解説
インターンについて

インターンとは? 選び方やメリット・デメリットを徹底解説

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!
企業、業界、職種分析

日本の底力。総合電機メーカー5社を比較!

【募集職種別ランキング】2015年11月に最も人気だったインターン!
まとめ

【募集職種別ランキング】2015年11月に最も人気だったインターン!

【募集職種別ランキング】2015年4月に最も人気だったインターン!《後編》
まとめ

【募集職種別ランキング】2015年4月に最も人気だったインターン!《...

【髪の長さ別に解説】インターンに適した髪型は?(女性編)
服装、髪型

【髪の長さ別に解説】インターンに適した髪型は?(女性編)

一歩進んだ営業経験がつめる! コンサルティング業界のインターンシップ5選
コンサルタント

一歩進んだ営業経験がつめる! コンサルティング業界のインターンシ...