キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

ライフハック

聞くに聞けない、気になる大学生の平均貯金額はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
聞くに聞けない、気になる大学生の平均貯金額はいくら? 大学生の場合、貯金をしたくても、アルバイトなどの収入が主になるため、なかなか貯まりづらいものです。ただし、中には奨学金や実家からの仕送りなどで、貯金額が高い学生もいます。果たして大学生の平均貯金額はいくらなのでしょうか。

30万円以下が大半?

多くの統計や調査では、半数以上の学生が30万円以下と答えています。中には、一切貯蓄をしていない学生もいます。また、30万円以下と答えた学生の多くは、10万円以下のケースもあり、学生の平均貯金額は高くないことがわかります。
ただし大学院生など、学生生活が長く、したがって貯金期間も長い場合は、平均貯金額も高くなる傾向にあります。大学院生の場合、学生の頃よりも学業が忙しくなるため、お金を使う機会も必然的に少なくなるといった理由もあるかもしれません。
 

中には100万円以上の貯蓄がある学生も

学生の平均貯金額は30万円前後ではありますが、中には100万円以上の貯蓄をしている学生もいます。貯金する習慣が全くない学生もいれば、毎月きまった額を貯金する学生もいるため、学生によって貯金額の差は大きくなるようです。
月に3万円貯金していれば、1年で36万円。それを3年続ければ108万円になるため、単純計算して、大学に入学してから毎月かかさず3万円貯金していれば、4年生に上がる頃には100万円以上の貯蓄額になることがわかります。
ただし、学生生活の場合、収入源はアルバイトであるケースがほとんどのため、毎月3万円貯金するということはなかなか難しいことかもしれません。
 

貯金の用途は?

限られた収入源の中で毎月ストイックに貯金をすることは、はっきりとした目的などがないと途中で諦めてしまうかもしれません。ただし、貯蓄をしておくことで「万一の備え」としている学生が多いといった統計もあります。学生のうちから貯金の習慣があるというのは、何かあった時のための危機意識が強いということの表れかもしれません。
また、旅行や一人暮らしの資金として貯金をしている場合もあります。特に学生の場合、卒業旅行の旅費などがあるため、事前に貯金をしているケースもあります。卒業旅行は一箇所だけではなく、様々なコミュニティによって何箇所か行く場合もあるため、大きな出費となる可能性があります。
 
いかがでしたでしょうか。学生時代に貯金をする習慣をつけるというのは、なかなか大変なことかもしれません。しかし、学生時代から貯金の習慣がついていると、社会人になった後でもきちんと貯金をしていくことができるでしょう。少しの額でもいいので、毎月決まった額を貯金しておくことがおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

日本の就職事情がわかる本
書籍、本

日本の就職事情がわかる本

就活生が"働く"について考える上で参考になるテレビ番組5選
就職活動

就活生が"働く"について考える上で参考になるテレビ番組5選

大学生の時に観るべきおすすめの映画10選(邦画編)
オススメ

大学生の時に観るべきおすすめの映画10選(邦画編)

正直シェアしてほしい。大学生に本気でオススメしたいTEDのプレゼン5選!
アプリ、サービス

正直シェアしてほしい。大学生に本気でオススメしたいTEDのプレゼン5選!

知っておきたい!歴史を切り開いてきた起業家の名言【若者への言葉編】
ライフハック

知っておきたい!歴史を切り開いてきた起業家の名言【若者への言葉編】

絶対に購読しておくべきおすすめメールマガジン4選!
アプリ、サービス

絶対に購読しておくべきおすすめメールマガジン4選!